タグ:美術館 ( 135 ) タグの人気記事

下北沢と

e0153367_16585968.jpg

けんちゃんと下北沢へ。
通りがかりの店先の花がとてもかわいくて。
e0153367_16594336.jpg

撮らずにはいられない(笑)。
これもかわいかったな。
e0153367_1701042.jpg

たぶんドウダンツツジ。

下北沢で靴屋さんとか雑貨屋さんとか。
BEAR POND ESPRESSOで珈琲をぐびっと。
下北沢には一人で来た事がないので
どこに何があるのやら(笑)。
ぐるっと自力で廻らないことには
わからんとです。

けんちゃんに薦められて
タンバリンギャラリーにお邪魔しました。
松本康孝さんの個展「赤ずきんと紙々の森 」が開催中にて。
※撮影はOKとのことです。
e0153367_1762888.jpg

紙で立体的に作られています。
e0153367_1771119.jpg

今回が初個展だそうです。
e0153367_1772381.jpg

松本康孝さんのインタビューがこちらに→
マーメイド紙が使いやすいとおっしゃってます。
私も好きだなあ、マーメイド紙
e0153367_1793666.jpg

大阪をテーマにした作品。
e0153367_179521.jpg

tumblrもなさってます→
紙を切って貼って組み立てて。
私も大好きなので(笑)
興味津々で拝見しました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-25 23:10 | おでかけ | Comments(0)
e0153367_211798.jpg

朝から良いお天気です。
穴道湖には漁をする方々がたくさん。
e0153367_2118676.jpg

お宿の朝ごはん、ぴんぼけてしまいました(笑)。
e0153367_21185552.jpg

とてもおいしかったです。
気持ちよく眠れましたし、居心地が良くて
とても良いお宿でした。
また機会があったら、泊まりたいな。

チェックアウトして、松江市街へ。
松江城に到着。
e0153367_21222080.jpg

青空によく映えていますね。
e0153367_21225629.jpg

名残のソメイヨシノ。
e0153367_21231653.jpg

e0153367_21232943.jpg

八重桜は見ごろでした。
e0153367_21235163.jpg

苗木かな?
e0153367_2124463.jpg


続いて、島根県立美術館へ。
e0153367_21254256.jpg

現在「川端康成と東山魁夷」を開催中。
東山魁夷と川端康成の親交は
昭和30年に、川端の本の装丁を東山が手がけたことを
きっかけとして始まりました。
二人の交流に焦点をあてながら、
川端が収集した美術品(東山魁夷の作品をふくむ)
そして東山の美術品コレクションと作品
二人の間で交わされた書簡なども含めて計200点余りを展示。

川端康成のコレクションには、後に国宝となった
池大雅・与謝蕪村「十便十宜図」
(池大雅が「十便帖」、与謝蕪村が「十宜帖」を描き、
合作 した画帖が「十便十宜帖」で、慣用的に「十便十宜図」と呼ばれるもの)や、
川端と交流のあった古賀春江や草間彌生といった前衛傾向の作品も。
けんちゃんが好きな黒田辰秋作の「朱漆六稜棗」もありました。

この美術館は穴道湖の夕景が見られるスポットです
e0153367_21302130.jpg

閉館時間は日が沈む時間によって変わるそうで。
e0153367_21312685.jpg


美術館を出て、車を返却。
松江駅周辺でランチをして
お土産を買うなどしていると
電車の時間に近づきました。
帰りは、両親と共に「やくも」に乗り岡山まで。
e0153367_21333765.jpg

確かによく揺れて、通路はまっすぐ歩けないし
トイレの中とか大変でしたが(笑)
酔うほどではありませんでした。
netで調べて「車両の中央あたりが
揺れがまし」とあったので、その席を取ったのが
良かったのかも知れません。
空いていましたし。
岡山駅からは両親と別ルート。
お疲れさまでした。
帰宅したらゆっくりお過ごしを。
けんちゃん、お土産いろいろ買いましたよ(笑)。
旅はいろんなハプニングがあるもので
楽しいことと共に、みんな思い出になるのもですね。
次の旅行を楽しみに。
けんちゃんと台湾旅行、また行きたいなあ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-17 23:15 | 旅行 | Comments(0)
両親と山陰旅行へ出かけました。
私は飛行機で米子空港~空港連絡バス
e0153367_13413763.jpg

両親は新幹線~特急やくもで。
米子駅で待ち合わせです。
私だけ、米子駅の傍の米子ワシントンホテルプラザ内にある
和食やさんでランチです。
e0153367_13412469.jpg

天ぷらの種類が多くて、からっと揚がっており。
食後には珈琲もついていて、おなかいっぱいです(笑)。
窓の外、雨が降ってるのが見えたものの
すぐに止みました。
米子駅に両親が乗るやくもが3分遅れて到着。
e0153367_13452288.jpg

netで調べたところ、やくもはかなり揺れるので
日ごろ酔わない人も乗り物酔いするほど、とあったのですが
両親は平気だったそうです。
駅の近くで車を借りて
足立美術館へ向かいます。
30分足らずで到着。
入館してすぐのところにお茶室の入口。
e0153367_1351061.jpg

足立美術館の庭園は外に出ることは
できないのですが
とても美しく五万坪(6つの庭園)もあるという広大さです。
四季のいつでもきれいな景色が楽しめるそう。
e0153367_13481766.jpg

実家の庭の掃除を日課としている父は
このきれいさに驚いておりました。
今日は作業の人が入っているそうで
e0153367_13524112.jpg

美しさを保つのは大変ですよね。

ティールームで一休み
父と母のモンブラン。
e0153367_13534863.jpg

海外からのお客さんが多いようです。
団体さんが続々と。
e0153367_13575635.jpg

庭園のあと、美術品展示を拝見。
現在は春季特別展開催中で
竹内栖鳳と橋本関雪の作品が展示されています。

橋本関雪の「唐犬図」は、犬(ボルゾイ?)の
ふかっと手触りの良さがわかるような、毛並みの表現で。
関雪といえば、京都には関雪のアトリエを美術館にした
白沙村荘」があります。
10000㎡の敷地内に居宅、3つの画室、茶室などがあり
国の名勝に指定されている池泉回遊式庭園(7400㎡)もあり。
一度、伺ってみたいと思いつつ。

足立美術館では、他に
小展示室には富岡鉄斎や川合玉堂などの作品が展示され
そして横山大観の作品を展示する「大観室」もあり。
新館には現代日本画名品選を展示。
陶芸館や童画の展示もあります。
全部を拝見しようと思うと、3時間以上かかるのでは?と思います。
ミュージアムショップも見逃せないですね(笑)。

車に乗って、本日のお宿がある玉造温泉へ。
50分くらいで到着しました。
小さな露天風呂つきのお部屋にて。
e0153367_14192853.jpg

夕食は個室にて。
春らしい盛り付けで見た目も楽しく。
e0153367_14334883.jpg

いろいろと、とてもおいしく頂きました。
e0153367_1421862.jpg

問題は今夜の強風。
レトロで居心地が良いと評判のお宿なのですが
古い日本家屋というのは通気性が良いというか
寒いのです(笑)。
「レトロという言葉には気をつけないと」と、けんちゃんがメールで(笑)。
全てが昔ながらな建物で
お部屋の内外に段差があちこちにあって、
高齢の両親にはちょっと危険に思えたり
お部屋が広いのですが、小分けに区切られていて
どこになにがあるのやら(笑)。
窓ガラスや扉がたがたやかましい夜でした(笑)。
でも、両親はぐっすり良く眠れたようですし
お風呂も気持ちよかったです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-15 23:38 | 旅行 | Comments(0)

都美と谷中~その2

e0153367_23264442.jpg

高松和樹さんの作品。
3DCGソフトで立体を彫刻して、ターポリン(ビニール系素材)に
屋外用の顔料をジグレー版画で出力した上から
アクリル絵具で着彩されている、とのこと。
ジグレー版画というのは、インクジェット印刷と技法は同じですが
美術作品のプリントに特化したプリンターを用いるのだそうです。

山田彩加さんのリトグラフの作品。
e0153367_23572542.jpg

こちらはアクリル絵具かな?
背景も繊細できれい。
e0153367_2349338.jpg

ぞくっとするような、でもずっと見ていたくなるような作品でした。

今回の展覧会の感想を、付箋に書くコーナーがありました。
e0153367_23502791.jpg


都美からてくてくと歩きます。
SCAI THE BATHHOUSEに到着。
e0153367_23533528.jpg

名和晃平さんの個展「FORCE」開催中。
インスタレーション作品「Force」では、黒いオイルが天井から流れて来ては
床面に溜まる、というのを繰り返していて。
平面作品「Direction」では、斜めに走る黒と白。
キャンバスを傾けて、顔料を垂らして制作されたという作品。
Directionはシリーズで制作されてるそうで。
Directionなどのシリーズについて、インタビュー記事はこちら→

あちこち寄り道しながら、歩きます。
e0153367_0242460.jpg

e0153367_0243894.jpg

これより手前は、いいのかと(笑)。

ツバメハウス、クラシコ古道具Neglaslow
順番は憶えてないですが(笑)
けんちゃんにルート調べてもらって、次々と。
そして、おなじみのいせ辰
e0153367_0251786.jpg

ビスケットにはヨーロッパの古くてかわいいもの。
e0153367_028825.jpg

桐箱の箱義桐箱店
日乃本帆布も覗いてみました。丸底トートバッグ、気になりました(笑)。
谷中で猫には会えなかったけど、
美術館、雑貨屋さん、いろいろ巡って楽しい一日でした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-03-14 23:48 | art | Comments(0)

都美と谷中~その1

都美セレクション 新鋭美術家 2015」を見に
けんちゃんと上野へ行きました。
上野といえば、この犬さん。
e0153367_0264157.jpg

ある有名な方の愛犬、といえば、、。
上野の西郷さんですね(笑)。
e0153367_02712100.jpg

実は初めて見ました。

東京都美術館に到着。
e0153367_0284969.jpg

e0153367_0291823.jpg

2014年5月に都美で開催された「公募団体ベストセレクション
美術 2014
」展より、審査を経て選抜された方々の作品展です。
この展覧会は撮影がOKとのこと。
けんちゃんが一番見たかったのは、瀬島匠さんの作品。
e0153367_0301331.jpg

e0153367_03388.jpg

e0153367_0372891.jpg

1989年から制作を続けておられる「RUNNER」シリーズ。
ずしりと重みを感じます。
荒れた海の波の音が聞こえそう。

こちらは日本画で髙島圭史さんの「旅にでた庭師」
e0153367_0384759.jpg

一部拡大。
e0153367_039391.jpg

印象的な緑色。
e0153367_0402833.jpg

猫は今回の展示三作のうち、二作に登場。
e0153367_0412337.jpg

[PR]
by tote-note | 2015-03-14 23:23 | art | Comments(2)
e0153367_1352867.jpg

e0153367_13522320.jpg

e0153367_13523936.jpg

こどもたちの表情がいいですね。

e0153367_13551244.jpg

食べ物も、撮らずにはいられないのが台湾かな(笑)。
e0153367_1356439.jpg

長いなあ、このスイカ。
e0153367_1357031.jpg


この木組みの中央に張られた板に穴が開いていて
そこから顔を出して作品を見るようになっていました。
e0153367_13564334.jpg

布にプリント、
e0153367_13581351.jpg

いろんな色の光をあてて。
e0153367_13584317.jpg


ミュージアムショップには金氏徹平さん作の
「明星がちゃがちゃ」がありましたが
キーホルダーやバッジはもう無くなってました。
e0153367_1435229.jpg

e0153367_144991.jpg

とても楽しい写真展でした。
ナナロク社刊の写真集「明星」大事に持って帰ります。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-03-12 23:58 | art | Comments(2)
川島小鳥さんの個展「明星」を見に行きました。
会場はPARCO MUSEUM→
※今回は、撮影OKとのことです(フラッシュはNG、他のお客さんにご配慮を)。
e0153367_13425055.jpg

「明星」というタイトルで、川島小鳥さんが撮影した写真に、
箕浦建太郎さんがイラストを描いた本が以前出されていますが→
それとは別の写真集「明星」(ナナロク社刊)に収められている作品を中心に、
200点ほどの写真を大きなプリントで展示。
e0153367_13434384.jpg

e0153367_13435575.jpg

e0153367_1344778.jpg

2011年の6月からの3年間で30回、台湾に通って撮影されたそうです。
e0153367_13443275.jpg

e0153367_13444370.jpg

そうそう、私はずっと「小島小鳥」さんだと思い込んでいました(笑)。
e0153367_1345917.jpg


写真集「明星」と出版社ナナロク社について→
「写真集の初版で8000部」というのは大変らしいです。
B5縦横重ね合わせという変わった判型。
買わずにはいられませんでした(笑)。
発売当時、「TOBICHI」でこんなイベントが開かれてたそうです→
行きたかったな。気がつくの遅すぎ(笑)。

e0153367_13535213.jpg

台湾の風景だなあ。行きたくなります(笑)。
台湾の人たちについて川島さんは
『優しくて、親切で、ちょっと適当』とおっしゃってます。
e0153367_13583743.jpg

何気ないけど、気持ちが明るくなるような写真。
展示の仕方もリズミカルで、写真展だぞ~と、構えてなくて(笑)。
楽しいです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-03-12 23:53 | art | Comments(0)
本館と新館(ギャラリー1)では
企画展1 「内藤礼 信の感情」を。

あるお部屋の隅っこに、内藤礼さんの作品「ひと」。
e0153367_12254656.jpg

鏡を覗いています。
鏡の中の世界と行き来している?
e0153367_12261646.jpg

依り代であるかのよう。

バスルームのタイル。
e0153367_12293511.jpg

あるお部屋にあった時計。
e0153367_12301910.jpg

ステンドグラスのライト。
e0153367_12415612.jpg


こちらにも「ひと」がいますよ。
e0153367_12305437.jpg

「ひと」(木にアクリル絵の具)は連作で 
本館内のいろんなお部屋のどこかに、ひそやかに展示されています。
小さな作品で、キャプションなどはないので
存在に気がつかない方も多いようですね。
見つけると嬉しくなります。
「ここに居たのね」と声を掛けてしまうような。

別なお部屋でも、鏡を見る「ひと」を見つけました。
e0153367_1231332.jpg


新館へ移動します(画像の左側の建物)。
e0153367_12323345.jpg

新館では、内藤礼さんの「color beginning」を展示。
真新しい真っ白の壁面に、キャンバスに描かれた作品が並んでいます。
白い画面の中にごく淡い色が見える。
ほんのすこし何かが違う10枚の作品。
見える色は、淡い黄色やオレンジ、ピンク、青?
ほんのりと、暖かさを感じるような。
新館にも一人、「ひと」が展示されています。
足元にご注意ください。

再び、本館へ。
これまで非公開で あった1階「旧事務室」が
「ウェルカムルーム」として開放されています。
e0153367_12361124.jpg

e0153367_12362389.jpg

e0153367_12422657.jpg

ワークショップなどが行われるそうです。

内藤礼さんの作品には「ひと」以外に
「帽子」という作品がありました。
本館の中ではなく、中庭にあるので
お気をつけて(いくつかの部屋の窓から見えます)。
この「帽子」は「ひと」の内の一作品と対になっています。
私が大好きな作品です。いとおしい。

これから観に行かれるみなさんのために
「ひと」の画像は少しだけにしておきます。
全部で何人の「ひと」が展示されているのかも。
会期は12月25日(木)までです。
クリスマスに、庭園美術館という場所で
内藤礼さんの作品を拝見するというのは
とても素敵なことかと。
あの美術館で「ひと」を見つけてください。

※庭園は、整備工事が継続中のため、来春以降順次公開の予定とのことです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2014-12-18 23:23 | art | Comments(2)
東京都庭園美術館が先月リニューアルオープンしました。
3年もの間、閉まっていたんですね。
リニューアルして最初の展覧会が
内藤礼さんの作品展です。
心待ちにしておりました。
e0153367_112212.jpg

良いお天気で紅葉もきれい。
e0153367_115123.jpg

建物が見えて来ました。
e0153367_12522113.jpg

建物の外壁が美しいですね。
この建物が本館で、その隣に新しく
新館が開設されました。
狛犬さんお久しぶりです。
e0153367_12475848.jpg

本館では、建物公開展「アーキテクツ/1933/Shirokane」を開催中。
東京都庭園美術館の建物と
リニューアル工事についての展示されています。
本館及び新館内ギャラリーで企画展 「内藤礼 信の感情」を
(新館で、香水塔の修復や外壁塗装などの映像が公開されています)。

庭園美術館といえば、この「香水塔」。磁器製です。
ひびが入っていたのを修復。
e0153367_181693.jpg

屋内用の噴水器なのですが、朝香宮邸だった時代に
来客をお迎えする際、頭頂部に香水を垂らして
香りを漂わせた事から、「香水塔」と呼ばれているのだそうです。

各部屋の照明もきれいに明るく。
e0153367_161261.jpg

e0153367_163351.jpg

e0153367_1314564.jpg

この大きなシャンデリアは分解してクリーニングされました。
e0153367_155356.jpg

門扉やラジエーターのカバー、ドアの金具
壁紙やカーテンも竣工された当時の姿に。
e0153367_17127.jpg

e0153367_171611.jpg

e0153367_129475.jpg


大変な労力と手間と日数がかかっています。
取り外したり、運んだり、組み立てたり。
関わった皆さんが、とても気を使われたことと思います。
作業に使われたこて等も展示されています。
e0153367_12463926.jpg

e0153367_12461425.jpg


※今回、本館においては平日に限り写真撮影が可能でした。
ただし、場合によっては不可になるそうなので
当日、美術館にてご確認ください。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2014-12-18 23:03 | art | Comments(0)

いつの間に

e0153367_15432813.jpg

11月、12月って毎年日がたつのが早いなあと。
夏の暑さからやっと秋になったと思ったら
冬来た~となって、来年のカレンダーとか手帳とか
買わなくちゃという気持ちになる。

今年中に出かけたい美術展について、メモしときます。

内藤礼 信の感情
庭園美術館
開催中~12月25日まで
今年11月にリニューアルオープンした庭園美術館で
内藤礼さんですよ、行かないわけにはいきません。
けんちゃんは、早々に観に行きました。
私も早く行ってこなくては。

タイルが伝える物語-図像の謎解き
LIXILギャラリー
開催中~2015年2月21日

学問の神様に会いに行こう。 天神万華鏡
松涛美術館
開催中~2015年2月25日まで
松涛美術館は渋い展示なさいますね(笑)。
以前より、天神(菅原道真)さんには興味があって
ずっと前に出版された「別冊太陽」の天神さん特集を
大事に持っています。
ミュージアムショップで天神さんのマスキングテープ
販売されるのだとか?
これは行かねば(笑)。

アヴェス・ヤポニカエ――日本の鳥
JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」
開催中~12月28日まで

ウフッツイ美術館展(東京都美術館)は12月14日まで、
日本国宝展は気がつくと終わってました。
そのうち行こうと思ってるうちに終わるのですよ(笑)。
気をつけなくては。

東博、来年早々は「博物館に初もうで
(2015年1月2日~1月12日)。
その中から、12件の作品の「羊」の人気投票やってるそうで→
「羊と遊ぶ唐美人と唐子」、これはヤギっぽいんですが?
けれど、毛を刈られた羊という可能性も(笑)?
どっちもヤギ属で、ややこしい。
性格的には羊は従順で、ヤギは頑固なんだとか。
新年恒例となる「博物館で初もうで」は今年で12年目で
「申」から始まった本企画、「未」でひと回りなのだそうです。

都美は来年の「大英博物館展」に行きたいな。
大英博物館の700万点を超える収蔵品から
選び出した100点を展示とのこと。
ルイス島のチェス駒見たいし。
4月18日からだそうです。
ちと気が早いですね(笑)。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2014-12-12 23:42 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30