<   2016年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

e0153367_00365393.jpg
今日はとても良いお天気。
月島界隈に用事を済ませたあと
銀座へ出かけることにしました。


e0153367_00382958.jpg
お目当ては、POLA MUSEUM ANNEXで開催中の
「GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO」です。

ヒグチユウコさんの新作絵本「ギュスターヴくん」(白泉社)の原画とともに、
ぬいぐるみ作家の今井昌代さんと共同で制作された作品が展示されています。
※会場内は撮影がNGです。


入口のショーウインドウは撮影がOKでした。
e0153367_00452384.jpg
顔は猫、足はタコ、手が蛇というギュスターヴくんと
ワニくんの物語。


e0153367_00463287.jpg

e0153367_00455254.jpg


アンケートの画面にギュスターヴくんとワニくん。
e0153367_00471522.jpg

ペンで緻密に描かれた表情豊かな動物たち。
愛らしく、ちょっとダークで
ファンタスティックなヒグチユウコさんの世界。
今井昌代さんの作品にも魅了されて
この世界から、なかなか外に出られなかったです。

絵本「ギュスターヴくん」に手帳がセットされた限定版のを買いました。
大事に持って帰ります。



ヒグチユウコさんのオフィシャルサイトはこちら→

★GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO
2016年10月7日(金)~11月20日(日)
POLA MUSEUM ANNEX →



人気ブログランキングへ



[PR]
by tote-note | 2016-10-26 23:35 | おでかけ
今日は、Hondaウエルカムプラザ青山で開かれているイベント
「カフェカブミーティング in 青山」へ。今年で20回めになるそうです。
全国から集まったカブがずらり。

e0153367_17260055.jpg


e0153367_17263479.jpg


e0153367_17265760.jpg




e0153367_17272464.jpg

個性あふれるカブが集結。
カブへの愛情を感じます。


e0153367_17294472.jpg


e0153367_17290477.jpg

なぜかマグロが(笑)。


e0153367_17302194.jpg

コンテストで優勝されたのはこのリトルカブ(画像 左)。


e0153367_17322165.jpg


e0153367_17324402.jpg

優勝されたカブのオーナーさんは、「あなたにとってカブとは?」という質問に
「絶対に、乗っていて楽しいバイクです」と答えられたそうです。
コンテストの結果発表後には、じゃんけん大会が開かれ
大盛況でイベントは終了。

わいわいとにぎやかに、挨拶など交わされて
カブのみなさんが、次々と会場を後にされて行くのを
見ていると、ちょっと寂しくなりました。
でもまた来年も、このイベントは楽しく開催されますよね。

★カフェカブミーティング in 青山
2016年10月22日~23日
Honda ウエルカムプラザ青山→




[PR]
by tote-note | 2016-10-23 23:21 | おでかけ
10月21日にオープンした「complex665」へ。
小山登美夫ギャラリー(2F)、シュウゴアーツ(2F)、タカ・イシイギャラリー(3F)の
三つのギャラリーが入っています。

小山登美夫ギャラリーのオープニング展は、蜷川実花さんの個展「Light of」。

e0153367_16124800.jpg


e0153367_16133858.jpg


シュウゴアーツでは小林正人さんの新作展「Thrice Upon A Time」を開催。

e0153367_16154237.jpg



小林正人さんの作品のほかに、いろんな方の作品が。
こちらは藤本由紀夫さんの作品「Printed Eye」

e0153367_16181801.jpg



e0153367_16190316.jpg


須田悦弘さんの作品も展示されていました。

タカ・イシイギャラリーでは、20名の作品を展示するグループ展
「Inaugural Exhibition: MOVED」が開催されていました。
三つのギャラリー、扱われている作家さん方が
それぞれとても個性的で面白かったです。

e0153367_16292276.jpg


帰り道、六本木ヒルズのメトロハット天井に
チェ・ジョンファさんの作品「フラワー・シャンデリア」が。
この巨大な花はバルーンなのだそう。

今日はギャラリーと美術館とアートイベントと
あちこちで面白いもの、美しいものをたくさん見ました。
ちょっと辛めの晩ごはんとともに、刺激もいっぱいでした(笑)。





[PR]
by tote-note | 2016-10-22 23:53 | おでかけ
e0153367_10411440.jpg

国立新美術館で開催されている「ここから-アート・デザイン・障害を考える3日間-」へ。
障害者とアート、デザインの未来をめぐる展覧会です。
会場は、「ここからはじめるArt」「ここからつながるDesign」
「ここからひろがるLife」の3つのパートに分かれていました。


e0153367_10474281.jpg


e0153367_10472951.jpg

最先端のスポーツ用の義足は高性能でとても美しいデザイン。
東京でのオリンピックでは、更に進歩しているのでしょうね。

会場には車いすに試乗できるスペースもありました。
障害のあるみなさんのため、様々なプロダクトが開発され、デザインされています。
さらに進化したものを、使い勝手の良いものを、そして美しいものを。

★ここから -アート・デザイン・障害を考える3日間-
2016年10月21日(金)~10月23日(日)
国立新美術館 企画室展示室2E→


e0153367_11032649.jpg

次に、サントリー美術館で開催中の「鈴木其一展 江戸琳派の旗手」へ。
鈴木其一は酒井抱一の一番弟子。
この「朝顔図屏風」で知られていますね。
美しい色彩、強烈なほど。
優れた描写力、大胆な構成力。
華麗なのですが、どこかに毒を含んでいるように思います。

江戸琳派の旗手と呼ばれていますね。
琳派については、美術史家の山下裕二さんが「琳派は、狩野派のように血縁や師弟関係ではなく、
まあ、いってみれば『勝手にマイブーム』になった人が継承してきたものなんです」と、
おっしゃっています。

大変な人気で会場は混雑していましたが
なるべくスムーズにみられるように、要領よく会場内を移動(笑)。
作品を楽しむことができました。

★鈴木其一 江戸琳派の旗手
2016年9月10日(土)~10月30日(日)
サントリー美術館→

e0153367_14171595.jpg

六本木ヒルズや森美術館などでは「六本木アートナイト2016」を
開催中(10月21日~23日)で。
名和晃平さん、西畠清順さん、デイジーバルーン(バルーンで作品を制作されているユニット)が
各所でインスタレーションを公開されていました。


いろいろと見ているうちに、夕食時となりまして。
けんちゃんが見つけておいてくれたお店「蒼龍唐玉堂」へ。

e0153367_14283091.jpg


e0153367_14261437.jpg


担々麺が評判のお店です。
けんちゃんは一番辛い「無頼漢坦々麺」を。

e0153367_14325166.jpg


全面に唐辛子(笑)。
でも、けんちゃんは「それほど辛くないよ(笑)」と。

e0153367_14340989.jpg


私は白ごま担々麵を。辛さは控えめ?
コクがあって、おいしかったです。
ごちそうさまでした。
餃子とか炒飯とかも、おいしそうでした(笑)。





[PR]
by tote-note | 2016-10-22 23:45 | おでかけ
10月20日に始まった「青参道アートフェア 」。
このイベントの特徴は、いろいろなお店がアートの展示会場になっていることで。
H.P.DECOでは「ナタリー・レテのアート展」が開催されていました。

e0153367_00014013.jpg


e0153367_00035671.jpg


e0153367_00042523.jpg


e0153367_00050439.jpg

ナタリー・レテ(Nathalie Lété)さんは、1964年パリ生まれ。
イラスト、絵画、テキスタイル、リトグラフ、セラミック、雑貨デザインなど
さまざまな制作活動をされています。


e0153367_00123262.jpg

雑貨のコレクターでもあるそうです。
ここで作品と共に並んでいた雑貨は、ナタリーさんの私物だと思われます。


e0153367_00141836.jpg

ナタリーさんのアトリエの雰囲気が再現されていました。


e0153367_00182730.jpg

作品制作のための資料でしょうか?
コラージュのファイルも拝見することができました。


e0153367_00152782.jpg


e0153367_00155209.jpg

今回展示された作品は約100点。
これだけたくさんの作品を拝見できて
とてもうれしく、ぐるぐると店内を何度もまわりました(笑)。


e0153367_00201282.jpg

セラミックの作品も展示されていました。
ナタリーさんの作品はカラフルで可愛らしく、ノスタルジックで。
ちょっと毒があって、癖になる気がします。
たっぷりと楽しませて頂きました。

H.P.DECOの店内には個性的な雑貨がたくさん。
二階にある「水金地火木土天冥海」のアクセサリーは、すごく魅力的です。
外に出て、青参道をちょっと歩いてみると、いろいろ楽しく。
「青参道アートフェア」は今年で10回目で
テーマは「私の好奇心に火がつくような」とのこと。


e0153367_00231053.jpg


e0153367_00235033.jpg


お店を巡って作品とお買い物とお散歩が楽しめる、とても素敵なイベントでした。

★青参道アートフェア
2016年10月20日(木)~10月23日(日)
青参道一帯の店舗他、青山、表参道、原宿など約40店舗
詳しくはこちらで→





[PR]
by tote-note | 2016-10-22 23:03 | おでかけ
e0153367_14573161.jpg
資生堂のショーウインドウ。
ルージュで作られた大きなバラ。
この質感、不気味かも(笑)。


e0153367_14583455.jpg
色違いもありました。


e0153367_14590677.jpg
ANTEPRIMAで。
この大きなパンダにもちゃんと持ち手がついています。
持ちあがるんだろうか(笑)?



椿ギャラリーで開催中の小浦昇さんの個展へ。
今回は銅版画の小さな作品が多く展示されています。
e0153367_15024321.jpg

e0153367_15055419.jpg

e0153367_15060928.jpg
とても細かく描かれています。
あたたかく少し寂し気な、懐かしい風景。

e0153367_15073130.jpg
猫たちが、何か話をしているようです。

e0153367_15082314.jpg
今回展示された作品のリスト→
★小浦昇展
ギャラリー椿→



最後にNUKAGA GALLERYへ。
「Demythifying Japanese Women Artists ー女たちは神話をほどくー」開催中。
桂ゆきさん、草間彌生さんなどの作品が展示されています。
その中から、田中敦子さんの作品をご紹介。
e0153367_15173460.jpg

e0153367_15180911.jpg

e0153367_15182648.jpg

田中敦子(1932-2005)さんは大阪出身の画家。
1956年に電球と管球を組み合わせて制作した「電気服」を発表。
翌年には実際に着用してパフォーマンスをして話題を集めました。
平面作品も、カラフルで円や曲線が絡み合うような作風で。
こちらでの展示作品も、強いインパクトがありました。


★Demythifying Japanese Women Artists
ー女たちは神話をほどくー 桂ゆき 草間彌生 田中敦子 名坂有子
2016/10/12~11/2
NUKAGA GALLERY→









[PR]
by tote-note | 2016-10-15 23:55 | おでかけ
e0153367_14095394.jpg
足をのばして銀座に到着。
クリエイションギャラリーG8で開催中の
nendoの展覧会『UN-PRINTED MATERIAL_BY NENDO』へ。

e0153367_14140668.jpg
佐藤オオキさんが代表を務める、デザインオフィスnendo。
作品はニューヨーク近代美術館や、ポンピドゥー・センターに収蔵されているそうです。
この展覧会では紙を使わずに「紙」を表現した新作を発表。

e0153367_14143957.jpg
展示されているのは紙の輪郭線のみで、中は空洞。
不思議な感覚に陥ります。

e0153367_14154563.jpg


e0153367_14190587.jpg


e0153367_14200375.jpg


e0153367_14212136.jpg
カードやブックレットも輪郭線のみで。


e0153367_14222883.jpg



e0153367_14391008.jpg
キャンデイの包み、折り鶴など。
映像作品もありました。

e0153367_14243164.jpg
展示のための空間もスタイリッシュ、
白い立方体の展示台は現実感がないように思えます。
柔軟な思考、発想は無限、なんだなあ。


★『UN-PRINTED MATERIAL_BY NENDO』
2016/10/12(水)~11/17(木)
クリエイションギャラリーG8→







[PR]
by tote-note | 2016-10-15 23:35 | おでかけ
e0153367_13242597.jpg
タンバリンギャラリーで開催中の
イケダユーコさんの個展「flow」へ。

e0153367_13235480.jpg
イケダユーコさんは1980年広島生まれ。大阪在住。
2004年から関西を中心に、個展を通して作家活動を開始。
雑誌、書籍のイラストレーションの仕事などをされているそうです。

e0153367_13230533.jpg

e0153367_13233310.jpg
涼やかだったり軽やかだったり。
明るい色彩で、心地の良さを感じる作品。

e0153367_13245415.jpg
★イケダユーコ「flow」
2016/10/11(火)〜10/16(日)
タンバリンギャラリー→




e0153367_13252713.jpg
続いて、スペースユイで開催中の
卯月俊光さんの個展
「2016 ーextendible worldー」へ。

e0153367_13261350.jpg
卯月俊光さんは1962年生まれ。
水彩紙に型紙、染料、箔などを使用する独自の技法で、制作されています。
今年9月には絵本「おひさま ずんずん」を刊行。

e0153367_13283097.jpg
抽象的なのですが、可愛らしく。
着物や帯、和装小物になると素敵だろうなと思いました。


★卯月俊光「2016 ーextendible worldー」
2016/10/10(月)~10/19(水)
SPACE YUI→


[PR]
by tote-note | 2016-10-15 23:20 | おでかけ
e0153367_18113790.jpg
お宿の朝ごはん。
少しずつ、いろんなお料理があるのがうれしいですね。
お釜で炊いたごはんが最高です。

e0153367_18125829.jpg
牛乳のプリン。
朝ごはんにデザートとは贅沢な(笑)。
とてもおいしい朝食でした。

e0153367_18140750.jpg
e0153367_18142079.jpg
朝食の後、お宿の中を探検(笑)。
置かれているものや、飾りひとつひとつに
センスの良さとおもてなしの心が感じられました。


お宿をチェックアウトして
桜山八幡宮へ。

e0153367_18164679.jpg

e0153367_18172657.jpg

e0153367_18180943.jpg
桜山八幡宮の主祭神は八幡大神(応神天皇)さん。
相殿に熱田大神(日本武尊命)さんと香椎大神(仲哀天皇・神功皇后)さんが
祀られています。
秋の例祭は、高山祭として知られています。
※春の例祭は日枝神社

e0153367_18374710.jpg
参拝のあと、境内にある高山祭屋台会館へ。

e0153367_18243178.jpg
こちらでは、秋の高山祭に曳出される実物の屋台(国指定重要有形文化財)が展示されています。
年三回入れ替えがあるのだとか。

e0153367_18275233.jpg


e0153367_18280854.jpg


e0153367_18283896.jpg
実際の高山祭を見に来ることは
なかなか難しいので、こちらで屋台が拝見できて良かったです。
豪華絢爛。

屋台館付設 桜山日光館にも立ちよりました。
e0153367_18314908.jpg
この日光東照宮模型(10分の1スケール)は、大正時代に三十三人の技術者により
十五年間の歳月をかけて製作されたそうです。
忠実に再現されいて、その部品の数は五十万個に及ぶのだとか。

e0153367_18344468.jpg
お人形も展示されていました。

e0153367_18361287.jpg
参道にあるお店(作家物の器などを扱われてました)兼カフェでひとやすみ。
車を返して、高山駅周辺でちょっとお買い物。

e0153367_18390983.jpg
今日も晴れて良かったです。

e0153367_18393334.jpg
駅弁が今一つ苦手な父。
高山駅近くで見つけたお弁当やさんで、できたてのお弁当を買いました。
母がおにぎり屋さんで、これもできたての五平餅を購入。
無事に帰りの特急「ワイドビューひだ」に乗り込みました。
名古屋駅からは、両親と私が別々の新幹線に乗り、帰宅。

おかげさまで、楽しい旅行ができました。
けんちゃん、おみやげ喜んでくれるかな(笑)?




[PR]
by tote-note | 2016-10-14 23:10 | 旅行
e0153367_16470184.jpg
ロウソクの灯りで照らされた食卓。
ひとつひとつ、手の込んだお料理が並んでいいます。

e0153367_16484062.jpg
あったかくてとても上品なお味の蒸し物

e0153367_16492588.jpg
新鮮なお造り

e0153367_16495515.jpg
花籠に花と一緒に刺されて持ってこられた
鮎の塩焼き。
両親の好物です。

e0153367_16505102.jpg
飛騨牛のしゃぶしゃぶ。
三人分を父と私とで
たっぷりと。

e0153367_16515290.jpg
からっと揚がった揚げ物いろいろと
さっぱりとした和え物と。

e0153367_16531752.jpg
ごはんとお漬物と汁物。
もうおなかはいっぱいいっぱい(笑)。

e0153367_16540435.jpg
旬の果物を最後に。
どのお料理もとてもおいしく
器にもこだわりが感じられ
運ばれてくるタイミングもちょうどよくて
いろいろと感動しながら頂きました。

e0153367_16560624.jpg
部屋に戻ると、お布団を敷いて下さっており。
このようなメモと一口サイズのおにぎりと梅干が
テーブルに置かれていました。
細やかな心配りが嬉しいです。

e0153367_16580260.jpg
お宿の待合のお部屋。
照明や家具、天井などに歴史を感じます。

e0153367_16592961.jpg
今回買ったおみやげの中から。
朝市で買った刻みきゅうり漬けと
おみやげ店で買った刻み赤かぶ漬け。
どちらもとてもおいしそう。

e0153367_17012551.jpg
果樹園で買って両親宅と私の自宅とへ
送る手配をした飛騨りんご。
きれいな色で、かわいいなあ。

旅の二日目、終了。
青空で気温もちょうどよくて。
お宿はとても過ごしやすく。
おいしいものをたくさん頂いて満足(笑)。





[PR]
by tote-note | 2016-10-13 23:57 | 旅行

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31