<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0153367_15161223.jpg

6月も今日で終わりですね。
まだまだ梅雨ですが、7月のカレンダーを見ると
もう夏だなって思ってしまいます(笑)。
主に7月8月に開催される、
気になる展覧会とイベントをメモしときます。

*PHILIPPE WEISBECKER EN NOIR ET BLANC ET EN COULEUR 黒、白、色
開催中~2016年7月18日
CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店(CLASKA 2階)→ 
CLASKA Gallery & Shop "DO" 丸の内店(KITTE 4F)限定アイテムの赤いポスト
(ワイズベッカーさんのイラスト)のグッズが素敵です。→

*布博
○7月「スカートに恋をする週末」
2016年7月29日~31日
テキスタイルデザイナー、ファッションデザイナーなどが集まるそうです。
○8月「織りと刺繍と手芸の週末」
2016年8月5日~7日
織物作家、刺繍作家、ボタン他材料のお店が集まるそうです。
町田パリオ3F・4F→
※7月、8月、同じ会場です。どちらの週も、ワークショップ、ライブ、ブローチ博開催。

*ハンドメイドインジャパンフェス 2016
2016年7月23日~24日
東京ビッグサイト 東1・2・3ホール→
参加予定のクリエーターは5000名以上。

*西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展
開催中~2016年7月31日
Bunkamuraザ・ミュージアム→
西洋更紗トワル・ド・ジュイの世界を日本で初めて包括的にご紹介。

*メアリー・カサット展
開催中~2016年9月11日
横浜美術館→
19世紀後半のパリで活躍したアメリカ出身の画家、メアリー・カサットの回顧展。
カサットの油彩画やパステル画、版画と、
エドガー・ドガ、ベルト・モリゾなどカサットと交流のあった画家たちの作品や
日本の浮世絵なども併せて展示。

*こどもとファッション 小さい人たちへのまなざし
2016年7月26日~8月31日(水)
東京都庭園美術館→
18世紀から20世紀初頭にかけての西洋のこども服と、
明治以降の日本の洋装のこども服、
写真、絵本、ファッションプレートなど含めて、全150点ほどを展示。

*teamLab: Transcending Bounderies
2016年8月9日~9月25日
GYRE→
「Flowers on People」「境界のない群蝶」「The Void」の3作品を展示。

*石本藤雄小作品展
2016年7月8日~28日
MINA-TO(スパイラル1F)→
フィンランドの陶器メーカー「アラビア」のアート・デパートメントで
制作をされている石本藤雄さんの、花をモチーフとした小品を中心に展示販売。

*MIZUMARU ANZAI SUMMER EXHIBITION 2016
2016年7月7日~23日
スペースユイ→
安西水丸さんのシルクスクリーン作品などの展示。

*茂苅恵個展「オオカミさんは来ませんでした」
2016年7月1日~6日
OPA gallery/shop→
イラストレーター志苅恵さんの個展。

*嶺貴子「棒棒花園原宿店」
2016年7月1日~10日
Lamp harajuku→
嶺貴子さんによるシノワズリをテーマにした期間限定の花屋さん。
台灣雑貨や中国アンティーク食器の販売も。



人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-30 00:14 | art | Comments(0)

谷根千、お散歩

けんちゃんと谷根千へ出かけました。
根津駅で降りて、ちょっと歩いたところで
ホピ族公認の「Sun&Rain」というお店を見つけました。
お店の壁にはホピ族の精霊「カチーナ」の人形がいっぱい。
e0153367_15202694.jpg

ホピ族では、すべてのものにカチーナが宿るとされていて
そのカチーナは300種以上もあるそうです。

Eagle katsina
e0153367_15223897.jpg

Wuyak-kuita
e0153367_1523975.jpg

Sootukwnangw
e0153367_15233013.jpg

カチーナ人形はセレモニーの際に子供たちに配られるそうです。

Niman katsina
小さなカチーナ人形を持っていますね。
e0153367_15433980.jpg


立像もあります。
Me-yak-so-la
e0153367_15241242.jpg

OGRE
e0153367_15242580.jpg

このお店では、ホピ族が作ったアクセサリーや陶器
雑貨なども取り扱われていました。

歩いていて見つけた「カフェピッコロ」(千駄木駅から徒歩6分だそうで)で一休み。
おいしいアイスコーヒーとマラサダ(「マサラダ」だと思い込んでました。笑)を。
e0153367_16114359.jpg


SCAI THE BATHHOUSEに到着。
e0153367_1613230.jpg

神谷徹さんの個展「Modest Engagement」を開催中。
e0153367_1615944.jpg

美しいグラデーション。
色そのもの、シンプルな世界、しかし奥深く。
作品を見る方々は、自由に思いを巡らせることができるようです。

★神谷徹「Modest Engagement」
2016年5月20日~6月25日
SCAI THE BATHHOUSE→

猫を見つけたり、お店番(?)の犬を撫でたり、と、寄り道の後、
谷中の商店街の「the ETHNORTH GALLERY」へ。
e0153367_16222778.jpg

中国の少数民族の衣装、けんちゃんが見たかったものが
こちらにありました。
お店の方と、お話が弾んで楽しいひと時でした。

それから「松野屋」へ。
e0153367_16281186.jpg

荒物、かご、帆布のバッグ、陶器などなど。
日本全国のものと海外のもの。多国籍な雰囲気です。
お店の前のスペースでは、ベーゴマ大会(?)が。

e0153367_16342162.jpg

谷根千のあちらこちらで咲いていたタチアオイ。
私は夏休みに咲くというイメージを持っているんですが
実際は、いまごろ、梅雨時に咲くんですよね。
何度も育ててるし、知ってはいるんですが、
なぜか未だに夏休み=タチアオイ(笑)。
すくっと背が高く、大きな花が咲き、つぼみがたくさんある。
タチアオイ、良いなあ。
実家で植えたタチアオイ、うまく育ってるかな?
谷根千はお寺や猫、個性的なお店がたくさんで
カフェも多いですね。
気持ちよい気温の日にお散歩できてよかったです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-18 23:13 | おでかけ | Comments(2)
続きまして、OPA galleryへ。
かとまりさんの個展「ふ・ふ・ふーど展」が開催されています。
e0153367_17571713.jpg

e0153367_17574074.jpg

とてもきれいな色使いで、香港のお菓子や料理、お店が描かれています。
e0153367_181404.jpg

かとまりさんが、三泊四日の香港旅行で
食べてこられたおやつの絵なのだそうです。
どれもとてもおしそう。
e0153367_17583460.jpg

e0153367_17584891.jpg

右下の画像の右側のこのお菓子、一度食べてみたいやつで(笑)。
実際に、どんなふうになっているのか
作家さんが詳しく教えて下さいました。
e0153367_1759683.jpg

作品になっているおやつ食べに
香港に行きたくなる、香港愛溢れるような作品展でした。
●かとまりさんのblog→

★かとまり個展「ふ・ふ・ふーど 愛しの香港おやつ」
2016年6月10日~15日
OPA gallery→

最後にHB galleryへ。
ササキエイコさんの個展「装、」を開催中。
先に一度、けんちゃんが拝見していて
もう一回見に行きたいということで。
e0153367_18141855.jpg

e0153367_18144249.jpg

e0153367_18145734.jpg

服をモチーフに描かれています。
形や色使いが個性的で大胆。
そして存在感があります。
e0153367_18191876.jpg

e0153367_18193364.jpg

コラージュの技法も取り入れられています。
ボンドが画材として使われた作品もありました。

どこか不気味さも漂う作品もあります。
見る人を不安させるような何かがあるようで。
装画を担当された本には、森博嗣さんや恩田陸さんの著作が。
e0153367_18211156.jpg

e0153367_18245981.jpg

e0153367_18251788.jpg

在廊されていたササキさんから、作品について
お話を伺うことができました。
涼し気な印象の、とても素敵な方でした。
●ササキエイコさんのtumblr→

★ササキエイコ個展「装、」
2016年6月10日~6月15日
HB gallery→

e0153367_18371096.jpg


今回の撮影で、画像にモアレっぽい(しましまみたいな)のが
映ってしまう件、調べてみると「フリッカー現象」と呼ばれるものでした。
蛍光灯(は、常時点滅している)の「光っている時」と「消えている時」の
間を撮影してしまっている、とそうなるんだとか。
蛍光灯が使われているところで撮影する場合には、
シャッター速度を落として、フリッカー現象を
回避しないといけないようです。ふむ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-11 23:50 | ギャラリー | Comments(2)
けんちゃんとお出かけします。
まず伺ったタンバリンギャラリーでは
足立拓人さんの個展「PHANTOM」を開催中。
e0153367_14133174.jpg

ポップな色使いの怪し気な人物、動物。
e0153367_1415211.jpg

e0153367_14151525.jpg

e0153367_14153549.jpg

柱にぺたっと貼られたこの作品、すごく好きです。
e0153367_14182062.jpg

描くこと、表現することが、とてもお好きなんだなあと思いました。
●足立拓人さんのサイト→

★足立拓人「PHANTOM」
2016年6月7日~6月19日
・6月7~12日 PAINT WEEK
・6月14~18日 PRINT WEEK
※1週目と2週目で展示内容が異なります。
タンバリンギャラリー→


続いてSEZON ART GALLERYへ。
山口歴さんの個展「SELL MY SOUL」を開催中。
e0153367_14311086.jpg

横から見たところ
e0153367_14313072.jpg

塗った絵具を重ねてある?
見たことのない手法で制作されています。
e0153367_1434326.jpg

レジンでコーティングして仕上げてあるのだとか?
ガラス作品のように見え、とても色鮮やかでした。
●山口歴さんのインタビュー→■(「HEAPS Magazine」さんの記事)

★MEGURU YAMAGUCHI展 “SELL MY SOUL”
2016年6月4日~7月10日
SEZON ART GALLERY →


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-11 23:11 | ギャラリー | Comments(0)

梅雨に入って四日め

所用で月島あたりまで。
e0153367_21482098.jpg

聖路加さんのタワービル。
その足元に咲いてたアジサイ。
e0153367_21495420.jpg

雨を受けて、色鮮やかでした。
e0153367_2150841.jpg

船が行きかっています。
e0153367_21503398.jpg


月島から有楽町線で銀座一丁目へ。
銀座に来たなら、
伊東屋さんに寄らずにはいられません(笑)。
e0153367_21515032.jpg

涼し気なディスプレイ。
くらげかな?
e0153367_21532631.jpg


7階の竹尾見本帖さん。
e0153367_215546100.jpg

ずらっと並んだ紙の見本。
e0153367_2156123.jpg

e0153367_21563172.jpg

オーダーは紙のミニサンプルを見て
注文書に書き込みます。
e0153367_21564772.jpg

「多色」「エンボス」「白い紙」「光沢」など、約50冊に分類されているそうです。
★竹尾さんのサイトはこちら→

8階に長居してぐるぐる(笑)。
ラッピング、スタンプ、スクラップブッキングや
ペーパークラフト関連など、ありまして。
プリントペーパーの種類が多いのが嬉しい。
欲しいものがいっぱいの中から
吟味して、お買い物して帰りました(笑)。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-09 23:46 | おでかけ | Comments(0)
朝から良いお天気です。
母を迎えに新宿へ。
いつの間にか、このようなものが(笑)。
e0153367_22544893.jpg

ホテルに行くと、フロントにペッパーさんがおられました(笑)。
e0153367_22541515.jpg

ペッパー音頭を踊ってもらいました。
結構長め(笑)。

今日は六本木へ。
まず、サントリーミュージアムで開催中の
「広重ビビッド展」に。
e0153367_22574039.jpg

11時ちょっと前に入りましたが、かなり混みあっていました。
日本化薬株式会社元会長・原安三郎さんが蒐集した浮世絵コレクションの中から
歌川広重の「名所江戸百景」と「六十余州名所図会」を中心とした展覧会です。
この二つの揃物が全点公開されるのは、本展が初なのだそう。

浮世絵は好きなので、わりとよく展覧会などを見ているのですが
格別に色が美しくて、驚きました。
まさにビビッド。
希少な「初摺」、その中でも時期的に早いものなのだそうです。
「初摺」では、広重と摺師とが共に制作に取り組んでいるので
広重の意思が隅々まで込められているのだとか。
そして初摺ゆえに版木の状態が良く。
しかも、保存状態が極めて良いと。
こんなにも美しい色の浮世絵、
めったに見られるものではないと思います。
また、描かれた場所の写真と広重の作品とを
見比べることができるような展示がされています。

六十余州名所図会「阿波 鳴門の風波」の藍色のぼかし
赤色のインパクト、波と渦の迫力。
名所江戸百景 「大はしあたけの夕立」の
ざあざあと音が聞こえそうな雨と黒い雲の表現。

広重以外に北斎や国芳の作品も見ることができました。
江戸時代に思いをはせたり、名所を旅する気分になったり。
細かなとこまで、じっくり見るために
図録(分厚い!)を買ったのは言うまでもありません(笑)。

ちらしはこんな感じでした。
e0153367_23304399.jpg

e0153367_23305828.jpg


お昼ごはんは、サントリー美術館のお隣
加賀麩の「不室屋」さんにて。
私は数量限定のふやき御汁弁当、
母は湯葉丼のセット。
e0153367_23362319.jpg

彩りがきれいで、手が込んでいて(画像がイマイチでごめんなさい)。
広重展の余韻と共に、おいしく頂きました。

ミッドタウンでちょっとお買い物のあと、国立新美術館へ。
e0153367_23403896.jpg

ルノワール展」を開催中です。
e0153367_23401957.jpg

e0153367_23405319.jpg

オルセー美術館とオランジェリー美術館の所蔵作品から、
100点を超える絵画や彫刻、デッサンなどが展示されています。
肖像画、風景画、人物画、風俗画。
「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は初来日で、
「田舎のダンス」と「都会のダンス」の二作の公開、日本では45年ぶり。

今回、私が好きな「ジュリー・マネ」(あるいは「猫を抱く子ども」)を
見ることができたのが嬉しかったです。
ベルト・モリゾとウジェーヌ・マネのお嬢さん。
とても印象的な目をしています。
そしてその手に抱かれる猫の愛らしいこと。
ルノワールは幸せを描いた画家だと言われていますね。
明るい陽射し、咲き誇る花、人々の微笑み。
子供たちや女性のバラ色の頬。
作品に囲まれていると、穏やかな気持ちになるようでした。

地下のスーベニアフロムトーキョーへ。
母が普段、あまり目にしない(笑。母のテリトリー外というか)
個性的な雑貨がいっぱい。
一角で、キギ(植原亮輔さんと渡邉良重さん)の企画展が開かれてました。
2015年7月に、白金にオープンした
キギのギャラリー&オリジナルショップ「OUR FAVOURITE SHOP」、行ってみたい。
e0153367_0185553.jpg


再び、ミッドタウン。
冷たくて甘いものが欲しいなとお店を探しますと
ICE MONSTER」の期間限定ショップがあるじゃないですか(笑)。
e0153367_0292693.jpg

でっかい器なのだわあ(笑)。
マンゴー(パンナコッタ、シャーベット、マンゴー果肉入り)のと
ミルクティ(パンナコッタ入り、タピオカ別添え)のと。
ふわっとしていて、とてもおいしいです。
おなかを壊すといけないので
食べ過ぎちゃあだめですよと、言いつつスプーンが止まらない(笑)。
「ICE MONSTER」は台湾のお店。
また行きたくなっちゃいましたね、台湾へ。
品川に移動する時間を、計算まちがってメモしていて。
それに気が付いて以降、ばたつきましたが
結局品川でも、おにぎりなどちょっとお買い物する時間が持てまして。
母が乗った新幹線を見送って、本日のミッションも完了(笑)。
お目当ての展覧会、おりがみ会館。
お買い物にカフェにごはん。
あちこち行ったので、疲れたと思うのですが、
いろいろと、楽しかったわと言っていました。
けんちゃん、どうもありがとう♪♪

★広重ビビッド展
2016年4月29日~6月12日
サントリー美術館→

★ルノワール展
2016年4月27日~8月22日
国立新美術館→


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2016-06-01 23:51 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30