<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

GWいかがお過ごしでしょうか?
今日はけんちゃんと神戸へ出かけます。
まず、摂津本山にある、あるお店へ。
閉店時間ちょっと過ぎに着いて
けんちゃんがダメもとで聞いてみたら
お店の方が「ガス切ったから、ごめんね~」と。
惜しかったです。
夕方の営業時間にリベンジするのです。

元町に到着。
いつも思うのですが
GWでも夏休みでも元町って人の混み具合が
ひどくなくって好き(笑。行列のできるお店は別として)。
e0153367_1626251.jpg

こちらは「Salvador」というブランジュリ&カフェの看板。
雑貨屋さんなどを覗きつつ、てくてくと海岸ビルヂングへ。
e0153367_15383933.jpg

e0153367_15403257.jpg

築100年だそうですよ。
帽子メーカーのアトリエとか、エアラインもの雑貨やさん「NOTAM」
(実店舗は今年6月に閉店)とか、ありました。

けんちゃんのお目当てのお店が、そろそろ開店の時間です。
e0153367_1547049.jpg

餃子専門店「赤萬」、メニューは餃子とビールのみ。
一人前7個入りで二人前からの注文です。
e0153367_15484253.jpg

二人で五人前頼みました(笑)。
野菜多めでお肉苦手な私の母が喜びそうな。
白味噌だれ、お酢、お醤油、ラー油をお好みで。
軽めでおいしく、たくさん食べられます(笑)。

食後はちょっと自由行動、
けんちゃんは高架下を中心に。
私は元町商店街を。
それから「EVIAN COFFEE」で一休みしました。
e0153367_1557360.jpg

古き良き喫茶店。
けんちゃんがザッハトルテを
e0153367_15592893.jpg

私は苺のショートケーキを。
e0153367_160083.jpg

作りたてだそうです。
昔ながらのショートケーキというおもむきです。
ザッハトルテは濃厚で、どちらもおいしかったです。

そろそろ良い時間になりまして
再び摂津本山へ。
お店の看板が見えます。
e0153367_1632459.jpg

「えっちゃん」という、持ち帰り専門の、すじモダンのお店です。
土日は行列ができて、予約するほうがいいということで
予約しておきました。
お店の方のお人柄も含めて大人気らしく。
先ほど、お店にけんちゃんが来たことを
憶えてくれてたそうです。
すじモダンと、すじモダン大を買って帰ります。
昔、私は摂津本山に住んでいたことがあるので
この界隈はとても懐かしく。

e0153367_16102286.jpg

持ち帰ったすじモダン。
モダン焼きというと、もっとお好み焼きっぽいのですが
こちらは、ほぼ焼きそば(笑)。
つなぎに玉子が入っています。
細めの麺がどっさりで
おなかいっぱいになりました(笑)。
*「えっちゃん」紹介記事(2006年のデータなので
価格等は現在と異なります)→



人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-30 23:32 | 外ごはん

下北沢と

e0153367_16585968.jpg

けんちゃんと下北沢へ。
通りがかりの店先の花がとてもかわいくて。
e0153367_16594336.jpg

撮らずにはいられない(笑)。
これもかわいかったな。
e0153367_1701042.jpg

たぶんドウダンツツジ。

下北沢で靴屋さんとか雑貨屋さんとか。
BEAR POND ESPRESSOで珈琲をぐびっと。
下北沢には一人で来た事がないので
どこに何があるのやら(笑)。
ぐるっと自力で廻らないことには
わからんとです。

けんちゃんに薦められて
タンバリンギャラリーにお邪魔しました。
松本康孝さんの個展「赤ずきんと紙々の森 」が開催中にて。
※撮影はOKとのことです。
e0153367_1762888.jpg

紙で立体的に作られています。
e0153367_1771119.jpg

今回が初個展だそうです。
e0153367_1772381.jpg

松本康孝さんのインタビューがこちらに→
マーメイド紙が使いやすいとおっしゃってます。
私も好きだなあ、マーメイド紙
e0153367_1793666.jpg

大阪をテーマにした作品。
e0153367_179521.jpg

tumblrもなさってます→
紙を切って貼って組み立てて。
私も大好きなので(笑)
興味津々で拝見しました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-25 23:10 | おでかけ

石鹸も旅を

micaちゃんから贈りものが届きました。
e0153367_2041220.jpg

なにかな、なにかな?
e0153367_2042894.jpg

おおこれは。
旅する石鹸ですね。
雑貨屋さんで見かけて、気になっていました。
箱の中にはキャラメルくらいの大きさの
小さな石鹸が詰まっておりまして
包みもキャラメルそのままで(食べてはダメです。笑)。
一個、二個、旅行に持って行くのに便利。
だから、旅する石鹸なのですね。
e0153367_2072373.jpg

ラベンダーとはちみつとヤギミルク。
どれから使おうかなあ。
micaちゃんのblogはこちらです→
どうもありがとう♪♪


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-19 23:01 | 雑貨
かまわぬのガーゼのハンカチです。
e0153367_20154194.jpg

千両の模様。
e0153367_20182968.jpg

赤い実のなる植物が好きです。
手ざわりが柔らかくて良いですね。
けんちゃん、どうもありがとう♪


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-18 23:14 | 雑貨
e0153367_211798.jpg

朝から良いお天気です。
穴道湖には漁をする方々がたくさん。
e0153367_2118676.jpg

お宿の朝ごはん、ぴんぼけてしまいました(笑)。
e0153367_21185552.jpg

とてもおいしかったです。
気持ちよく眠れましたし、居心地が良くて
とても良いお宿でした。
また機会があったら、泊まりたいな。

チェックアウトして、松江市街へ。
松江城に到着。
e0153367_21222080.jpg

青空によく映えていますね。
e0153367_21225629.jpg

名残のソメイヨシノ。
e0153367_21231653.jpg

e0153367_21232943.jpg

八重桜は見ごろでした。
e0153367_21235163.jpg

苗木かな?
e0153367_2124463.jpg


続いて、島根県立美術館へ。
e0153367_21254256.jpg

現在「川端康成と東山魁夷」を開催中。
東山魁夷と川端康成の親交は
昭和30年に、川端の本の装丁を東山が手がけたことを
きっかけとして始まりました。
二人の交流に焦点をあてながら、
川端が収集した美術品(東山魁夷の作品をふくむ)
そして東山の美術品コレクションと作品
二人の間で交わされた書簡なども含めて計200点余りを展示。

川端康成のコレクションには、後に国宝となった
池大雅・与謝蕪村「十便十宜図」
(池大雅が「十便帖」、与謝蕪村が「十宜帖」を描き、
合作 した画帖が「十便十宜帖」で、慣用的に「十便十宜図」と呼ばれるもの)や、
川端と交流のあった古賀春江や草間彌生といった前衛傾向の作品も。
けんちゃんが好きな黒田辰秋作の「朱漆六稜棗」もありました。

この美術館は穴道湖の夕景が見られるスポットです
e0153367_21302130.jpg

閉館時間は日が沈む時間によって変わるそうで。
e0153367_21312685.jpg


美術館を出て、車を返却。
松江駅周辺でランチをして
お土産を買うなどしていると
電車の時間に近づきました。
帰りは、両親と共に「やくも」に乗り岡山まで。
e0153367_21333765.jpg

確かによく揺れて、通路はまっすぐ歩けないし
トイレの中とか大変でしたが(笑)
酔うほどではありませんでした。
netで調べて「車両の中央あたりが
揺れがまし」とあったので、その席を取ったのが
良かったのかも知れません。
空いていましたし。
岡山駅からは両親と別ルート。
お疲れさまでした。
帰宅したらゆっくりお過ごしを。
けんちゃん、お土産いろいろ買いましたよ(笑)。
旅はいろんなハプニングがあるもので
楽しいことと共に、みんな思い出になるのもですね。
次の旅行を楽しみに。
けんちゃんと台湾旅行、また行きたいなあ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-17 23:15 | 旅行
e0153367_17592057.jpg

オウカンエボシドリ。
松江フォーゲルパークの「パラダイスホール」(温室)では
専用のえさを買うと、鳥たちが近寄ってきます。
子供連れの一家さんがえさを買ったら
オニオオハシが目の前にやってきました。
めちゃくちゃかわいかったのですが
写真がぶれてしまいました。
この鳥はたぶん、リビングストンエボシドリ。
e0153367_183076.jpg

オニオオハシ、手に乗せたりしたかったなあ。
両親がすたすたと
先に行こうとするもので(笑)。
神戸どうぶつ王国でリベンジしようかなあ?
飼育員の方が「ここの鳥さんよりペンギンのほうが
こわいんですよ。ペンギンは肉食(魚を食べる)ですが
ここの鳥さんは草食なので(笑)」と。

館内の植物の育成所。
e0153367_1865130.jpg

植物がみんな生き生きとしているので
管理が行き届いているんだなと思いました。
植物の世話って、はっぱや花がら摘んだり、掃除したり
水や肥料をやったりと、やるべきことが毎日様々にあるんですよね。
e0153367_1872120.jpg

わんさかと茂っています。
e0153367_1881795.jpg

花に酔う感じ(笑)。
e0153367_1895246.jpg

フクシアの種類が豊富で
こんなにいろいろのを見たのは初めてでした。
e0153367_1892934.jpg


松江フォーゲルパークから車で15分ほど移動して
松江しんじ湖温泉に到着。
16時頃、お宿にチェックインしました。
窓の外は穴道湖。
e0153367_18131082.jpg

ステンドガラスがところどころに。
早速、お風呂に入ってくつろぐ両親。
私は館内のおみやげ物店を覗いてみたり
宅配便の手配をしたり。

夕食は個室にて。
e0153367_1816401.jpg

きれいな器に盛られています。
食前酒にロゼワイン、一口なのですが
私は久しぶりのアルコールで大丈夫かなと思いつつ(笑)。
e0153367_1817977.jpg

三人分とりわけられるように。
e0153367_1834599.jpg

おいしくてきれいなお料理がつぎつぎと。
e0153367_18192447.jpg

e0153367_1820354.jpg

ごはんもしっかり頂いて
最後にデザート、心躍るものでした。
e0153367_18213126.jpg

5種盛りとはうれしいですね(笑)。
いろいろと、ご馳走様でした。
お風呂もゆったり、気持ちよかったです。
昨夜、寝不足だったので今夜はぐっすりと。
それでは、また明日。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-16 23:54 | 旅行
ランチは出雲大社さんの正面から歩いてすぐの
砂屋」というお蕎麦屋さんにて。
お蕎麦は二八か十割かを選びます。
出雲そばといえば割子そばですね。
私は三枚にします。ちいさい器が三段。
薬味を入れて、つゆをかけて頂きます。
つるつると、とてもおいしい。
割子そばは一枚単位で頼めます。
普通だと三枚みたいですが
隣の席の男性は、五枚お召し上がりでした。
e0153367_085194.jpg

母は冷やし月見そば。
e0153367_0141723.jpg

父は釜揚げそばです。
ネギが苦手なので避けようとしています(笑)。
それぞれに、小さなそばがきつき(東京のくずもちみたいな)。
e0153367_016858.jpg

みんな、おいしく頂きました。

ランチのあと、父が、靴が合わなくて痛そうなので
島根県最大のショッピングセンターに
ぴゅーっと寄りまして楽な靴を買いました。
レンタカーで良かった良かったと(笑)。
前の旅行でも同様なことがあったので
懲りているはずなのですが、
どうも、父としては旅はオシャレをせねばならないと。
なかなかこれが、頑固でありまして(笑)。

当初の予定へ戻りまして
宍道湖の北側のルートを走ります。
松江フォーゲルパーク」に到着。
屋根付きの歩廊で連結された全天候型施設で
年中ベゴニアやフクシアが満開。
また園内各所でたくさんの鳥に出会えるとのこと。
入ってすぐのエリア(ここは無料)には
いろんな種類のフクロウが飼われてました。
なんかみんな退屈そうというか、
寂しそうというか。
眠かったのかも知れませんが(笑)。
チケットを買って入館すると、この景色で。
e0153367_032367.jpg

花花花花。びっくりです。
水鳥のいるエリアへ行きますと
e0153367_0423443.jpg

この鮮やかな色の鳥は、ショウジョウトキだと思います。
e0153367_043053.jpg

ショウジョウトキは自由に、園内をてくてく歩いています(笑)。
大きなペリカンもいますよ。
e0153367_0435834.jpg

e0153367_0441095.jpg


熱帯の鳥のエリアには
大好きなオオハシが何種類がいました。
このこはたぶんクリハシオオハシ。
賢そうだわあ。
e0153367_0515218.jpg

ちょうど、ペンギンのお散歩タイムでした。
e0153367_0545935.jpg

e0153367_0551340.jpg

色違いの蝶ネクタイゆるゆる(笑)、全部で五羽いました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-16 23:14 | 旅行
お宿で炊きたてごはんの朝食。
e0153367_14464980.jpg

しじみのお味噌汁など、とてもおいしかったです。
チェックアウトして、車で出雲大社さんへ。
約1時間で到着しました。
一の鳥居(宇迦橋の大鳥居)はコンクリート製。
e0153367_14485036.jpg

まだ開いてなかったお店のショーウインドウ。
e0153367_1450395.jpg

表参道にはお店が並んでいます。
二の鳥居(勢溜の正面の鳥居)は木製。
e0153367_14504691.jpg

三の鳥居(松の参道の鳥居)の写真撮りませんでした。鉄製。
参道の中央は神聖な場所なので歩いてはいけません。
e0153367_1454666.jpg

e0153367_14545022.jpg

四の鳥居(銅製)をくぐると拝殿があります。
e0153367_14551472.jpg

大きな注連縄ですね。
e0153367_1456224.jpg

出雲大社さんでは二度拝礼して四回拍手、
最後に一回拝礼する「二礼四拍手一礼」を。
こちらの奥が本殿で、入ることはできません。
e0153367_1523689.jpg

本殿に隣接する神楽殿の注連縄が
有名な特別大きな注連縄なのですね。

神苑にはうさぎのオブジェが点在。
e0153367_15175647.jpg

e0153367_15202117.jpg

八重桜ふかふかと咲いていており。
e0153367_0334484.jpg

白い桜もきれいでした。
e0153367_15215240.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-16 23:00 | 旅行
両親と山陰旅行へ出かけました。
私は飛行機で米子空港~空港連絡バス
e0153367_13413763.jpg

両親は新幹線~特急やくもで。
米子駅で待ち合わせです。
私だけ、米子駅の傍の米子ワシントンホテルプラザ内にある
和食やさんでランチです。
e0153367_13412469.jpg

天ぷらの種類が多くて、からっと揚がっており。
食後には珈琲もついていて、おなかいっぱいです(笑)。
窓の外、雨が降ってるのが見えたものの
すぐに止みました。
米子駅に両親が乗るやくもが3分遅れて到着。
e0153367_13452288.jpg

netで調べたところ、やくもはかなり揺れるので
日ごろ酔わない人も乗り物酔いするほど、とあったのですが
両親は平気だったそうです。
駅の近くで車を借りて
足立美術館へ向かいます。
30分足らずで到着。
入館してすぐのところにお茶室の入口。
e0153367_1351061.jpg

足立美術館の庭園は外に出ることは
できないのですが
とても美しく五万坪(6つの庭園)もあるという広大さです。
四季のいつでもきれいな景色が楽しめるそう。
e0153367_13481766.jpg

実家の庭の掃除を日課としている父は
このきれいさに驚いておりました。
今日は作業の人が入っているそうで
e0153367_13524112.jpg

美しさを保つのは大変ですよね。

ティールームで一休み
父と母のモンブラン。
e0153367_13534863.jpg

海外からのお客さんが多いようです。
団体さんが続々と。
e0153367_13575635.jpg

庭園のあと、美術品展示を拝見。
現在は春季特別展開催中で
竹内栖鳳と橋本関雪の作品が展示されています。

橋本関雪の「唐犬図」は、犬(ボルゾイ?)の
ふかっと手触りの良さがわかるような、毛並みの表現で。
関雪といえば、京都には関雪のアトリエを美術館にした
白沙村荘」があります。
10000㎡の敷地内に居宅、3つの画室、茶室などがあり
国の名勝に指定されている池泉回遊式庭園(7400㎡)もあり。
一度、伺ってみたいと思いつつ。

足立美術館では、他に
小展示室には富岡鉄斎や川合玉堂などの作品が展示され
そして横山大観の作品を展示する「大観室」もあり。
新館には現代日本画名品選を展示。
陶芸館や童画の展示もあります。
全部を拝見しようと思うと、3時間以上かかるのでは?と思います。
ミュージアムショップも見逃せないですね(笑)。

車に乗って、本日のお宿がある玉造温泉へ。
50分くらいで到着しました。
小さな露天風呂つきのお部屋にて。
e0153367_14192853.jpg

夕食は個室にて。
春らしい盛り付けで見た目も楽しく。
e0153367_14334883.jpg

いろいろと、とてもおいしく頂きました。
e0153367_1421862.jpg

問題は今夜の強風。
レトロで居心地が良いと評判のお宿なのですが
古い日本家屋というのは通気性が良いというか
寒いのです(笑)。
「レトロという言葉には気をつけないと」と、けんちゃんがメールで(笑)。
全てが昔ながらな建物で
お部屋の内外に段差があちこちにあって、
高齢の両親にはちょっと危険に思えたり
お部屋が広いのですが、小分けに区切られていて
どこになにがあるのやら(笑)。
窓ガラスや扉がたがたやかましい夜でした(笑)。
でも、両親はぐっすり良く眠れたようですし
お風呂も気持ちよかったです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-15 23:38 | 旅行

原優子さんの作品

けんちゃんに薦められて、TAMBOURIN GALLERYにて
原優子さんの作品展「窓辺のキオク」を拝見しました。
e0153367_2121135.jpg

e0153367_21212760.jpg

原優子さんはぬいぐるみの作家さんで
ぬいぐるみの制作、販売の他、
映画や絵本のキャラクターの立体化などもなさっているそうです。
e0153367_2123740.jpg

e0153367_21232590.jpg

原さんが在廊されていて、少しお話を伺いました
(この作品展は撮影OKでした)。
布は小さな端切れでも、捨てられないこととか
ぬいぐるみ制作は、パターンを起こすまでが大変であることとか。
e0153367_21265295.jpg

e0153367_2127614.jpg

ぬいぐるみの雰囲気そのまま、
かわいらしい、優しい方でした。
e0153367_2129737.jpg

e0153367_21291935.jpg

色使い、布やパーツの合わせ方
とても素敵ですね。
こんなふうに作ることができたらなあ、と思います。

原さんのご本も販売されており。
e0153367_21295446.jpg

新作は「リングワーク」の本で。
e0153367_21322635.jpg

リングワークは、50年ほど前に刺繍作家の久家道子さんが開発されました。
リングを糸でくるんで、それに糸を通したり、
ステッチを入れたりして模様を作るクラフトです。
そのリングワークを、原優子さんが再発見されたそうで。
直径3cm足らずの小さなリングから腕輪サイズや、
もっと大きなリングを使って、アクセサリーやバッグも作られるそう。

例えば、これは8cmくらいのリングから作られていて
糸はハマナカのエコアンダリヤを使われています。
e0153367_2136858.jpg

材料は大きな手芸店で揃えることができるとか?
作品を拝見しながら、原さんのお話を伺っていると
作ってみたくなり、ご本を買わせていただきました。
素敵なのがうまく作れましたら、blogでご紹介しますね(笑)。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-04-01 23:16 | おでかけ

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30