<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

午前3時くらいから眠気がすっかりなくなり
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」見ました。

到着二時間前に朝食。
e0153367_1017375.jpg

手前の丸いのは、なんか甘い玉子焼きみたいなもの(笑)。

窓の外はきれいな青です。
月が見えますね。
e0153367_8541417.jpg

(けんちゃんが撮影した画像です)


成田には15:30に到着。
帰りも京成スカイライナーに乗ります。
行きよりも荷物が多いので大変です。
サブバッグが二つになったため
二つのスーツケースは
けんちゃんが、がらがらと運んでくれました。
混雑する駅とか坂道とか、お疲れのところに
さらにお疲れさまでした。

帰宅して、ざざっとスーツケースの中を開けて
お土産のチェック。
ぎゅうぎゅうに詰めてたので
お菓子の箱がへしゃげてたりしました(笑)。
とても楽しい旅行でした。
ほんとにありがとう。

フィレンツェで、列を作って移動中に、けんちゃんが
ささささっと売店で買ったスノードームと
ミラノの売店で買ったマリア様。
e0153367_10182896.jpg


ベネチアでけんちゃんが買ってくれたガラスの器。
朝、果物を頂くのに良さそうとのこと。
e0153367_10185918.jpg


夜は早目にぐうぐうと。
たっぷりと眠りました。
     
     * * *

11月28日~5日間ほどは、時差ぼけでよく眠れず。
しかも寝違いで左に向けません(笑)。
『(機内で寝てるときに)首がかきっとなってたもんね』とけんちゃんが笑います。
しかも口内炎ができちゃってるし。
なかなかつらいです。
けんちゃんは帰国一週間以上、時差ぼけが続きました。
でも、また行きたいな。行けたらいいな。

     * * *

イタリア旅行記は以上で完結です。
長かったですね(笑)。
いつもご愛読ありがとうございます。
今後も引き続き、ご覧くださいませ。
[PR]
by tote-note | 2009-11-26 23:13 | 旅行
カフェのショーウインドウ。
ドルチェに目がくぎ付けになりました(笑)
e0153367_936222.jpg

素敵ですね。
めちゃくちゃ甘いのかな。意外と大人っぽくビターなのかも?
e0153367_9383374.jpg

色がすごい。日本とは違うセンスかな。
e0153367_939776.jpg


e0153367_9403498.jpg

「セルモネータ・グローブス」で手袋買いました。
いくつか試着させてもらって
ベーシックなデザインのキャメル色に決定。
手が小さいのでSサイズでいいようです。
試着の際、店員さんが専用の道具(?)で
ぎゅぎゅっと手袋の指と指の間を押さえて
はめこみました(笑)。

帰りも地下鉄に乗りました。
ミラノ中央駅にちょっと寄ってみました。
e0153367_945814.jpg


ランチは、けんちゃんが見つけてた台湾料理店へ。
炒飯、焼きそば、粉もの、いずれも
とてもおいしい、久々だったし(笑)。
サービスにちっこいみかんをひと盛り出してくれました。

ホテルに戻ると
みなさんがスーツケースの詰め直しなどで、ざわざわ中。
けんちゃんも、おみやげをぎゅぎゅっとつめました。
全員が集合して、バスに乗ってマルペンサ空港へ。

ツアー中時間に遅れたりすることなく
これといったトラブルもなく
スムーズに日程が終わってとても良かったです。
お天気に恵まれて、ローマやフィレンツェは晴れて気温が高く
ちょっと怪しい空だったベネチアでも傘をささずに済みました。
ツアーのみなさん、良い方だったし
雰囲気は終始和やかでした。
添乗員さんは日本まで一緒に帰国。
最後までお疲れさまです。

ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノと
各都市で、あちこちお店を巡って
お誕生日プレゼントを探してもらいました。
あれがいいかな、これかなあと悩んで
けんちゃん、大変だったと思います(笑)。
どうもありがとう。

空港では手続きのあと2時間ほど(?)空き時間があり。
機内食が遅めなので何か軽食を取りました。
後はお店を見てまわったり、ベンチで休んだり。
マルペンサ空港は規模なので、お店が少ないとのこと。
それでもさほど退屈せず、時間はつぶせました。

19:30発のJALの直行便に乗ります。
今回も3人席の窓から二席で
通路側が他のツアーの方でした。
気さくに「(前を)通るときはいつでも言ってください」と
言って頂きました。ありがたいです。

出発して二時間後に夕食。
二種類から選べました。
これは鶏そぼろごはんの方のセット。
e0153367_946132.jpg

その後、照明が落とされ
眠ってる人が多い中
寝つけず、あまり眠れず。


        * * *

ミラノで、12月21日の午後から雪が降り始め、
23日には市内でも積雪が30cmになったとか?
ミラノでは雪はめったに降らないのに。
鉄道は10%程度の運行で
クリスマス明けまで運行の見通しが立たず。
地下鉄は問題ないものの
トラム(路面電車)は車で道をふさがれて止まったりしたようです。
【参考】ミラノ在住のガイドさんのblog

ベネチアの冠水、ミラノの大雪、
ちょっと時期がずれてたら、大変な旅行になってたかも?

         * * *
[PR]
by tote-note | 2009-11-25 23:08 | 旅行
曇りです。
イタリアでの最後の朝食です。
ハムとチーズが大好きなけんちゃん、
おなごり惜しいかな(笑)。
e0153367_1827115.jpg

手前のプレート(私の方)、もうちょっときれいに盛り付けるべきかと(笑)。

その後空港への出発まで自由行動。
中心街まで、地下鉄に乗ってみようと
チェントラーレ駅(ミラノ中央駅のそば)に向かいました。

ミラノ中央駅はとても立派な建物です。
e0153367_18232566.jpg

ちょうどトラム(路面電車)がきました。
e0153367_18234788.jpg


チェントラーレ駅の
有人の切符売り場(かなりの行列)で
1日券(3ユーロで乗り放題)を購入。

右側通行ですね。
e0153367_1822069.jpg

駅構内や車内では持ち物に特に注意です。

ドゥオモ駅に到着。
朝のドゥオモです。
e0153367_18241158.jpg


通りがかった売店でマリア様のフィギュアを買いました。
6ユーロだったかな?
その先に焼き栗やさん発見。
イタリアに行ったら焼き栗だと
前から言っておりました(笑)。
e0153367_18335653.jpg

ちょっとサービスしてくれたらしい。
あったかくておいしかったです。

トラムは頻繁に見かけます。
e0153367_18332485.jpg


fiat500のオブジェ(?)
e0153367_18342271.jpg

たくさんありました。
木が植えられているのです。
駐車スペースの少ない街で
問題にならないのかな?
でも、楽しいです。
東京などだとすぐに落書きされてしまいそうですが
白が保たれ、きれいです。
クリスマス時にこの木に飾りつけとか、ないかな。
[PR]
by tote-note | 2009-11-25 22:17 | 旅行
そして、ドゥオモです。
e0153367_1454717.jpg

圧倒的な存在感の大聖堂。
e0153367_1455049.jpg

「うわあ、凄いなあ」と思わず言ってしまいます。
おどろおどろしくもあり。
ちょっと溶けてるみたいに見えて
鍾乳洞っぽいなと思ったり。
e0153367_14552097.jpg

e0153367_14554373.jpg

ガレリアの入口。
日が暮れてきました。

ホテルに向かう途中で、バイク用品店を発見。
夕食までの空き時間に、たたっとけんちゃん単独行動で
バイクに乗る時用の防寒具を買ってきました。
ほんとはヘルメットが目当てだったのですが
サイズの合うのがなかったとのこと。
お店の人との話が楽しかったそうです。

夕食は、ホテルからバスで30分ほどのリストランテ
LA TOPAIAにて
最初に、北イタリアの郷土料理のポレンタ。
トウモロコシの粉をお湯やだし汁と合わせ
練りながら煮たもの。
パスタやリゾットの代わりだそうです。
薄味で、みなさんお塩やコショウをぱっぱとかけてました(笑)。
次の料理用の粉チーズかけたりも。
キノコのソースのお代りができました。
e0153367_1447424.jpg

ショートパスタ。
わりとあっさりめで好みのお味。
e0153367_14482023.jpg

前夜にメインを選択済み(魚かお肉か)。
私はお魚で鮭のソテー
e0153367_14491835.jpg

けんちゃんはもちろんお肉で(笑)、仔牛(?)のソテー。
e0153367_14493162.jpg

e0153367_1450274.jpg

デザートはチョコレートのタルトみたいなの。
これはへヴィでした(笑)。

お店を出しなに
シェフさん(アンドレアさんというらしいです)から
「おいしかったか?」と聞かれたので
「ボーノ!」と答えるとにっこり、うれしそうでした。

今夜はウナセンチュリーに泊まります。
この旅行中、一番部屋が広く。
仕事ができそうなデスクと椅子があって
寝室が別室になっていて窓が大きくて。
駅が近くて至便です。

◇ホテルのこと◇
ドライヤー:いずれのホテルにもあり。
バスタブ:いずれも、あまりきちんと掃除されてない感じ。
     イタリアではお湯につかる習慣がないので
     バスタブがきれいでなくても、気にしてないようで(笑)。
アメニティ:フィレンツェのホテルは、シャワージェルのミニボトルがぽつんとおいてあるだけで
      笑いました。他のホテルは普通に。べネチアのホテルが一番充実。
タオル:わりと多めに用意されており。ハンドタオルはパイル地でなく、
    キッチンクロスのようなもの。
トイレ:特に問題なし。ビデが必ず横に設置されてます。
[PR]
by tote-note | 2009-11-24 23:02 | 旅行
ミラノを観光(ツアー)します。
スフォルツェスコ城に到着。
e0153367_1434182.jpg

ルネサンス期の建造物です。
お城というより要塞?

石の弾の山の上に猫発見。
なぜここに?
e0153367_1443399.jpg


e0153367_14111560.jpg

e0153367_14104987.jpg

彫刻や陶器、楽器などいろいろと展示されています。
ミケランジェロの未完成作品「ロンダニーニのピエタ」も見られます。
e0153367_14113856.jpg

e0153367_1412594.jpg

天井も凝っていて見逃せません。
あまりゆっくり見られず残念。

続いてスカラ座へ。
e0153367_14123941.jpg

スカラ座の博物館にはマリアカラスの肖像画、モーツアルトの遺髪など。
e0153367_14125464.jpg

e0153367_14131849.jpg

豪華なシャンデリアです。

ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガレリアにも、ちょっと寄りました。
ドゥオモ広場とスカラ座の間を結ぶ商店街(ハイブランドが多い)です。
鉄とガラスでつくられたアーケードは南北に197m、東西に105m。
お天気が悪くても平気。
e0153367_1862417.jpg

モザイクと大理石を敷き詰めた舗道
e0153367_186467.jpg


<ミラノ>
ローマ同様にスリなどに要注意。
特に観光地では
・ミサンガを売りつける黒人(勝手に手にまきつけ
 高額を要求する)
・バラを売る人(これもぼったくり)
・インド人?スカーフを売りつけによってくる

観光(ツアー)中は、イタリア人の男性ガイドさんが
物売りなどがツアー客に寄ってこないように
見張ってくれてて心強いです。

ローマもミラノも物売りの類は多いけど
あまりひつこくはないです。
けんちゃんが「NO!」と強く言えば、それ以上寄ってこないです。
[PR]
by tote-note | 2009-11-24 22:37 | 旅行
朝から小雨がぱらぱら。
朝食後、ちょっとお散歩に。
e0153367_11573181.jpg

e0153367_11575792.jpg

曇りのベネチアは幻想的。
2月に開かれるマスケラ(仮面)のカーニバルはさぞかし。
けれど、このややこしい街で
仮面もつけてたら、どこがどこやら
誰が誰やら(笑)。
e0153367_12125117.jpg

e0153367_1201298.jpg


ホテルをチェックアウトして
バスでミラノへ移動(276km)。
途中トイレ休憩@お土産店(仕方ないですねえ)
e0153367_1212784.jpg

渋滞なくバスは進みました。
ミラノ周辺は霧が良く出るようで?
到着すると雨は止んでいました。
ベネチアと同じくらいの寒さで
けんちゃんはフリースにダウンジャケット
私は厚手のカーディガンにライナー付のコート、マフラー。

●ランチ
ミラノの街中のリストランテにて。
リゾットはサフラン風味。
あっさりめです。
e0153367_12131052.jpg

ミラノ風カツレツ
レモンをぎゅっと絞ります。
イタリア人もフレンチフライをよく食べるみたいで?
e0153367_12133424.jpg

ドルチェはプレーンなケーキ。
e0153367_12141276.jpg

ヴォリュームたっぷりで
おなかいっぱい。
地元の人もたくさん来てた、人気のあるお店でした。
[PR]
by tote-note | 2009-11-24 22:33 | 旅行
e0153367_144198.jpg

ベネチアでは、お土産をいくつか買うと
一個づつ別べつに包むかと聞いてくれます。
他の都市だと、ビニール袋にそのままつっこまれますね(笑)。
ベネチアでは包装紙がまた、素敵なのです。

ジェラート、何味だったか不明(笑)。
e0153367_14333897.jpg

イタリア人は引き算が苦手で
おつりを出すときに、商品の代金におつりを足していって
お客さんが出した金額まで到達させる、という計算をします。
かえってややこしい気がします。
また、たとえば45ユーロ50セントのものを
50ユーロ紙幣+50セントコインで払って
おつりを5ユーロ紙幣でもらおうとすると混乱するようです。
けれど、ベネチアのお店の人は
そういう計算に慣れてるようでした。

素敵なノートやメモがいっぱいのお店。
e0153367_14343171.jpg


ショーウィンドウで見たマロングラッセが、店内にないので
うろうろしてたら、お店の人に『何がご入り用ですか?』と。
「マロングラッセ!」というと
『はいはい、わかりました。ウィンドウと店内をそんなふうに
きょろきょろしてないで早く聞けばいいのよ(笑)』と
いうふうなことを言われました(笑)。

お菓子がみっちり。
e0153367_1440313.jpg


ベネチアは道が本当にややこしくて、どこがどこだかわからない。
地図があっても、だめです(笑)。
私だけでは、ちょっとその辺を歩くとホテルに戻ることもできません。
まったく迷路です。

午後5時過ぎには日が暮れます。
e0153367_14413192.jpg


歩きまわって疲れたのか
本日二個めのジェラート(笑)。
今度はレモン。
e0153367_14354831.jpg


夜のリアルト橋
e0153367_14395237.jpg


もともと夕食は軽くすませるつもりだったので
(連日しっかりたくさん頂いてるので。笑)
通りがかりのお店で、サンドイッチを買って
ホテルに持ち帰ることにしました。
e0153367_14363315.jpg

帰りに道に迷ってしまい(けんちゃんですら!)、
子供連れの家族に道を聞いたものの
途中でまたわからなくなり
次に尋ねたおじいさんは「Follow me!」と言って
親切に案内してくれました。
夜道でひと気があまりなく、おじいさんが豹変したらどうしよう?と
内心心配したのですが(笑)。

本日もボンベェッキアーティに泊ります。
睡眠は2時間くらい寝ては起きるのくりかえし。
[PR]
by tote-note | 2009-11-23 23:25 | 旅行
昼食後は自由行動。
e0153367_10141012.jpg

どんより曇ってますが
雨は降っておらず。

大運河です。
サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見えます。
e0153367_10145131.jpg

e0153367_10212456.jpg

e0153367_1024685.jpg

サンマルコ寺院再び。
e0153367_10245511.jpg

ベネチアのシンボルの羽のあるライオン。

ベネチアは街全体がお土産もの屋さんと言えるようで
とても素敵なお店がいっぱいです。
e0153367_10264742.jpg

ベネチアングラスやレースのお店、
文房具店(マーブル紙や美しいプリント紙)など
あっちもこっちも入りたくなります(笑)。
e0153367_10293292.jpg

ミニチュア細工やさん。
e0153367_10303142.jpg

ディスプレイが日本と何かが違っていて(なんでだろう?)
見せ方がすごく上手です。
物も色も多すぎるくらいなのに
まとまりがあって。
センスが良いなあ。
[PR]
by tote-note | 2009-11-23 23:01 | 旅行
e0153367_1527045.jpg

サンマルコ寺院に入ります。

e0153367_15282082.jpg

壁や床、あちこちに見事なモザイク。
黄金に輝いています。
この位置(↓下の画像)からの撮影だけは暗黙の了解っぽくなっていましたが
(警備の人も見て見ぬふり)、
寺院内の撮影は禁止です。
e0153367_15284568.jpg


寺院からの眺め
e0153367_15291464.jpg


続いてドゥカーレ宮へ。
画像、向かって右側の建物です。
e0153367_15274642.jpg

こちらも宮内の撮影は禁止です。
ドゥカーレ宮殿の尋問室と牢獄をつなぐ「ため息橋」通って牢獄を見学。
ベネチアの美しい景色を見られるのは
これが最後だと囚人がため息をつくという橋です。
牢獄には怨念が未だにこもってそうで居心地が悪いなあ。

サンマルコ広場にある有名な老舗カフェは、席料やなんやかんやで
珈琲一杯で2000円くらいになるんだと。
おそろしいですね(笑)。
それでなくてもベネチア価格、物価が高いです。
レストランでの飲み物の代金が他所の倍くらいになったり。
e0153367_1064065.jpg


観光(ツアーの)は、添乗員さん+ガイドさんの後を
ついて歩くんですが
人がひとりしか通れないような幅の狭い小道をずんずんと。
左右に曲がったりもします(結構早いし)。
「もし見失って迷子になったら、そこで止まっていてください。
私が探します」と添乗員さんが。
ちょっと焦りました(笑)。

観光の最後にベネチアンガラスのショップへ。
日本語堪能な店員が大変うっとうしかったです。
きれいな色だけど、花模様や金の彩色がやり過ぎだったり
なんだかひと時代前のセンスな気がして、物欲わかず。
けんちゃんは早々に脱出(笑)。
何も買わず、ささっとお店を出た人が多かったな。

そのショップの近くで
けんちゃんが、タッセルやさんを見つけてくれました。
e0153367_11241333.jpg

カーテン用のゴージャスなもの、小さいタッセルがいっぱいついたもの、
カラフルなものなどなど、目がくるくるです。
e0153367_105504.jpg

ディスプレイもとても素敵。

●ランチ
Antico Pignoloにて。
いか墨パスタは初体験で(食わず嫌い)
心配してたんですが、とてもおいしい。
e0153367_15364321.jpg

いかの身もころっと入っており。
パスタのゆで加減もよく。

ひさびさのおいしい生野菜(笑)。
e0153367_15373621.jpg

スカンピもとてもおいしい。
e0153367_1539389.jpg

デザートはティラミス。
e0153367_153732.jpg

『苦手だったんだけど、ここのはおいしい』と言ってた人あり。

イタリアのリストランテのサーブの仕方は大雑把で
一人あたりの分量が、均等でないことがときどきあり。
ましてや具の入り具合なんて気にしてないかと(笑)。
どさっといれてくれます。
うう、おなかいっぱい。
ごちそうさまでした。
[PR]
by tote-note | 2009-11-23 22:27 | 旅行
ホテルで朝食。
e0153367_10204696.jpg

食後、観光(ツアー)に出かけます。
フィレンツェ同様、ベネチアも治安はよさそう。
交通手段は舟のみで(街には車は入れません。自転車もダメです)、
犯罪者も逃げにくいから?
e0153367_10214147.jpg


ゴンドラで遊覧します。
ゴンドリエーレ(船頭さん)は赤×白か黒×白のしましま着用が規定ですが
寒い時期は黒の上着で。
舟の色は黒に統一。
e0153367_10305156.jpg

建物の角にあたりそうであたらない。
見事な操縦(?)です。
水がばしゃっと跳ねることはありますが。
e0153367_10315017.jpg

むき出しで水に浮かんでるので
寒さが増します。
でも、ダウンなどを着ていたら大丈夫。
寒さに震えるようなことはないです。

大運河。リアルト橋が見えます。
e0153367_1032617.jpg

アコーディオンの音に載せて
歌を歌ってくれてます。
e0153367_10322951.jpg


遊覧のあと、サンマルコ広場へ。
カフェやアクセサリーなどのお店が並び
広場の正面にはサンマルコ寺院、傍らに鐘楼。
時計台とドゥカーレ宮殿もあります。
e0153367_1034537.jpg


カモメ、ウミネコ、鳩が集まってます。
カモメの顔、かわいいなあ。
e0153367_10351444.jpg

e0153367_10354328.jpg

ウミネコはきりっとしてます。
[PR]
by tote-note | 2009-11-23 22:14 | 旅行

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー