<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

小雨が止んだので

原宿へお散歩に。
途中のお店で木製の洋梨を発見、
これは買わなくちゃと(笑)。
e0153367_2349207.jpg

旧いものか、そうじゃないのか不明なまま購入。
ちょっと香りがするので
もしかするとフレグランスを染み込ませて使うもの?
後で拭いてみたら結構汚れが落ちました(笑)。
e0153367_23494116.jpg

前から気になっていた箱。
某ショップの入口のディスプレイです。
[PR]
by tote-note | 2009-01-31 23:49 | おでかけ

広尾から麻布十番

広尾の商店街をてくてく。
今日は気温が高くて
ニットにダウンのロングコートではちょっと着過ぎ
手袋はいらないです。
e0153367_18122361.jpg

バラクライングリッシュガーデンでは、いつもきれいに花が咲いてます。
元気よさそうなのがうれしい。
e0153367_18124433.jpg

麻布十番商店街へ移動。
手土産をよく買う「たぬき煎餅」さんと「豆源」さん。
甘いものが苦手な方に喜ばれますね
(どちらのお店にも、甘いお味のがありますが)。
小袋入りの種類が多いのがうれしいところ。

先日、東京のたい焼きやさんで一枚(一尾かなあ?)づつ
手焼きしているものが、「天然」と呼ばれているというお話で
ちょっと盛り上がりまして
焼いてる様子の写真が撮れたらいいなと思ったのですが
浪花家総本店さんはお休みでした。
創業は明治42年(1909年)なのだそうです。
関西では鯛焼きだけを売っているお店って
あまりないように思います。
たこ焼きなど、他のものも一緒に扱っているところはたくさん。

netで見つけたたいやきの本二冊。
たい焼の魚拓」宮嶋康彦著
一匹焼きのたい焼37種を集めた魚拓集。
東京たいやきめぐり
36店舗を紹介。たい焼きの写真や地図などあり。
一匹焼きの鋳型は重さ2kgほどあるそうで?
そのため、年々少なくなってきてるみたいです。
[PR]
by tote-note | 2009-01-27 23:05 | おでかけ

あちらこちら

自由学園朝日館へ。
今日はウェディングパーティのため中には入れず。
e0153367_0074.jpg

JMショップをちょっとのぞきました。
気になっていた自由学園食事研究グループのクッキーが
3号缶しかなかったのが残念。
e0153367_23495936.jpg

自由学園工芸研究所勢の、お洗濯ができるぬいぐるみの
うさぎや子羊がとてもかわいらしく。
トウモロコシのはなかなか不思議でした(笑)。
にじのつみき」さんなどのnet shopでも販売されてるそうです。
お庭(水仙が咲いてました)の柵に鉄条網が張られてたのはちょっと悲しかった。

北区の飛鳥山公園へ。
走り回る子どもたちの声がにぎやか。
e0153367_2352430.jpg

プレイマウンテンや動物のオブジェ(?なんと言いますか、コンクリート製の)。
展示されている機関車には、大人も子供もわくわくと立ち去り難そう。
e0153367_23524167.jpg

e0153367_23531448.jpg

e0153367_23535546.jpg

タコさんのところから、人がいなくなるのを待ってたのですが
人気者なのでなかなかで(笑)。写ってるのは知らない少年です。

紙の博物館では「紙の神」というとても気になる展示がされてました。
この公園は、徳川吉宗が桜の名所になるように
整備・造成したのだそう。
春にまた来てみたい公園でした。
e0153367_23553527.jpg

シャボン玉、見えるかな?


十条商店街へ。
和菓子やさんとお茶やさんがたくさんありました。
お手頃価格の甘いものには事欠かない(笑)。
お店に並ぶ果物や野菜もおいしいそうでした。
十条銀座商店街に仲通り商店街
東十条銀座商店街や演芸場通り商店街と、いくつも集まっているんですね。
[PR]
by tote-note | 2009-01-25 23:47 | おでかけ

神戸へ

まずIKEAへ。
花鳥園の近く、ポートライナーの南公園駅からすぐ。
駐車場の広さからして両親が驚きました。
それも含めて港北のと同じくらいの規模かな?
2階の家具フロアで、母があちこちにひっかかっては
あれは何?これはどう?と(笑)。

ひと通り見た後、カフェで一休み。
ちょうど「1プレートFIKA」(2月13日までの期間限定)の時間帯で
プレートを手に並ぶ人が10数名。
一口サイズのプチケーキをそのプレートに自由にとって
1プレート(直径16cmくらい?)500円。
周りを見てみると、1プレートに15個くらいびっしりの人や、
ケーキを二段重ねに載せてる人もいて(笑)。
1プレートを何人かで分けて食べてもOKなので
どっさり盛ってみんなで食べるのかなあと思いきや
一人分らしく。
あれは食事か?と父が驚いてました(笑)。

e0153367_2311383.jpg

1階の雑貨フロアをゆっくり見て
少しお買いものして駐車場に戻ると
車がどこにあるかわからなくなり(笑)
駐車場はABCと大まかに分けられているものの
一台分のスペースごとのナンバリングはなく
不親切というかおおざっぱやねと。
ま、迷子になる方がいけないんですが(笑)。

元町へ移動。
商店街を少し歩いてみる。
「クロワッサンの店」を覗いてみたり
和陶器やさんに寄ってみたり。
e0153367_014616.jpg

外へ出して欲しそうな動物たち。


元町のこじんまりしたところが好きです。
お店も人も大阪の街よりゆったりしていて
魅力的な雑貨屋さんやケーキ屋さんが多く
食事にも駐車場にも困らないのも便利で。
海が見えるのもいいなあ。

e0153367_2315170.jpg

神戸開花亭」でオーダーしたオムライスは
ふわとろのオムレツをナイフで開いて頂くものでした。
[PR]
by tote-note | 2009-01-22 23:57 | おでかけ

熊谷守一美術館へ

美術館の入口あたりに顔の丸い虎猫がいて
にゃあにゃあと人懐っこい。
一緒に入ろうとするのを
中の人に阻止されてました。
e0153367_22264233.jpg

一階にはカフェが併設されており、油彩の他に立体や
愛用品(チェロなど)が並べられてました。
二階では作品を版画にしたものの展示販売。
次女櫂さんの作品も。

壁には角砂糖を運ぶ蟻。
e0153367_22285542.jpg

熊谷守一さんのサインには
あの味のあるカタカナのと
割と普通の筆記体のとがあるんだなあ。
[PR]
by tote-note | 2009-01-18 22:52 | おでかけ

猫と佃煮

佃島の「田中屋」さんでお土産に鰹の角煮などを買いました。
「天安」さんとどちらにするか、いつもちょっと迷います。
もう一軒の「丸久」ではまだ買ったことがなく。
e0153367_22161593.jpg

けんちゃんが雀におやつをあげてると
ときどき見かける、どこかの飼い猫が出てきて
雀を狙ってる様子。
e0153367_2217572.jpg

猫にはマタタビの枝(これもけんちゃんが持ってきた)を。
猫がお酒に酔ったようになるのが面白いらしく。
そんな様子を写真に撮ろうとするんだけど
いつもうまくいきません。
猫の動きに間に合わないんです(笑)。
e0153367_22175594.jpg

雀がたくさん枝にとまっています。

ミヅマアート
池田学さんの作品「予兆」の展示。
なんの情報も仕入れず初めて見た、
紙に丸ペンで描く細密画の作家さん。
一見して感想は色がきれいだということ。
大きな画面(1900x3400mm)には細かく、いろんな情景が描かれていて
暴走族とかバンジージャンプとか
小さい人があちこちで何かやっていて
ペンギンもわらわらと。
細密画は見ていてしんどくなるので
あまり好まないのですが、
この作品は楽しいものでした。

e0153367_2219598.jpg

本日のおやつは「しげ田」の栗饅頭。
栗がころっと一個入っています。
鉄砲洲稲荷神社さんの目の前にあります。
冬季限定のたいやきは生地に黒糖が入っていて
(餡は少し物足りないくらいでしたが。笑)おいしかったです。
できれば熱々で頂きたかったですけども。
[PR]
by tote-note | 2009-01-17 23:10 | おでかけ

世田谷ぼろ市へ

世田谷線の電車は二両編成、車掌さんがおられます。
Suicaでも乗れます。

12月と1月に開かれる世田谷ボロ市
400年以上の歴史があり、東京都指定無形民俗文化に指定されてるんだそうです。
骨董品や古書の他、お漬物や干物、杵や神棚のお店もあります。
和菓子の木型が気になったものの買わず(価格の目安がわからず)。
e0153367_1621781.jpg


天祖神社の方の植木市で見かけた
シクラメンと万両の寄せ植え。
e0153367_1559356.jpg

この頃気になっている原種のシクラメンを見つけたけれど
花のピンクの色がちょっと好みでなく。
万年青の苗屋さんでは大変高価なものもあってびっくり。
万年青の栽培の歴史は古く、三百数十年とも四百年以上とも言われているそうです。
葉の大きさ、形、斑入りの様子、色つやの具合、など様々で
愛好家は多いようです。

国立国会図書館の電子展示会
江戸時代の博物誌に万年青の図譜があります。
(第二章「独自の園芸の展開」)
万年青のほかに、椿、朝顔、斑入と
好きな植物揃いです。
見ごたえありますね。
第三章には珍しい鳥や魚などの図譜もあって
webで見られるのはとてもありがたいです。

多肉植物とサボテン
e0153367_16201242.jpg

赤の丸いの(たぶん緋牡丹)には小さい丸いのがくっついており。
e0153367_162417.jpg

名物らしい「代官餅」の売り場には長い行列。
最後尾の看板を持つ男性が
からみ餅は品切れだと言っておられました。
イートインスペースあり。
世田谷線の駅までの道には
アンティークやさんがちらほらありました。
夕方近くにはボロ市に向かう人の数もさらに増して。
寒さも少しましなので夜は大変賑わうのでしょう。
[PR]
by tote-note | 2009-01-16 23:52 | おでかけ

横浜へ

その前に移転後の「まめ」に寄ってくれました。

横浜美術館で「セザンヌ主義展」を。
セザンヌと、その影響を強く受けた画家たちの作品展で
人物、風景、静物と分けて展示。

セザンヌの作品が40点ほど。
その影響を受けたと考えられる20世紀の芸術運動を
代表する作品の紹介
「フォーヴィスム」(マティス、ヴラマンクなど)、
「キュビスム(ピカソ、ブラックなど)、
「エコール・ド・パリ」(モディリアー二など)
それに日本の画家たちの作品を合わせた約100点。
安井曾太郎の作品は力強く強烈で目をひきました。

考え抜かれた構図、
繰り返し描かれたモチーフ。実験。
なんでもない杏や林檎が
圧倒的な存在感を持ちます。
ある風景画の塗り残しの心憎いこと。

現実と絵画は違うもの。
絵画としてどうなのかが大事。
リアル以上のものを再構築する。
目に見えるものを移すのではなく
絵画に表わすということ。
モチーフを前にしたときの
感情、気づき、あるいは驚き?

しかし「丸C」って(笑)。
セザンヌの作品とそのタイトル(丸C付)とフォントデザイン、
広告の色遣いがいま一つしっくりこない気がしました。
e0153367_0333965.jpg

セザンヌの作品が少なく感じました。
静物画をもっと見たかったなあ。
ミュージアムショップでは
欲しいと思った作品のカードの販売はなく。
いつもそうなんだよねえと思いつつ。

IKEAに寄ってクロス、陶器などの雑貨を買いました。
観葉植物と鉢カバーがたくさんあって、
ガーデニングのコーナーが充実してきてるみたいです。
レストラン+カフェで遅めのランチを。
定番のミートボールとポテト、
サーモンとポテトのなんとか?と
セルフで盛り付ける生野菜。
パンにいま一つ惹かれるものがなく、
甘そうなケーキは入る余裕がなく残念(笑)。
e0153367_15184611.jpg


本日のおやつ。
「まめ」の苺大福(右)は
甘さが抑えてあって滑らかなこしあん、
お餅は薄めでやわらかく
大きめの苺(あまおう)がとてもおいしくて
嬉しくなります。
豆大福(左)は粒あんでこちらもおいしく。
e0153367_1519368.jpg

「まめ」のごひいきさんたちはBlogに
『粒あんが特においしい』と書かれてました。
そういえば、私はまだ「まめ」の粒あんのお菓子は
まだ頂いてないです(笑)。
季節ごとに変わる期間限定のお菓子が
楽しみだなあ。
[PR]
by tote-note | 2009-01-10 23:11 | おでかけ

十二支

明治神宮の土鈴、今年は牛です。
e0153367_1155845.jpg

まるこいですね。
寅、卯とかわいいのが続きそうだし
辰も楽しみ。
毎年白いのかしら?
十二支をコンプリートできたら
専用の飾り棚を作ろうかな(笑)?
[PR]
by tote-note | 2009-01-09 08:47 | 雑貨

犬でなく虎

神楽坂の毘沙門天(善国寺)さんへお参り。
e0153367_12125071.jpg

笑ってるような顔、長い尻尾がキュートです。
ディズニーのアニメに出てくるっぽい。
江戸時代末期に彫刻されたものだとか。
『毘沙門さまは寅年、寅の月、寅の日、寅の刻に生誕されたといわれ、
寅の日にご開帳される』のだそうです。
e0153367_12131411.jpg


五十鈴」でどら焼きを買いました。
皮は黒砂糖がきいていて、餡はやわらかく
甘さ控え目でおいしいです。
すぐに売り切れになるんだとか?
e0153367_12154425.jpg

紀の善」の抹茶ババロアは一度頂いてみたいし
(秋には栗ババロア+こし餡というのがあるんだそうで)
神楽坂フーズガーデン」の焼き芋は気になるし
神楽坂は誘惑だらけ(笑)。
[PR]
by tote-note | 2009-01-08 23:57 | おでかけ

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー