カテゴリ:art( 115 )

田中一村展

e0153367_1149125.jpg

千葉市美術館「田中一村 新たなる全貌」へ。
近年の調査で発見された資料を含む約250点の展示。
過去最大規模になるとのこと。

子供のころから南画を描き
「神童」と呼ばれていた一村さんは
50歳から奄美に移り住み、日本画の題材としては珍しい
亜熱帯の植物や鳥などを描きました。
大島紬の工場などで働きながら描き続けて
1977年、69歳でその生涯を終えました。
命日は9月11日。
1980年代にNHKの番組で紹介されて
広くその名前を知られるようになりました。

今回の展示は東京時代、千葉時代、奄美時代の三部構成

奄美に渡るまで、
様々な技法を使い多種多様なモチーフを描いています。
格闘したんだなあ。
詰め込み過ぎてるように思える作品や
ぴりぴりしたものを感じる作品などがありました。

九州などを旅して描いたスケッチから起こした作品は
大胆な構図が印象的です。

しかし、一村さんといえばやはり奄美なのでしょう。
リアルでありつつ、現実から離れた理想郷のような風景。
風に揺れる葉のたてる音、鳥の声、波の音。
迫力のある構図、コントラストくっきり。
強い意志が感じられ、鬼気が迫るほどの。

クワズイモとソテツ」という作品が好きです。
奄美での作品にビロウとクワズイモがよく登場しています。
生前に一村さんは『ビロウとクワズイモが好きだ』と語っていたそうです。
『広がるのが好きだ』と。

ビロウ(蒲葵、枇榔、檳榔)とはヤシ科の常緑高木で
葉先が細かく裂けて、垂れ下がる。
古代天皇制において、松や竹などよりも神聖とされた植物なのだとか。
高さは成木で10~15m位、幹の径30~40cm位。

孤高の画家とよく称されますが
ご近所とのお付き合いはあり、
何かのお礼には色紙を描いて送るなど
決して人と疎遠になっていたのではなく。

奄美には田中一村記念美術館があります。
プロフィールや作品などはこちらに。

今回の図録はハードカバーで359頁あって
カラー図版250点で 2,500円 。
お買い得ですね。
[PR]
by tote-note | 2010-09-04 23:45 | art

有元利夫展

e0153367_1461240.jpg

庭園美術館へ出かけました。
入口の狛犬。
e0153367_1465078.jpg

e0153367_14752.jpg


有元さんの作品は、これまで何度も展覧会で拝見しているので
なじみ深い作品が多いです。

二人以上だとその関係を詮索してしまうので
作品に描かれる人物は一人きり。
人物の手は詳しく描かない、
足は衣装から覗く程度。
いずれも説明的になるのを防ぐためだそうです。

小さな銅版画の、細く何本もひかれた線に心惹かれました。
暑い時期、版画を見るのはとても良いものです。
こってりした油彩はちょっと重たい(笑)。

木彫、陶芸の作品も多数あり。
芸大受験の際にデザイン科にするか
彫刻科にするか迷ったほど、
立体を作るのがお好きだったそうです。
e0153367_1484538.jpg

亡くなられて25年になるんですね。
時間が止まってしまったけれども
永遠になった作品。
ゆっくり拝見することができました。

目黒アトレ内の「果実園」で一休み。
フルーツパフェです(笑)。
e0153367_1475580.jpg

アイスクリームはバニラとストロベリー
シャーベットが青リンゴ(?)とカシス。
刻んだバナナ入りでした。
果物は西瓜、メロン、パパイヤ、キーウィ、グレープフルーツ、イチゴ、バナナ。
生クリームは適当な感じ(笑)。
テンコ盛りですね。
ちゃんと取り皿を出してくれまして
おいしく楽しく頂きました。
e0153367_1481445.jpg

けんちゃんのは冷やしぜんざい。
なぜか寒天いり、果物別盛り付。
近くの席ではおじさんが
メロンを半分に切ったのを
おいしそうにお召しあがりでした。
果実園はいつも満席に近く。
アトレに入る前から人気店なんだそうです。

カンペール表参道店にて。
e0153367_1491148.jpg

そぞろ歩くには気温が高すぎ。
暑い暑い言うだけ暑いんですが(笑)
いやあ、今年の夏は本当に酷暑ですね。
[PR]
by tote-note | 2010-08-13 23:35 | art

オルセー美術館展へ

土曜なので
どのくらい混雑してるかわからないものの
まあ行ってみようということで、国立新美術館へ。
途中、塀の上にいる猫をけんちゃんが発見。
e0153367_1420669.jpg


e0153367_14204895.jpg

美術館のチケット売場にはさほど列はなく。
チケットはすでに持っているので
そのまま中に入ると、会場のある二階へのエスカレーターが人数規制中で
順番待ち。さらに入口前で列。
入場まで20分くらいは待ったかな?
中に入ると有名な作品の前には
30人~40人くらいの人だかり。
なかなかのすし詰め。

ナビ派のあたりは空き気味でゆっくり拝見。
私はこの展覧会の中では、ナビ派が気になってました
(「ナビ」とはヘブライ語で「預言者」を意味するそうです)。
中でもモーリス・ドニ、ピエール・ボナール。
第七章ナビ派のコーナーでは
ボナールの、猫を抱く婦人を描いた「格子柄のブラウス」や
ドニの「木々の中の行列」(にょきにょきとした木)などが面白く。

ナビ派のフェリックス・ヴァロットンの
「ボール」はこの展覧会の中で一番気に入った作品です。
木々の緑の深い影、少女の帽子、白いワンピース。
続く第八章「内面への眼差し」と題されたコーナーでは
エドゥアール・ヴュイヤールの「ベッドにて」がとても気に入りました。
特別なにもない部屋の、白いベッドで毛布に包まって眠る人。
なんということのない情景なのですが
色使いがとても好き。

有名どころではゴッホの「星降る夜」は星またたく感じで素敵でした。
モローの「オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘」は大人気で
恐ろしい絵なのですが、ご婦人方から「きれいね」という感嘆の声が聞かれ。

けんちゃんの今回のお目当てはアンリ・ルソーの作品で
後はさらっと見てたようです。
「印象派はやっぱりつまらない」といって
割と早目に離脱して会場の外(笑)。
ルソーの「蛇使いの女」は幻想の世界。
不思議な植物、あやしく光る目。
「戦争」もルソー独特の表現でした。
もしルソー展が開かれたら、見に行きたいな。

ミュージアムショップは大混雑。
この日、入場者数が30万人を超えたんだそうです。
e0153367_14424751.jpg

マン・レイ展が近々開催されるとのこと。

美術館を出て、てくてくと麻布十番商店街へ。
ランチは「もち玉」(看板の文字をもろみと読んでしまい。後で調べて店名判明)というお店で
焼き魚定食と鶏のから揚げ定食。
e0153367_14431034.jpg

お魚、おいしかったです。

e0153367_14434736.jpg

けんちゃんは古道具やさんなど
お店めぐりをしたいけれど、それぞれがちょっと離れているので
一人で行く方が効率よいと(笑。けんちゃんは歩くのが早いです)。
しばらく別行動の後、hobo(古道具)に一緒に入りました。
e0153367_14432934.jpg

木彫りの猫とかちっこい神さまとかあって
楽しいところです。

今日も蒸し暑い一日でした。
[PR]
by tote-note | 2010-07-03 23:09 | art
千葉市美術館まで出かけました。
e0153367_16453886.jpg

楽しみにしていた若冲展です。
地下の駐車場は30分待ちになっていたのでやめて
近くのパーキングにとめてちょっと付近を散策。
珈琲問屋」で、深入りの珈琲をぐびっと。
空調が良く効いてました。

e0153367_1642101.jpg

会場に入ります。
今回の展示は水墨画が多くを占めています。
若冲というとカラフルなイメージが
強いかもしれませんが
水墨画だからこそ
表現の面白さ、構図の大胆さが際立つのかも。

鶏に鶴、鯉や雀。
リアルでありつつも
奇妙なポーズ、ユーモラスな顔つき。

今回の目玉と言える2008年に発見された「象と鯨図屏風」は
北陸の旧家で長い間眠っていた作品。
この家の方が若冲の落款
(米斗翁。若冲が晩年名乗っていた号)に気づき、
MIHO MUSEUMに鑑定をお願いされたそうです。

左隻に鯨、右隻に白象
尻尾がくるくるで丸い耳
猫みたいな座り方をしている象が面白く。
目が三日月だし
なんとも不思議な姿です。

版画作品もいくつかありました。
着色作品の「鸚鵡図」はとても好きな作品で
飾りの素敵さにいつ見てもうっとりします(笑)。
インコはとさか立ってます。
キバタンかなと思ったけれど、冠毛が黄色じゃない。
タイハクオウムだと、とさかも白みたいで
これも違うような。

同時開催は浮世絵展「江戸みやげ」。
じっくり見ると1時間はかかるのでささっと。
ミュージアムショップには長蛇の列でした。

美術館前の歩道には、あじさいがいろとりどりに。
e0153367_16414963.jpg

e0153367_1646220.jpg

つぶつぶした花がかわいいなあ。
e0153367_16462649.jpg

e0153367_16464123.jpg

e0153367_16465211.jpg


与三郎の豆」店でお買いものして帰りました。
次は「MASKS-仮の面」(7月6日~8月15日)、
その次には一村さん(8月21日~9月26日)だそうで
千葉市美術館、面白い展覧会が続きますね。
[PR]
by tote-note | 2010-06-19 23:50 | art

ルーシー・リー展

国立新美術館へ「ルーシー・リー展」を見に出かけました。
チケット売場では10数名の列
開催中の「オルセー美術館展」もそのくらい。
館内一階にルーシー・リー展の入口があり
入ってみるとけっこうな数のお客さんで。

国内及び海外から集められた作品、約250点。
没後初の大規模な展覧会です。
e0153367_1022799.jpg

このポスターに使われているような
円錐形の鉢が、ルーシー・リーと言えば思い浮かぶ作品です。
口が広くてきゅっと狭くなる、
朝顔みたいな器。

ルーシーは釉薬の研究に生涯取組ました。
特にピンク釉には驚きました。
鮮やかながら、目立ち過ぎず
器全体としてしっくりきているのです。
青や黄色の発色のよさも
素晴らしく。
溶岩釉はぶくぶくとした肌が不気味に思えて
私はあまり好きではなかったですが。

好奇心と探求心できらきらした目で
作陶を楽しんでおられたのでは、と想像します。

掻き落としたところに色粘土を埋め込んだ象嵌の作品。
細い線に味があります。
その象嵌の、小さい作品がとても素敵でした。
ソルトンペッパーのセットなどの
手のひらにおさまるくらいのもの。

ウェッジウッドのジャスパーウェアの
プロトタイプを手掛けたこともあり。
しかし、商品化に至らなかったようです。
ドイツ語と化学式で、レシピが記録された「釉薬ノート」も
展示されています。

ボタンも数多く展示されていました。
個人蔵となっていましたが、三宅一生さんがお持ちのものでしょうか?
三宅一生さんはルーシーと交流があり、遺言により
600以上の陶製ボタンとその鋳型を贈られたそうです。

館内で上映されていた番組では
窯に半身突っ込んで
おっこちそうになってるシーンが。
ルーシー・シーに対して、凛としている人、というイメージがあります。
涼やかですっきりしている。かわいらしさもある。強さもある。
それは作品に通じるもの。

図録が人気だそうです。
e0153367_1061082.jpg

ハードカバーで背表紙もある
しっかりした作りです。

巡回展は
益子や萩などで行われる予定。
関西では12月11日から東洋陶磁美術館にて。

地階のミュージアムショップ「スーベニア フロム トーキョー ギャラリー」で
動かすと、うさぎが顔を洗ったりしてるように見える定規を
けんちゃんに「これは買わないと」と言われて購入(笑)。
e0153367_1063068.jpg


和片(ワッペンと読ませる)に吸い寄せられ(笑)。
e0153367_106503.jpg

たて40mm程の小さいもの。
洛中洛外図の中に登場する人物を刺繍ワッペンにしたものです。

e0153367_10769.jpg

美術館を出て、ミッドタウンに寄り道して帰りました。
ウィンドウショッピングばかりで
ものを買ってる人があまりいないような?
地階の飲食はにぎわっておりましたが。
いつもなんだか、心配してしまうのでした(笑)。
[PR]
by tote-note | 2010-05-30 23:21 | art
友だちと熊田千佳慕展に出かけました。
会場は何度か訪れたことのある伊丹市立美術館です。
e0153367_17312834.jpg

細密な虫と花の絵画。
面ではなく、線で描かれています。
面相筆で一本一本。
私は昆虫類が苦手なのですが
なんとなくかわいらしく描かれていて
虫が笑っているように見える作品もあり
見いってしまいました。
対象への愛情の深さを感じました。
それでも昆虫の種類によっては、詳しく見られず
避けて通ったり、遠巻きに見たりして、失礼しました。

美術館周辺で、スタンプラリーが行われてました。
旧石橋家住宅にもスタンプがどんな絵か、見たくて行ってみました。
e0153367_1733927.jpg

e0153367_17334189.jpg

残念ながら全部は埋められず。
e0153367_17321891.jpg


その後、某カフェにてランチを。
e0153367_17352917.jpg

このお店はいつでもお客さんがいっぱいらしいです。
友だちから、海外旅行のお土産話を聞きました。
好きな場所へ行って、ゆったり過ごして
好きなもの食べに行って。
自由な旅行は何かと大変だけど、やっぱり良いですね。
美術館とカフェめぐり、したいなあ。
お土産、どうもありがとう♪

花屋さんで衝動買いした梅花うつぎ。
e0153367_1735533.jpg

花や葉っぱの色と形が
とても好きな花です。
香りも良いです。
耐寒性、耐暑性があって丈夫らしいので
育ててみたいな。
[PR]
by tote-note | 2010-05-12 23:08 | art

根津美術館

リニューアル後、初めて根津美術館へ。
4年ぶりの光琳の燕子花図屏風の公開が
昨日から始まっております。
たっぷり描かれた杜若。
鮮やかな群青と緑青。
ふわっとしつつ重みのある、花弁の質感が素敵。
この屏風を根津美術館の創始者さんは
ご自宅の広間に飾って、来訪者に披露してたのだとか。
他の琳派の展示も拝見。

展示室4では「古代中国の青銅器」。
神さまに奉じるお酒を入れたとされる大きな青銅器には
これでもかと全体に細かく模様が入っています。
動物のモチーフが取っ手などに入ってるとこが
ユーモラス。
展示室5では「花模様の器」が並べられていました。
その他に、清朝時計の展示などもあり
いろいろと楽しめました。
e0153367_21353544.jpg

e0153367_21323651.jpg

お庭が広くて、緑がいっぱいです。
e0153367_2133066.jpg

石像や大きな石灯籠、仏像などが
あちこちに据えつけてあって
お散歩に良いです。
e0153367_21331480.jpg

茶室が4つあり(一般客は入れませんが)。
紅葉の黄緑がとてもきれい。

燕子花図屏風は毎年、GWを含む4月下旬~ら5月中旬に
展示されるそうです。
次回の展覧会は「能面の心・装束の華 物語をうつす姿」
2010年6月5日~7月4日です。
こちらも観たいな。

美術館を出て青山を散策。
e0153367_2136175.jpg

岡本太郎記念館。今回は中に入らず。

青山にあると勘違いしていて、寄り道しようと思ってた
オ・タン・ジャディス
しかも、店名を度忘れしてて、そりゃ行けませんわな(笑)。
帰宅後、改めて連れてってもらいました。
けんちゃんお疲れさまでした。
e0153367_21334115.jpg

久々に来ました。
お店のレイアウトが変わっていて
全体的に商品が少なくなってるような?
ボタンなどのちまちましたものがあまりなくて
ちょっと残念でした。
[PR]
by tote-note | 2010-04-25 23:25 | art

上野に行きましょう

等伯(東京国立博物館)は行列になってるとは
思ってましたが着いてみると
e0153367_15293748.jpg

入場まで80分待ち(笑)。
やめました。

以前から気になっていた科学博物館のミュージアムショップに
寄ってみました。
ぬいぐるみやお菓子、模型などいろいろあり。
鉱石もありました。
入口にはおおきな鯨。
e0153367_1530934.jpg


国立西洋美術館でフランク・ブラングィン展を見ることにしました。
e0153367_15303020.jpg


松方コレクションで有名な
松方幸次郎(川崎造船所初代社長)が
フランク・ブラングィンの作品を多く購入しています。
一方、ブラングィンは松方の美術品蒐集の助けたそうで。
松方のコレクションを公開するための「共楽美術館」の
建築デザインも手掛けました(実現はせず)。

当時を代表する画家として活躍していたそうですが
日本での知名度はどうでしょう?
この展覧会のチラシで作品を見て
鮮やかな色使いに興味を持ちました。
松方コレクションは
どこかの美術館で見たことあったのですが
ブラングィンの名前を憶えておらず。

初期の作品は、モノクロや押さえた色みだったのですが
スペインやアフリカなどへの旅行を経て
作品は鮮やかな色彩へと変化したそうです。
代表作「海賊バカニーア」は赤の使い方が印象的。
日差しの強さ、海賊の荒々しさ、海の青さ。

絵画の他、家具や陶器、ポスターなども制作、多才です。
フランク・ブラングィンが原画、
日本人の彫り師、刷り師が手掛けた木版画も。

続いて常設展を見て
松方コレクション(の中の一部)を見て。
大量の作品を見たので
疲れました(笑)。
e0153367_1531031.jpg

アメ横に寄り道してのち
新宿へ戻ってお買いもの。
本日はよく歩きました(笑)。
[PR]
by tote-note | 2010-03-12 23:25 | art

内藤礼展

電車に乗って鎌倉へ。
通りがかりに見つけた甘味処に入ります。
あかね」というお店。
e0153367_14343279.jpg

煮小豆ふっくら、
白玉がつるっとおいしい。
お茶もおいしかったです。

豆菓子やさんに人だかり。
軒先に鳩がとまってました。
けんちゃんが「『人が豆のようだ』と鳩が言ってる」、と(笑)。
e0153367_143654100.jpg

鶴ヶ岡八幡宮にお参り。
e0153367_14353242.jpg


神奈川県立美術館 鎌倉館で内藤礼展を見ます。
「すべての動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」
というタイトルです。
入ってすぐの展示室は真っ暗でした。
明かりがともされたガラスのショーケース、
作品が展示されているその中に
人が入りこんで作品を観る(一部の作品のみ。希望者のみ。)、という趣向があり。
裏手で靴を脱いで中に入ります。
危なくないように、係の人がペンライトで照らしてくれてます。

展示されていたのは
《地上はどんなところだったか》という作品群。
細かい模様のプリント地に
クリスマスの飾りに使うようなライトがのせられています。
ふわっと丸めたリボンが添えてあったり
ガラスの瓶が置いてあったり。
風船が浮かんでいて
気がつくかどうかというくらいの小さい透明なボールが吊ってあって。

繊細で、とても女性っぽいように思いました。
旧いつくりの美術館に似合ってるような気がしました。

《精霊》という作品が
吹き抜けになっている中庭に展示されていました。
風に揺れてはためくリボン状の長いもの。
空の色、雲の動き、風の強さ。
そのときどきに変化する。
頼りなく、力強く。

壁にこっそりはめ込まれたボタン
うかぶのは微笑み。

作品数は少なかったですが
楽しみました。
ノスタルジックで
童話っぽくもあり
何かへの祈りのようでありました。

豊島屋で鳩サブレをお土産に。
通りがかった味のあるお菓子やさんをパチリ。
e0153367_1436822.jpg

駅前では鎌倉カスターも忘れず買って(笑)。
電車でごとごと、
鎌倉小旅行でした。
[PR]
by tote-note | 2009-12-21 23:29 | art

江戸園芸花尽くし

太田記念美術館にて。
浮世絵から江戸園芸文化を探る初めての試み。
e0153367_17211116.jpg

入口でスリッパに履き替えての入館です。
地階、一階、二階と思った以上に点数が多い。

花木の行商人から買うか、あるいは
寺社への参拝の折、市に並ぶ露店で買い、
庭や部屋を飾って楽しんでいたようです。

ジョウロで水をやる図や
鉢を選ぶ様子などあり。
当時人気のあった歌舞伎役者に
花木売りの格好をさせた絵もあり。

こども向けに描かれた
今で言う図鑑のような花の一覧図が数種類。
名前と花が一致するか、クイズにするのも楽しいですね。

国芳の「百種接分菊」は駒込の植木屋さんによる言わば見世物で、
1本の菊の苗につぎ木をし、100種の異なる菊の花を咲かせた様子が
描かれています。
花それぞれに名前の書かかれた短冊がつけられており。
一本に100も咲くものかなと思って
net で調べてみたら、
はままつフラワーパークで再現されてました。
びっくりです。

江戸の園芸といえば変化朝顔。
サボテンの絵も多くみられました。
バラの鉢植えもあったんですね。
お花見の名所、
大店の植木やさんの様子
着物の柄としての花。

描かれた植木鉢と似た現物の展示もありました。
江戸時代末期に作られたものだそうです。
藍以上に鮮やかな瑠璃釉の鉢がありました。
スタイリッシュでモダンなデザイン。
今は作られてないのだろうか?
レプリカでよいので欲しいなあ。

キャプションには、それぞれの作品に描かれた花の名前が
書かれてましたが、どれがどれかわからない人も多いのでは?

浮世絵を見るたびに、
なぜ美人はみな同じ瓜実顔なのか?と思います。
パーツが真中によってるし(笑)。
その美人の定義が、どこを境に変わったのか?
不思議です。
[PR]
by tote-note | 2009-11-10 23:19 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30