カテゴリ:ギャラリー( 31 )

タンバリンギャラリーで開催されている
大野まみさんの個展「DRAWING」へ。

e0153367_17305748.jpg

大野まみさんは、ファッション雑誌などの素材に、
指で直接描かかれています。

e0153367_17340086.jpg

e0153367_17351523.jpg

e0153367_17353320.jpg

大野さんは、書籍や雑誌などで活躍されている
イラストレーター。
この描き方での作品は、
公の場には発表されてこなかったそうで。
作品を初めて公開されているとのことです。

e0153367_17355279.jpg

e0153367_17361432.jpg

e0153367_17355279.jpg


何か、想いとか情熱とか
あふれたりしてるのかと思えば
そうではなく、淡々と描かれているそうで。
めくるめく色彩。
拝見していると
描きたくなる、塗りたくなる。
そんな衝動に駆られました。

★大野まみ「DRAWING」展
2017年2月21日~26日
タンバリンギャラリー→


[PR]
by tote-note | 2017-02-25 23:07 | ギャラリー | Comments(0)
タンバリンギャラリーで開催されている「春のカド グループ展6」へ。

e0153367_15574356.jpg

e0153367_15580739.jpg

「春のカド」というのは、
美術作家の船戸厚志さんと内田百合香さんの企画による美術展のこと。
本展では、6名のアーティストさんたちの作品が展示されています。

その中でナガバサヨさんの作品をご紹介。

e0153367_16013908.jpg

e0153367_16020190.jpg

e0153367_16021955.jpg

e0153367_16023630.jpg


e0153367_16025316.jpg

色合いとか、モチーフとか
紙の質感、インクがのってる感じ。
とても好きな世界です。
ラフな展示のされ方も良いなあ。
ナガバサヨさんは1982年生まれの美術家。
2014年に開かれた個展(Nidi gallery)の様子はこちら→■

★春のカド グループ展6
2017年2月14日~19日
タンバリンギャラリー→



[PR]
by tote-note | 2017-02-19 23:01 | ギャラリー | Comments(0)
e0153367_12284069.jpg

谷口弘樹さんの個展「儘花」に伺いました。
会場は二か所、まずギャラリーハウスMAYAへ。
鮮やかな色彩の花の作品が並んでいます。

e0153367_12285736.jpg

谷口さんは、イラストレーションやグラフィックデザインを中心に
幅広く活動されています。
長野オリンピックプログラムや
ヨックモックの缶のビジュアルなど、ご担当されています。

e0153367_12291823.jpg


e0153367_12293487.jpg


今回の展示では、額サイズ300×300mm
マットの窓サイズ150×150mmに統一。
作品は顔彩で描かれ、部分的にパステルや色鉛筆などが使われているそうです。
美しい色に魅入られました。

続いてMAYA2へ。
GALLERY HOUSE MAYAの真後ろにあります。

e0153367_12440947.jpg


e0153367_12443072.jpg


e0153367_12454173.jpg

会場の雰囲気、照明の当たり方、壁面の色などで
作品の印象は変わるものですね。
こちらの展示で拝見した作品には、すごみを感じました。

★谷口さんのサイト→

★谷口広樹展「儘花 -mama-hana-」
2017年1月16日〜1月28日
ギャラリーハウスMAYAとMAYA2 




[PR]
by tote-note | 2017-01-28 23:23 | ギャラリー | Comments(0)
タンバリンギャラリーで開催中の「FANTASTIC DAYS 2016」へ。
タンバリンに描かれた作品が展示される展覧会です。
七年めの今回は、105名の作家さんがご参加。

e0153367_11070187.jpg

DMや告知に使われたイラストレーション。
鍵元涼さんの作品です。
クールで、スマート。寂寥感も感じます。
鍵本さんのサイトはこちら→

e0153367_11402290.jpg


e0153367_11173804.jpg


e0153367_11404415.jpg

個性的で魅力的な105個のタンバリン。
ギャラリーの壁面にずらりと。

e0153367_11182517.jpg

ペイントに限らず、
立体、刺繍、コラージュなど、技法は多種多様。


e0153367_11223589.jpg

水沢そらさんの作品


e0153367_11230930.jpg

鈴木紗穂さんの作品


e0153367_11234465.jpg

山福朱実さんの作品


e0153367_11241630.jpg

谷口シロウさんの作品


e0153367_11251647.jpg

若林夏さんの作品


e0153367_11255179.jpg

森田MiWさんの作品

今回のタンバリンの中で
私が一番心惹かれた作品です。



タンバリンギャラリーさんでは、今年最後の展覧会ですね。
けんちゃんともども、こちらには足繫くお邪魔しまして
(けんちゃんの方が私よりずっと数多く)、
様々な作品を楽しませて頂きました。
ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。


★Tambourin Gallery Presents
 FANTASTIC DAYS 2016
2016年12月13日~12月23日
タンバリンギャラリー→■


人気ブログランキングへ


[PR]
by tote-note | 2016-12-17 23:02 | ギャラリー | Comments(0)
HB Galleryで開催されている
なかむら葉子さんの個展「和の庭」に伺いました。
なかむらさんは、大分県在住のイラストレーターさん。
今回の個展では植物をモチーフとして、具象と抽象の作品を。
デジタル作品と布地に描かれた作品があります。

e0153367_00273952.jpg


e0153367_00280485.jpg
画面の構成とか切り取り方とかシャープで
すっきりしていて、素敵です。


e0153367_00295448.jpg
こちらは布地に描かれた作品群

e0153367_00283122.jpg
布地のシリーズでは、部分的に刺繍が施されています。
なかむら葉子さんのサインである、小さな「y」も刺繍で。

e0153367_00285707.jpg


e0153367_00422513.jpg
デジタル作品。
シックな色使いですね。

e0153367_00412213.jpg
少し奇妙さもあって、不思議な風景。


e0153367_00265693.jpg
オリジナルブランドの雑貨の販売もされていました。
コースター、カレンダー、ポストカードなど。



★なかむら葉子個展「和の庭」
2016年9月30日~10月5日
HB Gallery →


人気ブログランキングへ


[PR]
by tote-note | 2016-10-02 23:24 | ギャラリー | Comments(0)
MAHO KUBOTA GALLERYを出て、ギャラリーを二軒覗いたあと、
ギャラリーハウスMAYAで開催中のチユキクレアさんの個展へ。
「明治・大正・昭和の情景」と題されています。

e0153367_19161629.jpg
紙に墨や顔彩で描かれているそうです。

e0153367_19160212.jpg
並んだ履物がかわいいですね。

e0153367_19154524.jpg


e0153367_19172381.jpg
右の作品に描かれているのは、サロンドライヤーと呼ばれるもの?
子どもの頃、うちには家庭用のがありました。

e0153367_19153039.jpg
明治、大正、昭和。
それぞれの時代服装や小物、食べ物など。
人々の暮らしが丁寧に描かれています。

e0153367_19252665.jpg


e0153367_19271571.jpg


e0153367_19264018.jpg
時代小説の装画を数多く手掛けておられます。
チユキクレアさんの作品が表紙を飾っている本を読まれた方も多いのでは?
帯に「今、最も『読ませる』時代小説」と書かれている、
「山吹の炎」が気になるなあ。



★チユキクレアさんのサイト→

★チユキクレア個展「明治・大正・昭和の情景」
2016年9月12日~9月17日
ギャラリーハウスMAYA→



[PR]
by tote-note | 2016-09-17 23:10 | ギャラリー | Comments(0)
今日は、けんちゃんとあちらへこちらへ、
ギャラリー巡りをします。
最初に、MAHO KUBOTA GALLERYに伺いました。

「TOKYO-LONDON-NEWYORK」と題された
AKI INOMATAさん、古武家賢太郎さん、ブライアン・アルフレッドさんによる
グループ展が開催されています。

e0153367_13540663.jpg



e0153367_13543805.jpg
ライアン・アルフレッドさんの作品

エドワード・ホッパー、チャールズ・シーラーなどから影響を受けたそうです。
映像、ペインティング、コラージュと様々な技法で制作活動されています。
★作品一覧(MAHO KUBOTA GALLERY)



AKI INOMATAさんは東京を 、古武家賢太郎さんはロンドンを、
そしてブライアン・アルフレッドさんはニューヨークを
ホームグラウンドとされています。


e0153367_13583462.jpg


e0153367_13584895.jpg
AKI INOMATAさんの作品

SDプリンターを使って制作されています。
こちらは、ヤドカリのお宿なのだそうです。

★AKI INOMATAさんのサイトにて
この作品について詳しく。→



e0153367_14080701.jpg


e0153367_14083762.jpg


e0153367_14091144.jpg
古武家賢太郎さんの作品

この作品は木の板に色鉛筆で描かれているそうです。
(上の二点は紙に鉛筆)
独特で不思議。幻想的です。

★古武家賢太郎さんのサイト→
★作品一覧(MAHO KUBOTA GALLERY)
「Letters」のシリーズ、見てみたいな。



★AKI INOMATA、古武家賢太郎、ブライアン・アルフレッド
《TOKYO-LONDON-NEWYORK》
2016年9月1日 ~ 2016年10月8日
MAHO KUBOTA GALLERY→





[PR]
by tote-note | 2016-09-17 23:00 | ギャラリー | Comments(0)
タンバリンギャラリーで開催中の寺門朋代さんの個展
「骨ボーン」に伺いました。
骨から連想されるのは死とか恐れとか。
オカルトな感じだったり、博物学的なものだったり?
寺門さんの作品は、そういったイメージとは違っていて
とても繊細でカラフルで。白を基調としていて、明るい画面です。

e0153367_13160149.jpg
e0153367_13155102.jpg

美しい色の線と細かな模様。

e0153367_13154011.jpg
こちらはあの、めったに動かない鳥かな?

e0153367_13163588.jpg
e0153367_13162462.jpg
e0153367_13161136.jpg
入口のドアの上にも作品が。

e0153367_13261917.jpg
紙に白で地模様が描かれています。

e0153367_13280127.jpg
会場の奥、壁一面に大きな作品が展示されていました。

e0153367_13582614.jpg
e0153367_13291846.jpg
部分、拡大。
顔みたいな模様を見つけました。

e0153367_13310230.jpg
部分、拡大。
形や色、模様の描き方。
独創的ですね。

e0153367_13330502.jpg
タイトルは「骨一本」。
すごく心惹かれた一点です。
ラフな展示のされ方も素敵ですね。

寺門朋代さんの作品は繊細だけど、息詰めるようではなくて。
ほんのりユーモラスで温かさがあって。
死というよりも生を描いてるのかなと思いました。



★寺門朋代さんのサイト→

★寺門朋代「骨ボーン」 
2016年9月13日~9月17日
タンバリンギャラリー→



[PR]
by tote-note | 2016-09-14 23:59 | ギャラリー | Comments(0)
けんちゃんとギャラリー巡りを。
最初に、SEZON ART GALLERYに伺いました。
現在、グループ展「想像の構築と制限」を開催中です。

1階の会場から、Aaron Wexlerさんの作品。
e0153367_19370642.jpg


鬼頭健吾さんの作品。
e0153367_19364891.jpg
地下2階の会場から。
奥にフランシス真悟さんの作品、
右の壁には鬼頭健吾さんの作品、
左の壁には篠田太郎さんの作品。
e0153367_19374235.jpg
Aaron Wexlerさんの作品。
コラージュの技法を使われています。
色使いとか形とか構成とか、とても心惹かれました。
e0153367_19373114.jpg
e0153367_19371922.jpg
★想像の構築と制限
フランシス真悟、鬼頭健吾、篠田太郎、Aaron Wexlerによるグループ展
開催中~2016年9月4日まで
SEZON ART GALLERY 1F,B2F→

続いて、ギャラリーショップ「ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ」へ。
e0153367_19380694.jpg
e0153367_19382427.jpg
展示スペースでは福井紀子さんの個展が開れていました。
今回は水彩画の作品が並びます。
軽やかで個性的なライン。
e0153367_19391121.jpg
色使いもとても素敵でした
(画像では伝わりにくくて、申し訳ないです)。
e0153367_19384613.jpg
★福井紀子展
開催中~2016年8月7日まで
ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ→

最後にHB GALLERYへ。
ファイルコンペで藤枝リュウジ賞を受賞された
正一さんの個展「hama」を開催中。
様々な技法を使った版画の作品が展示されています。
e0153367_19394018.jpg
e0153367_19395309.jpg
今回の個展のテーマは海。
「hama」は浜なんですね。
e0153367_19400441.jpg
小学校の頃の夏休みを思い出すような
e0153367_19402295.jpg

ちょっとお茶目なお化け、海の生き物、こども。
インク(絵具?)の色、紙の質感に懐かしさを感じる作品展でした。

★藤枝リュウジ賞 正一個展「hama」
開催中~2016年8月10日まで
HB Gallery→



[PR]
by tote-note | 2016-08-06 23:16 | ギャラリー | Comments(0)
HB Galleryでのコンペで仲條正義賞を受賞された、
藤岡詩織さんの個展「ノスタルジア」に伺いました。
e0153367_010747.jpg

e0153367_010371.jpg

いつかどこかで見た風景のような、懐かしさを感じるような。
e0153367_0143924.jpg

e0153367_015863.jpg

ひと気がない画面に
寂しさばかりでなく、暖かさを感じます。
e0153367_0165845.jpg

e0153367_0175532.jpg

移り変わった町並み、消えた建物、その思い出。
作品の中で、ずっと存在しているのですね。

●藤岡詩織さんのtwitter→

★仲條正義賞 藤岡詩織個展「ノスタルジア」
2016年7月29日~8月3日
HB Gallery →



[PR]
by tote-note | 2016-07-31 23:03 | ギャラリー | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30