「宇宙と芸術展」は、とても楽しかった~その2

e0153367_15180139.jpg

この展示、ぞくぞくしますね。


e0153367_15200998.jpg

《1803、虚船/常陸地方で見つけられた未確認飛行物体》ローラン・グロッソ


e0153367_15221489.jpg

テラコッタの虚船

江戸時代、常陸国の海岸に謎の物体と女性が漂着したという伝説
「うつろ舟奇談」が元になっているそうで。
本当か嘘か、もともとの話に尾ひれついたのか
わかりませんが、こういうお話は面白いです。


e0153367_15242485.jpg

《縄文時代の司祭》ローラン・グロッソ

この人がなぜかとても怖くて。
仮面と顔の境目あたりを見てると、ぞくっとしました。
けれど、とても好きな世界(笑)。


e0153367_15402435.jpg

「うつろ舟奇談」の資料


e0153367_15360344.jpg


e0153367_15362274.jpg

荒俣宏さんのSF雑誌コレクションより


e0153367_15363861.jpg



e0153367_15413700.jpg

《ロシアの宇宙服「SOKOL KV2」とソユーズロケットの座席「KAZBEK」》ヴァンサン・フルニエ


e0153367_15512697.jpg

《ザ・クローラー》トム・サックス


e0153367_15524832.jpg


e0153367_15530474.jpg


《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていくーLight in Space》チームラボ

宇宙空間を、八咫烏が高速で飛びまわります。
目で追っていると不思議な浮遊感を感じます。
次々と変わる景色。鮮やかな色。そして花が開く。
4分20秒のインスタレーション。



幅広い展示で、とても面白く次は何かな?と
興味が途切れることがなく。
撮影がOKの展示については、どこから撮るのが良いかなと
いろんなアングルから見ることになり
それによって、展示物への興味を深めたように思います。
SFが好き、不思議なものの伝承話が好き、ということもあって
(ですが、詳しいわけではありません)、面白い展覧会でした。
トム・サックスとローラン・グロッソの作品は
もっといろいろ見てみたいな。

★宇宙と芸術展
2016年7月30日~2017年1月9日
森美術館→
特設サイト→


人気ブログランキングへ



[PR]
by tote-note | 2016-12-11 23:47 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31