「宇宙と芸術展」は、とても楽しかった~その1

e0153367_14041499.jpg


森美術館で開催中の「宇宙と芸術展」へ出かけました。
※この展覧会では、一部が撮影がOKでした。

「人は宇宙をどう見てきたか?」、「宇宙という時空間」、「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」、
「宇宙旅行と人間の未来」の4つのセクションで構成されています。
絵画・立体・映像などの美術作品、科学や宗教の資料など幅広く展示。

最初の展示室では曼荼羅が展示されていました(撮影不可)。
マンダラはサンスクリット語で「まるいもの」の意味を持つそうで。
マンダは「本質」、ラは「有する」という意味だという説も。
仏様の世界の図、そして依り代。
江戸時代に作られた望遠鏡で見た月面の図や
隕石で作られたという刀も展示されていました。
この部屋だけでも、かなりの見応え。
まだまだ展示が続きます。

e0153367_14221526.jpg


e0153367_14223009.jpg

《過去についてのスタディ》(シリーズ)ローラン・グラッソ


e0153367_14162663.jpg


e0153367_14164090.jpg

《ブラックホール(M-領域)》ビョーン・ダーレム


e0153367_14180163.jpg

《エキピロティック ストリング II》森 万里子



e0153367_14201535.jpg

《タイムピース》コンラッド・ショウクロス


e0153367_14283139.jpg

《プラネタリー・ツリー》ビョーン・ダーレム


e0153367_14311399.jpg

《無題》ジア・アイリ



森美術館では他の美術館に先駆け、撮影をOKにしてきました。
美術館自身の宣伝より、身近な人の発信の方に力があると考えているそうで。
実際に、SNSで知って来館したというお客さんが4割を占めているとのこと。
SNSにアップするということが、美術展の楽しみ方のひとつになってきていますね。





[PR]
by tote-note | 2016-12-11 23:02 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30