本日のお出かけ②~国立新美術館、サントリー美術館、そして晩ごはん

e0153367_10411440.jpg

国立新美術館で開催されている「ここから-アート・デザイン・障害を考える3日間-」へ。
障害者とアート、デザインの未来をめぐる展覧会です。
会場は、「ここからはじめるArt」「ここからつながるDesign」
「ここからひろがるLife」の3つのパートに分かれていました。


e0153367_10474281.jpg


e0153367_10472951.jpg

最先端のスポーツ用の義足は高性能でとても美しいデザイン。
東京でのオリンピックでは、更に進歩しているのでしょうね。

会場には車いすに試乗できるスペースもありました。
障害のあるみなさんのため、様々なプロダクトが開発され、デザインされています。
さらに進化したものを、使い勝手の良いものを、そして美しいものを。

★ここから -アート・デザイン・障害を考える3日間-
2016年10月21日(金)~10月23日(日)
国立新美術館 企画室展示室2E→


e0153367_11032649.jpg

次に、サントリー美術館で開催中の「鈴木其一展 江戸琳派の旗手」へ。
鈴木其一は酒井抱一の一番弟子。
この「朝顔図屏風」で知られていますね。
美しい色彩、強烈なほど。
優れた描写力、大胆な構成力。
華麗なのですが、どこかに毒を含んでいるように思います。

江戸琳派の旗手と呼ばれていますね。
琳派については、美術史家の山下裕二さんが「琳派は、狩野派のように血縁や師弟関係ではなく、
まあ、いってみれば『勝手にマイブーム』になった人が継承してきたものなんです」と、
おっしゃっています。

大変な人気で会場は混雑していましたが
なるべくスムーズにみられるように、要領よく会場内を移動(笑)。
作品を楽しむことができました。

★鈴木其一 江戸琳派の旗手
2016年9月10日(土)~10月30日(日)
サントリー美術館→

e0153367_14171595.jpg

六本木ヒルズや森美術館などでは「六本木アートナイト2016」を
開催中(10月21日~23日)で。
名和晃平さん、西畠清順さん、デイジーバルーン(バルーンで作品を制作されているユニット)が
各所でインスタレーションを公開されていました。


いろいろと見ているうちに、夕食時となりまして。
けんちゃんが見つけておいてくれたお店「蒼龍唐玉堂」へ。

e0153367_14283091.jpg


e0153367_14261437.jpg


担々麺が評判のお店です。
けんちゃんは一番辛い「無頼漢坦々麺」を。

e0153367_14325166.jpg


全面に唐辛子(笑)。
でも、けんちゃんは「それほど辛くないよ(笑)」と。

e0153367_14340989.jpg


私は白ごま担々麵を。辛さは控えめ?
コクがあって、おいしかったです。
ごちそうさまでした。
餃子とか炒飯とかも、おいしそうでした(笑)。





[PR]
by tote-note | 2016-10-22 23:45 | おでかけ

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30