秋の飛騨高山旅行・二日め~その2 飛騨の里と飛騨古川

高山駅から車で約10分の「飛騨の里 」へ。
飛騨地方の古い民家が移築され
昔の農山村の集落が再現されています。

e0153367_22100668.jpg

色づき始めた木々の葉とススキ。

e0153367_22102025.jpg

e0153367_22111933.jpg

広い敷地に30数軒の民家が点在していて
散策するのに、良い場所です。
静かで、鳥の声や葉が落ちる音などが聞こえます。

e0153367_22175428.jpg

e0153367_22201546.jpg

キク科らしき、小さな花が咲いていました。

e0153367_22213110.jpg

この建物は神社さん。
何もないがらんとした空間にお賽銭箱。
神様はおられないような。

e0153367_22224203.jpg

お池には鯉と鴨と白鳥。
母が売られていた鯉のエサを白鳥にあげて、騒いでいました(笑)。
思った以上に、ゆっくり楽しめる素敵なところでした。


まだ時間に余裕があるので、リンゴを買いに行こうということになり。
飛騨のリンゴの産地の方へ。
見つけたのは、飛騨リンゴの直販所。

e0153367_22275525.jpg

黒内果樹園さんです。
シャッターが半分下りていたので
どうかなと思って覗いてみたら、販売コーナーに人がおられて
奥はリンゴの箱詰めなどの広い作業場でした。
数種類のリンゴ、お味見させて頂いて
産直のおいしそうなリンゴを買うことができました。


さらに寄り道。
「特選館あじか」に行って、それから道の駅「飛騨古川いぶし」へ。

e0153367_22342824.jpg


秋の山里の風景。

そこから車でちょっと走ると、本日のお宿に到着です。
チェックインします。

e0153367_22512956.jpg

瀬戸川沿いに立っています。

e0153367_22525141.jpg

この部屋の壁はこんな明るい色でした。

e0153367_22531787.jpg

茶香炉がよい香りです。
夕食までまだ時間があるので、飛騨古川を少し散策。

e0153367_22403231.jpg

お宿の窓から見えていた円光寺さん。
立派な本堂です。

e0153367_22435522.jpg

瀬戸川には鯉がたくさん。まるまるとしています。
冬場(12月上旬~翌年3月末)は、この川が流雪溝となるので
鯉は近くの池にお引越しするのだそうです。

e0153367_22480072.jpg

白壁の土蔵には高山祭の屋台が納められています。

e0153367_22490502.jpg

ろうそく屋さんの屋根にはへちまが。
びっくりするほど大きくて立派。

そろそろお宿に戻って、お風呂です。



人気ブログランキングへ



[PR]
by tote-note | 2016-10-13 23:30 | 旅行 | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31