「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」内覧会へ~2

※会場内での写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

e0153367_10192202.jpg
左奥
衣裳人形 男性
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

衣裳人形 女性
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

左手前
屋根舟の模型
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

商家模型
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_10212177.jpg
燗銅壺
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

右奥
おろし金
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
©Museum Fünf Kontinente

右手前
銅製卵焼鍋
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_10253687.jpg
寄木象嵌漆塗盆
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

手前、左から
木材見本
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
©Museum Fünf Kontinente

卵形独楽
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
©Museum Fünf Kontinente

卵形入れ子合子
ミュンヘン五大陸博物館蔵
©Museum Fünf Kontinente


木材見本(ミュンヘン五大陸博物館蔵)は、クリ、イチョウなどの六種類。
表面に貼られたラベルや書き文字。古い紙ものが好きなので堪りません(笑)。
卵形入れ子合子(ミュンヘン五大陸博物館蔵)は、入れ子になっていて
最後の一個はとても小さいです。

e0153367_10562796.jpg
やくしゃ
ミュンヘン五大陸博物館蔵
川原慶賀筆
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

手前
漁鯨之図
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_10594237.jpg
手前
魚型蓋物(鰹)
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

左奥
牡丹蒔絵蠅帳
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

右奥
船形漆塗弁当箱
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

鰹の形の蓋物、丸みのある身体が魚らしいです。
ぱかっと蓋が開くのが楽しいですね。
この中には鰹のお造りを盛ったのでしょうか?
船の形のお弁当箱も凝っています。

e0153367_11051718.jpg

左奥
松竹梅鷹蒔絵丸盆
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

右奥
長春唐草立葵紋蒔絵飯器
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
©Museum Fünf Kontinente

右手前
節句蒔絵酒器
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_11061134.jpg
e0153367_11063202.jpg

e0153367_11065560.jpg
色絵龍形双耳竹亀甲青海波文瓶
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
平戸焼(三川内)
©Museum Fünf Kontinente

左手前
染付光格天皇菊紋蘭文椀
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
有田焼
©Museum Fünf Kontinente

右手前
染付さび絵鷲形掛花生
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代末期
平戸焼(三川内)
©Museum Fünf Kontinente


e0153367_11083571.jpg
左奥
漆塗雲鶴竹鶏松鶴文染付蛸唐草文蓋付壺
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
有田焼
©Museum Fünf Kontinente

左手前
緑釉龍文小皿
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
珉平焼
©Museum Fünf Kontinente

右手前
色絵白菊食籠
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
吉向焼 印章「十三軒」
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_11130294.jpg
騎馬人物香炉
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

手前
龍筆架
ミュンヘン五大陸博物館蔵
1861年
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_11150710.jpg
手前の大きな地図
武蔵國全図
ミュンヘン五大陸博物館蔵
菊池脩蔵著 橋本玉蘭斎画図 
1856年
©Museum Fünf Kontinente

e0153367_11154410.jpg
金譜 全
ミュンヘン五大陸博物館蔵
福園主人著
©Museum Fünf Kontinente

手前
石灰町踊行烈
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente


今回の展示物の中にある、川原慶賀が当時の人物を職業別に描いた
「人物画帳」(ミュンヘン五大陸博物館所蔵)は、実物展示では開いてあるページの
1人の人物画しか見ることができないのですが、タッチパネルで人物画像全頁(109人)が
展示されていて、自由に見られてとても面白いです。
その「人物画帳」が副館長の小林淳一さんの編集によって出版されています。
「江戸時代人物画帳 シーボルトのお抱え絵師・川原慶賀が描いた庶民の姿」→

e0153367_11164256.jpg
毛植人形
猿、兎、犬、羊、虎
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代後期
©Museum Fünf Kontinente

右奥
花文堆錦貼印籠
ミュンヘン五大陸博物館蔵
江戸時代
©Museum Fünf Kontinente


毛植人形(ミュンヘン五大陸博物館蔵)というのは、
羽毛や絹糸を使って毛並みを表した人形です。
みんなかわいいのですが、私のお気に入りは虎です。
その虎の大きさは縦5.5×横3.0×高さ5.5(㎝)。

現代の私たちが使っている日用品が、いつか民俗学の博物館などで展示され、
未来の人が見るんでしょうね。
博物館はバーチャルなものになっているのかな?もっと進んだものに?
未来がどうなっているのか、見ることは叶わないのですが。
もしかして、自分の持ち物がそんな形で残っていたりしたら
面白いなあと思ったりします。
そんなことも考えながら
様々な収集品を興味深く、楽しく拝見しました。

e0153367_11370369.jpg
公式図録兼書籍「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」
監修:国立歴史民俗博物館 青幻舎刊
全261頁でヴォリュームたっぷり。
図録としても、書物としても楽しめます。
思いがけず特別に、副館長の小林淳一さんのご厚意により
この図録を頂戴致しました(参加のみなさんそれぞれに)。
ありがとうございました。

絵画、彫刻などの作品。陶芸、漆芸などの工芸品。
おもちゃや日用品。様々な地図。
博物学、植物学、民俗学、日本史。
盛りだくさんの今回の展覧会、多くの方々に楽しんで頂きたいと思います。

「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」公式HP→

★特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」
2016年9月13日~11月6日
江戸東京博物館→


[PR]
by tote-note | 2016-09-14 23:42 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30