「シンゴジラ」は恐ろしい

e0153367_21583025.jpg
今日は、けんちゃんと「シンゴジラ」を観ました。
公開は7月29日でしたね。
「シンゴジラ」は公開前のだいぶ前から
けんちゃんが観たいと行ってました。
夏休みのシネコン、夜遅め。
席は60%くらい埋まってる状態で
(他にお子さん向けの映画が目白押しだったこともあり)。
前日の予約で、良い席で見ることができました。

私は庵野さんのファンではありますが
エヴァについて全く詳しくなく。
ゴジラやガメラなどの怪獣映画を
ちゃんと見たこともなく。
ほとんど下地なく、予習なく、この映画を観ました。

※以下、ネタバレを含みます。
e0153367_21590230.jpg
「シンゴジラ」は、怪獣が出てくる映画ですが
とても現実的です。
ゴジラというなんだかわからない巨大な生物に対して
宇宙からヒーローが助けに来てくれることはなく
超能力のある人が解決してくれることもなく
人間がなんとかしなくてはならなくて。
この世の中にあるものを使って、人間の英知でもって。
大変な危機が訪れたときに、日本はどうするのか?
そして、そのとき世界は?

国政に関わる人たちの中で
役に立つ人、立たない人。
刻一刻と変わる(悪化する)状況におっつかない。
個々が、自分で判断して、切り抜けていかねばならないときに
ああだこうだと言うものの
責任を取りたくない人たちがいる。
的はずれな意見ばかりいう人がいる。
そんな様子が克明に描かれています。
「ああ、これはダメだ」と
映画の画面を見ながら、つぶやいてしまいます。

ゴジラ=大災害なのだと思います。
それも未曾有の。
あの大震災、その後の日本。
オーバーラップします。

見慣れた街が破壊されていく映像は怖い。
どこにも逃げ場がないのは恐ろしい。

ゴジラに対して、特別なチームが作られます。
個性的で様々な能力を持つ、行動力のある人たち。
その人たちによって、絶望の暗闇に光が。
そして、、、。

ゴジラは恐ろしいのですが
かわいそうにも思います。
なぜ現れたのか?
何をしたかったのか?
そもそも、ゴジラとは何なのか?

私の話はこのへんで。
ぜひぜひ、この映画を
映画館で見て頂きたいと思います。
恐ろしい、面白い、素晴らしいこの映画を。

e0153367_09104361.jpg
映画館で販売されていたゴジラのフィギュア。現品限りでした。
気になったものの、買わなかったです(笑)。
もっとしっぽは長いからなあ。

ストーリーについて、登場人物のキャラクターについて
ゴジラ自体について、
いろんな方々がSNSなどで語っていて。
制作された方々や、出演された方々のお話とか
シンゴジラ関連記事が山のようにあって。
毎日増えていっています。

例えば、twitterだと
#平和なシン・ゴジラ
#巨災対の日常
#細かすぎて伝わらないシン・ゴジラの好きなところ選手権
を、チェックするのが楽しいです。嵌ってますね(笑)。

「シンゴジラ」の話をしたくなりますね(笑)。
例えば、あの俳優さんはどこに出ていたか(出演されたキャスト数が
300人を超えます)?とか、「シン」の意味は?とか。

もう一度、映画館で見ようかなと
けんちゃんが言っています。
実際、何度も見ている方も多いようです。
このゴジラはシリーズ化されるのでしょうか?
庵野さん、作って欲しいなあ。見たいなあ。

★「シンゴジラ」公式サイト→



[PR]
by tote-note | 2016-08-15 23:00 | 映画 | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31