週末の街歩き~「郊外少年 / suburban boy」

2016年3月にオープンした久保田真帆さんのギャラリー
「MAHO KUBOTA GALLERY」へ、けんちゃんと伺いました。
e0153367_23551223.jpg

現在、富田直樹さんの個展「郊外少年 / suburban boy」を開催中です。
e0153367_23562075.jpg

富田さんは1983年生まれのぺインター。
写真を元に、身の回りの情景や物などを描いておられます。

「Snowy Morning」 
e0153367_0087.jpg

ほとんど下絵なしに、ダイレクトに絵具を塗られているのだとか?
会場に入ったときに、油絵具の匂いが強くしました。
開催直前に仕上がった作品があるためだそうです。

e0153367_004037.jpg

「目に見えるものだけを描いて、見えないものの存在を感じさせたい」と
富田さんがおっしゃっているそうです。
★東京オペラシティ(2015年、アートギャラリーProject N 枠にて個展)さんの記事→

e0153367_065949.jpg

大きく描かれた指輪。
このように分厚く塗られています。
e0153367_073585.jpg

風景やこの指輪の作品には
喪失感が漂っているように思います。
しかし明るい画面ですね。光が強いです。

「No Job」と題されたシリーズ。
e0153367_0115742.jpg

0号のキャンパスに描かれたフリーターの方たち。
富田さんは、『フリーター』について
「私は無とも呼べるこの状態を新しく何かが始まる可能性や
希望として捉えています」と、おっしゃっているそうです。
e0153367_0145491.jpg

e0153367_015528.jpg

インパクトの強い、胸に残る作品展でした。

★富田直樹「郊外少年 / suburban boy」
2016年5月10日~ 2016年6月11日
MAHO KUBOTA GALLERY→


人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by at 2016-06-16 02:05 x
絵を見ていたらギャラリーオーナーさんが出てこられて、この絵よいですね~ 写実でこういう絵の具の置き方する人は初めて見ました、素敵です などと話をしているうちに、オーナーさんは谷中の銭湯改装ギャラリーとして有名なスカイ・ザ・バスハウスでお仕事をされていたと分かり。去年バスハウスに名和さんの個展に行った時の話をきっかけに色々と話題が広がり、そのうちとてもご近所さんだと判明して、地域の話題でまた盛り上がり(笑)

富田さんの絵をもう一度見たくて最終日にうかがったらまたオーナーさんと話す機会があり、次回の展覧会の案内を、直接ポストに入れておきますね~と(笑)
Commented by とて at 2016-06-20 17:53 x
地元話は盛り上がりますね(笑)。
次回の展覧会も楽しみです。
スカイ・ザ・バスハウス、今展示されている
作家さんの作品、きれいな色でしたね。
by tote-note | 2016-05-14 23:01 | art | Comments(2)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31