鴻池朋子展「根源的暴力」その2

ご自分のことを『美術の外へ、まるで文明から山という野生へ
還ろうとする一匹の動物のようです』と、鴻池さんがおっしゃっています。
e0153367_2058233.jpg

「風が語った昔話」(H238cm×W220cm×D3cm)
雪が溶けて水になり。
e0153367_2059482.jpg

この作品の生き物には、かわいさを感じます。
狐が熊になり、そして狼となり人となり。
e0153367_20591919.jpg

太陽と満ちゆく月で終わります。

「白無垢」(H430cm×W216cm)
e0153367_20593492.jpg


「ピンクッション おまえを食べるためだよ」
e0153367_2102047.jpg


鴻池さんの作品は、ときに生々しかったり、恐ろしく見えたり。
苦手に思われる方も、おられるかと思うのですが、、。
何かを作り出したいという心は、きっととても純粋で
出来上がった作品には神々しさが宿っているようで。
意志とパワーを感じる、すばらしい展覧会でした。

鴻池朋子さんのサイト→

★鴻池朋子個展「根源的暴力」
2015年10月24日~11月28日
神奈川県民ホールギャラリー→

元町の商店街に寄ってみました。
e0153367_21254116.jpg

日が暮れてきました。
e0153367_21255927.jpg

ご主人を待ってるわんこ。
e0153367_21264088.jpg


ここをなぜ撮ったかというと
e0153367_21365732.jpg

ヒル(薬局)、アサ(商会)、明日(Tomorrowland)が並んでたからです(笑)。

商店街は、にぎやかでした。
e0153367_21355997.jpg

ちょっと加工(笑)。
e0153367_21362944.jpg

クリスマスがやってきますね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-11-21 23:57 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31