銀座で、篠田桃紅展、永山裕子展、チームラボ展。

けんちゃんと銀座へ出かけました。
銀座ソニービルの壁面に車が?
e0153367_1115939.jpg

新型Audi TTのTVCMが
「宇宙から飛来したTTが、地球に着陸する」という演出で。
それを、日本各地で再現するプロジェクト
「Audi TT Landing, Japan」の第三弾なのだそうです。
銀座ソニービルに、2015年7月31日オープンした「NADiff du Champ」へ。
コーネルの最近出た作品集(洋書。ロイヤル・アカデミーでの展覧会の図録?)が
作品たっぷり載っていて気になったものの、今回は買わずに。

さて今日は、銀座でギャラリーを巡ります。
最初に「ギャラリー桜の木」へ。
こちらでは篠田桃紅さんの作品(版画を中心に)を拝見。
篠田桃紅さんは、1913年中国大連生まれ。
1956年に渡米、ニューヨークを拠点としシカゴやパリなどで個展。
1958年に帰国以降、壁画、襖絵、書籍の装丁や題字、リトグラフなど
制作活動は多岐に渡ります。
主に、和紙に墨と金箔、銀箔、金泥、銀泥などを用いて作品を制作。
大英博物館、Moma、グッゲンハイム美術館などが作品を所蔵しています。
現在103歳。意欲的に作品の制作を続けておられます。
著書に「百歳の力」や「桃紅百年」などがあり。

岐阜現代美術館が、世界でもっとも多くの
桃紅作品を収蔵しているそうです。
★岐阜現代美術館→
リンク先に作品やフォトギャラリー、岐阜現代美術館学芸員の方との対談もあります。

ギャラリーの方のお話では
桃紅さんの版画の刷りを担当されていた方が
亡くなられてしまったので、もう版画作品は制作されないのだそう。
桃紅さんの作品は、研ぎ澄まされていて、
余計なもののない画面で、凄味があるように思えます。
桃紅さんの人そのものが現れているようです。

以前、NHKで放送された番組
「墨に導かれ 墨に惑わされ ~美術家・篠田桃紅 102歳~」→

次回ギャラリー桜の木さんで開かれるのが
宮村秀明 展  Risk and Discovery」で。
二点だけ、今回展示されていた作品を拝見しましたら
とても複雑で美しい色で、びっくりしました。
1万4000回以上の釉薬研究によるものだそうで。
ぜひ、見に伺いたいと思います。
会期は2015年9月25日~10月11日。

それから、「セントラルミュージアム銀座」で
「永山裕子 水彩と素描展」を。本日最終日です。
e0153367_11213920.jpg

永山裕子さんは大変に人気のある水彩の画家さんで、
とても美しい作品を描かれています。
水彩画の世界のカリスマと呼ばれるほどの卓越した画力。
作品集、絵のテクニック本など著書も数多く。
永山裕子さんのサイトで、作品(花、静物、人物、風景)が紹介されています→

会場には多くの方が訪れていて、熱気がありました。
静物、植物、風景(台湾の九份で描かれた作品あり)、人物と様々な作品が
たくさん展示されています。
人物作品が展示されたエリアでは
人物の衣服にきらきらした飾りが貼り付けてあったり
腕時計が本物だったり。

会期中には、永山さんが実際に作品を描くところを
公開するデモンストレーションもあるそうで。
会場の真ん中あたりに、モチーフと作画途中(かな?)の
作品が置かれていました。
そんな水彩画の第一人者の永山さんが
こんな作品も描かれていて。
※この作品のみ、撮影がOKとなっています。
e0153367_1133482.jpg

周りの作品とは一味違っています(笑)
「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)のヘビーリスナーである
永山さんと安住さんとの交流から、生まれた作品(お便りを紹介された
リスナーに番組から贈られるポストカードの原画)です。
そのいきさつについては、ポッドキャスティングで→
他のポストカード原画はこちらで紹介されています→

この作品には、安住さんとアシスタントの中澤有美子さんと
番組にちなんだ洋梨、アスパラガスなどが描かれていて
ファンには、たまらないものとなっています。
かくいう、けんちゃんと私もニチテン(略して)と、安住さんの大ファンでして(笑)。
ニチテン(裕子先生のこともいろいろあって)のお話になると、
長くなるのでこのへんで(笑)。
e0153367_1150429.jpg

2016年のカレンダーを買いました。
特厚の水彩用紙が使われています。
製造数が少ないそうですよ。

銀座にもお稲荷さん。
e0153367_1243627.jpg

この魚は?
e0153367_12495167.jpg

王子サーモン銀座店でした。
e0153367_12505041.jpg


そういえば、今やってるんだよね、と
ポーラミュージアムアネックス」へ。
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」を
開催中です。
7万4千個のLEDの光が作り出す宇宙空間。
チームラボ独自の「インタクティブ4Dビジョン」で表現された作品。
e0153367_12525430.jpg

e0153367_1253658.jpg

動画でないと実際のきれいさとか、次々変わる光に
気持ちが上がる感じとか、伝わらないなあ(笑)。
ぜひ、会場で体感してみていただきたいです。

★動画(作品とチームラボ代表の猪子さんへのインタビュー)→

★teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe
開催中~2015年9月27日(日)まで
ポーラミュージアム・アネックス→

ギャラリー椿さんにも、ちらりと。
けんちゃんが、小浦昇さんの逆三角形のシリーズを拝見するために寄ったのですが
今はこちらにないとのこと。

今日はいろいろな作品を拝見して
とても濃い時間をすごせました。
知恵熱でそうなくらいでした(笑)。


人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by at 2015-09-29 23:51 x
チームラボの作品はCGを駆使したものが多く、そろそろ慣れてきたかな なんて思っていたら、良い意味で裏切られました。

ゆうこ先生の日曜天国放送500回記念カードの原画は、安住紳一郎しか分からないおば様方に、僭越ながらわたくしめが絵の意味を説明申しあげました(笑)

篠田桃紅さんは、最近テレビでドキュメンタリーを拝見するまで存じ上げなかったのですが、テレビを見て絵の実物を見たいとずっと思っていて、今回銀座にでかける時に検索かけたら、ちょうど個展をやっているギャラリーを見つけて、見る事が出来ました。

桃紅さんは書家から始めて、字というカタチにとらわれないものを描きたいと、抽象に進まれた方です。

そのせいか、抽象画として描かれた作品の中の、筆を使って墨で描かれた線が独特の空気、いわば桃紅ワールドのような世界を創り出していて、大作でも小品でも、ひと目でこれは篠田桃紅の描いたもの と分かる。

それでいて決してワンパターンではなく、それぞれの作品がそれぞれの世界を持っていることが、本当にすごいと思いました。
Commented by Rin at 2015-09-30 18:08 x
篠田桃江さんの作品展していたんですね。
反応おそくてごめんなさい。
リンク貼ってあるインタビューなどゆっくり見てみます。

流石東京ですね。いろんな展覧会をしてますね。うらやましいわ。
足も治ってきてるのですが、、、
日帰り東京ではなかなか寄れる美術館はないので(涙)

こちらのブログは楽しみに拝見しております(笑)
Commented by tote-note at 2015-10-02 00:14
け様(と、呼ぶのはなんか奇妙かも。笑)。
タイミングよく桃紅さんの作品を見られて、良かったですね。
ゆうこ先生の作品、水彩絵具での表現の奥深さを
見せて頂いた気がします。
チームラボの宇宙には驚きました。
Commented by tote-note at 2015-10-02 00:22
Rin様。いつもご覧頂きありがとうございます。
私もRinさんのblogを楽しく拝見しております♪♪♪
足が治ってきたとのことで良かったです。
けれど、ご無理はなさらないでくださいね。
桃紅さんの作品はお好きですか?
桃紅さんのドキュメンタリー、ETV特集・選「墨に導かれ 墨に惑わされ~美術家・篠田桃紅 102歳~」が再々放送されるそうですよ。10月17日EテレPm11~と10月24日Eテレam0~。
Commented by Rin at 2015-10-02 07:28 x
ありがとうございます。再放送あるんですね。
桃紅さんの作品を20代の頃に初めて本で見て衝撃を受けて、その後、子育てがひと段落してからですが、私が書道を始めたきっかけになった方です。
佇まいが素敵な方ですよね。書も凜としていて、、、。
本も最近出されてそれもまだ読めてないですけど、、(汗)102歳になられても筆を持ってらっしゃるんですよね。小倉遊亀さんも好きな画家さんで100歳超えても作品を描かれてました。

芸術家は年を重ねても作品を作り続ける意欲と情熱がずっと心に灯り続けているんでしょうね。
最近、体力がなくなったとぼやいておりましたが、桃紅さんのご活躍を知ると、こんな事を言うてたらあかんなぁと反省しております。
Commented by tote-note at 2015-10-04 19:20
Rinさん、書道もなさるんですね。多才だなあ。
小倉遊亀さんは私も大好きです。
桃紅さんのお召しのお着物、シックで
かっこいいなあと思います。
意欲と情熱、作り続けること。
年齢は関係ないですよね。
Commented by at 2015-10-06 22:52 x
いま、ギャラリーでいただいたご著書、「桃紅百年」という本を読んでいますが、字の話、線の話、墨の話と、たいへん面白いです。

お年を召されて、むしろやりたい事にますます真っ直ぐ向き合うようになられているような。
Commented by tote-note at 2015-10-08 21:09
2015/4/8 に発刊された著書「一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い」も、ベストセラーになっていますね。実家の母に、プレゼントしようかな。

by tote-note | 2015-09-12 23:00 | art | Comments(8)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30