ヴォルフガング・ティルマンス展へ

大阪にある、国立国際美術館で開催中の
ヴォルフガング・ティルマンス「Your Body is Yours」
行って参りました。
e0153367_14325916.jpg

国立国際美術館の設計はシーザー・ペリ。
主要部分は全て地下にあります。
e0153367_14331580.jpg

ティルマンスは、ベルリンとロンドンを拠点に活動している写真家で
90年代に雑誌『i-D』や『Interview』で活躍
2000年にはターナー賞を受賞しています。

本展は、2004年に東京オペラシティアートギャラリーで
開催されて以来、11年ぶりとなる個展です。
ティルマンス自身がデザインした展示空間で
日本初公開となる作品を含めて、近作・新作を中心に約160点を展示。
フレームに納めることなく
壁面にぺたぺたと貼り付けられ
大きいもの、小さいもの、リズム感よくレイアウトされています。
今ではよく見られる展示のしかたですが
ティルマンスが始めたものらしいです。

街中の若者やティルマンスの友人たちのポートレート。
なんでもない車をクローズアップした写真。
世界を旅して撮影した都市の風景。
印画紙によるオブジェのような作品。

セクシュアリティやジェンダーや
政治、世界情勢をテーマとした作品が
多くあります。
そういった作品をずっと見ていると
どうしても、気持ちが重くなります。
追い詰められるような。
知らないふりはできない、のですが。
私が好きなティルマンス作品
(静かな風景、静物。きれいな色。私小説的な。
痛みがあっても、見ることに耐えられるような。)は
ずっと昔のものになってしまったような。
そんな中、くるっとした目の
オニオオハシ(大好きです)の大きな作品を見て
ほっとしました。

会場には、これまでに出版されたティルマンスの写真集が
展示されていて、閲覧することができました。
e0153367_1437254.jpg

チケットはネオンイエローでした。
図録は変わった製本のされた方でしたが
買わずじまいに。

ヴォルフガング・ティルマンス
独占フォトストーリー&インタヴュー「撮ること、問うこと、耐えること」
(WIRED.jp)→


美術館のすぐ近くには
e0153367_14381828.jpg

いつできるんでしょうか?

マンホールに目が行きまして。
e0153367_14375332.jpg

雨が止んで、青空が見えていました。
台風は大阪を避けて行ったみたいな?

★ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours
開催中~2015年9月23日まで
国立国際美術館→


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-09-09 23:53 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31