天野喜孝展~想像を超えた世界・その1

兵庫県立美術館で開催中の「天野喜孝展~想像を超えた世界」に
けんちゃんと出かけました。
今回、チケットの絵が三種類ありまして
ちょっと迷って、私はこれにしました。
e0153367_15133024.jpg

天野喜孝さんは、タツノコプロに15歳で入社、
アニメ「ガッチャマン」や「タイムボカン」等のキャラクターデザインを手がけられ、
独立後はゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインや
書籍の装幀画や舞台の美術、衣装のデザイン等、幅広く活動されています。
また、ファインアートの作家としても
パリやニューヨーク等で個展を開かれています。
展示作品などについてはこちらで→
「ヤッターマン」のドロンジョなど、アニメで観るのとはまた違った
スタイリッシュなイラストが展示されていました。
装丁画は幻想的で、豪奢。
色使いも線も美しく。
人物も風景もメカも、全てにおいて
ものすごい画力で、驚きました。
人物はみんな、独特でとても印象的な目をしています。

この展覧会では、最新作が並ぶ「DEVA LOKA」というゾーンでのみ
撮影が許可されていました。
e0153367_14592674.jpg

こちらは、「Candy Girls」と題されたシリーズ作品。
『108体のアンドロイド達』という設定です。
e0153367_14593943.jpg

e0153367_1504476.jpg

e0153367_1505882.jpg

e0153367_1511138.jpg

e0153367_1512385.jpg

e0153367_1513646.jpg

アルミパネルに、アクリル絵具と自動車用塗料を用いて描かれています。
カラフルでとても鮮やかです。
それぞれに個性的で、キュートなアンドロイド。

こちらも「Candy Girls」シリーズの作品です。
e0153367_1531744.jpg

部分拡大
e0153367_1535049.jpg

e0153367_154152.jpg

ポップでかわいくて、ちょっと不気味でエロティック。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-08-14 23:10 | おでかけ | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30