母の一泊旅行~一日め

約一年ぶりに、母がこちらへやって来ました。
梅雨に入ったばかりで、お天気が気がかりでしたが
どうやら、今日は一時的に小雨が降る程度らしく。
東京駅に迎えに行って
ランチをダクシンという、南インド料理店で。
e0153367_1681430.jpg

母はベジタリアン用のひよこ豆カレーを。
e0153367_1685629.jpg

私のはランチメニューから中辛のを。
もっと辛いのでも
私は大丈夫だったかも(笑)?
おっきいナンですが
お代わりできるようです。
e0153367_1691697.jpg

ベジメニューで喜んでいた母ですが
このカレーは、母には結構辛かったみたいで(笑)。

新宿へ移動、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館へ。
長い名前ですね(笑)。
このビルの42階にあります。
e0153367_16135190.jpg

くもってますが、遠くまで見えますね。
e0153367_16151044.jpg

左に小さく、ぼんやりとスカイツリーが。
e0153367_16153847.jpg

「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語」を拝見します。
e0153367_16155719.jpg

以前、ある展覧会でユトリロの作品を数点見て
ファンになった母は、この展覧会を楽しみにしていました。

今回はモーリス・ユトリロと、その母であるスュザンヌ・ヴァラドンの作品の展示です。
私も母もヴァラドンの作品は初めてで
力強さに驚き、迫力があって
画力があるなあと思いました。
人物としてもパワフルと言いますか。
10代からサーカスのブランコ乗りとなり、その後絵画モデルに。
18歳でモーリスを産み、ロートレックと同棲し
ドガのもとで版画、油彩を学び、エリック・サティと交際し、、、。

私が一番心惹かれたのは
「コルト通り12番地、モンマルトル」という作品でした→
母もヴァラドンの作品に、感銘を受けたようで
ミュージアムショップで作品のはがき入りフレームを
買っていました。
母は、常設展示されていたグランマ・モーゼスの作品が気に入って。
本格的に絵を始めたのが75歳、80歳で初個展、101歳まで
現役で活躍されていた、と知って「勇気でるわ~」と(笑)。
e0153367_1731656.jpg


新宿駅から若松河田駅へ。
駅からすぐの備後屋に到着。
e0153367_17282032.jpg

母は最近、郷土玩具を描くのが好きなので
ここに来ました。
招き猫にするか迷った末に、「夏らしいかも?」と、水色の鳩笛を購入。

新宿で一休みのあと、
この旅行のメインイベントである観劇に出かけます。
場所は日比谷のシアタークリエ。
おもろい女」というお芝居です。
e0153367_1740031.jpg

実在する漫才師ミス・ワカナとその相方玉松一郎。
一郎さんとの出会い、結婚、別れ。
興行主や仲間、弟子など二人を囲む人たち。
若くして亡くなるまで、パワフルに駆け抜けた
ワカナさんの半生を描きます。
ワカナさん役を藤山直美さん、一郎さん役を渡辺いっけいさん。
脇を固めるのは田山涼成さん、山本陽子さんなど。

喜劇だと思ってみていると
それだけではありませんでした。
面白く、せつなく、悲しく。
山本陽子さんの演じる興行主が
気風が良くてかっこよかったなあ。

1965年にテレビドラマとして誕生した「おもろい女」。
森光子さんと藤山寛美さんが「ワカナ・一郎」を演じました。
その劇中に、当時6歳だった藤山直美さんが出演されていたそうです。
1978年には、森光子さんと芦屋雁之助さんのコンビで舞台化、
460回以上、上演を重ねました。
森さんと寛美さんの「おもろい女」、
観てみたかったです。

母は直美さんのお芝居を見るのが初めてで。
「次には何を演じられるのかな?楽しみだわ~」と
気の早いことに(笑)。
今日はちゃんとした夕食をとらず
お芝居の前にカフェでパン食べて、
幕間に助六つまんで。
そういうのも、たまにはいいねと。
母は、レストランよりもカフェに入るのが好きらしく(笑)。
今日は盛りだくさんで、母は楽しかったみたいですが
よく歩いたので疲れたと。
駅の階段、乗り換え、結構な移動距離でした。
ゆっくり眠って、明日も楽しい一日を。


人気ブログランキングへ
[PR]
by tote-note | 2015-06-09 23:59 | おでかけ | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30