松濤美術館へ

「古道具、その行き先 -坂田和實の40年-」を見に
松濤美術館へけんちゃんと出かけました。
e0153367_1432851.jpg

足元や壁に、小さいもの、大きなもの。
つい最近使われていた日用品から埴輪まで。
いわゆる立派な古美術ではなく。
日常を感じさせるようなもの。
存在感があって、とても静かな。

坂田和實さんのお店「古道具 坂田」や
「museum as it is」についてはこちらをどうぞ→

150点近くの展示がありまして
それぞれには番号がふってあるのみ(品名と時代の一覧は
紙にプリントされてたので、それと照らし合せつつ拝見)。
それゆえに、
これは何かな
いつの時代かな
どこの国からやってきたのかな、と
それぞれについて
考えながら見ていくのが
とても面白かったです。

けんちゃんのお気に入りは
ポスターに使われていたこの狛犬(室町時代?)。
e0153367_14351195.jpg

坂田さんの揺るぎないセンス。
選びとる目。出会う力。
とても好きなもの、心惹かれるもの
自分の手元にあるといいなと思うもの
そういったものに囲まれて
心地よい展覧会でした。
この展覧会は11月25日までです。

美術館を出てMaison de Manyへ行ったり
e0153367_14261620.jpg

Found Mujiに寄ったり。
e0153367_14263624.jpg

そのあと、Hondaウエルカムプラザ青山のカブミーティングへ
行ったのですが、それはまた明日。
[PR]
by tote-note | 2012-11-11 23:01 | おでかけ | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31