「メトロポリタン美術館展」と「全国都市緑化フェアTOKYO」その1

東京都美術館、前に来たのはいつだったっけ?
上野自体が久々です。
もうすぐ降るよという曇り空。
上野公園では「全国都市緑化フェアTOKYO」を開催中でした。
e0153367_16161154.jpg

シャボン玉が出てきました。
e0153367_1617820.jpg

いまいちな写りで申し訳ないです(笑)。
見えますか?
e0153367_16174543.jpg

このイベントは2012年9月29日~10月28日の30日間
都内6箇所で開かれているそうで。
あちこちに植物が。
e0153367_1614918.jpg

シンボルモニュメント「立つ人」
e0153367_16155965.jpg

東北復興への祈りを具象化した
モニュメントだそうです。
願いごとが書かれた「花短冊回廊」
e0153367_1620195.jpg

e0153367_16203355.jpg

と、先に美術館に入らなくちゃ(笑)。
e0153367_16211830.jpg

東京都美術館は、今年リニューアルオープン。
今回の「メトロポリタン美術館展」は
巡回はしないので、ここでしか見られません。
テーマは「西洋の美術において、風景(大地、海、空)や動植物が、
どのように捉えられてきたか」。
紀元前2千年の古代メソポタミア文明の石彫から、現代の写真作品まで。
手工芸品、銀器、テキスタイル、西洋美術
あらゆるジャンルの作品が展示されています。
ゴッホの「糸杉」が日本初公開。
平日でも人が多いなあと思ったら
シルバーデーで、65歳以上は無料なんでした(笑)。

今回、特に気に入ったのは
・フランソワ・ポンポン「シロクマ」
・花のアップリケのキルト
・せり科の植物の飾り棚
・ルドン「中国の花瓶に活けられたブーケ」
・メソポタミアのカエルの分銅
・エジプトのホルスの象嵌
・魚の大皿(ラスター彩陶器)
それに何作かあった、手の込んだタペストリー。
植物の表現とか、見入ってしまいました。
以上、「オンラインギャラリー」で見られます。
ホッパーの「トゥーライツの灯台」は
気持ちのいい青空なのに
寂寥感あって、これも絵の前で長居しました。
[PR]
by tote-note | 2012-10-17 23:09 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31