クライドルフの世界展

昨日より気温がだいぶん下がったので
Bunkamuraミュージアムへ
クライドルフの世界展」を観に出かけました。
スイスの絵本画家、エルンスト・クライドルフ(1863-1956)の
作品を約220点展示。
日本では初めての、大規模なクライドルフ回顧展です。
e0153367_11103369.jpg

入口に、顔をはめて撮影するパネルがありました。
お子様用らしいです。
e0153367_11115664.jpg


擬人化された花や虫などを主人公にした
美しく、イマジネーション豊かで不思議な世界。
虫や花へのまなざしに愛があり
よくよく観察して
描かれているのがわかります。
とても丁寧で繊細。
花々は、見た目の特徴だけでなく
その特性(毒であるとか薬になるとか)も含めて
描かれていています。
一点、一点すみずみまで眺めていたい。
ですが、そうもいかず。
図録を買って帰りましょう。
e0153367_1111420.jpg

表紙は透明のカバーがかかっていて
そこにも花や蝶などがプリントされています。
e0153367_11112067.jpg

別冊絵本「花のメルヘン」つき。
図版もたっぷりで、2500円とはお買い得に思います。
クライドルフは本のデザインも手掛け、
リトグラフの職人でもありました。
クライドルフが自分で図録を作ったなら
どんなものになったでしょうか?

現在、書店で手に入るクライドルフの絵本は
くさはらのこびと」福音館書店刊
バッタさんのきせつ」ほるぷ出版刊などです。

この展覧会の会期は7月29日まで。
郡山市立美術館、富山県立近代美術館、
そごう美術館に巡回するそうです。
[PR]
by tote-note | 2012-07-20 23:06 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31