「片岡球子 生命あふれる」香雪美術館

けんちゃんが、一度作品をじかに見てみたいと言っていた
片岡球子さんの展覧会があると聞いて
御影の香雪美術館へ出かけました。
e0153367_1052697.jpg

「面構(つらがまえ)」や「富士山」などのシリーズからの数点を含めて
本画 大作 25点と小品 10点を紹介。
大胆でカラフル。強烈なエネルギーを発しているその作品を
拝見していて楽しくなったり、力をわけてもらえたり。
90歳を過ぎてからの作品も多く、
気持がしゃんとするようでした。

球子さんは、『あどけなけない私の描く富士が、人々に勇気を与えたり、
病気が治るような気持ちになったり、何か良いことにあいそうな
豊かな心に恵まれたり、花の咲く富士山に遊びに行きたくなったり、
雪降りしきる富士の我慢を知ったり、富士の絵で清められたり、
できたらなあ、などと乙女の祈りのような心で沢山描いています』と
おっしゃっていたそうです。

香雪美術館のすぐそばには
弓弦羽(ゆづるは)神社さんがあります。
創建は嘉祥2年(849年)、由緒ある神社さんです。
e0153367_1052282.jpg

熊野の神さまが祀られているそうで。
絵馬が八咫烏ですね。
e0153367_1053352.jpg

e0153367_1052476.jpg


そのあと、元町に移動。
ケーニヒスクローネにて、まず一休み(笑)。
e0153367_10553069.jpg

底にはプリンが入ってました。
バッグ(ワンショルダーで小さめの)を探しているけんちゃんと
モトコーや商店街やあちこち見てまわりました。
そうそう、画像が小さいのは携帯の
設定をミスってたからです(笑)。
やれやれ。
[PR]
by tote-note | 2012-05-01 23:26 | おでかけ | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31