東京国立博物館・その1~平成館「法然と親鸞展」と本館

東京国立博物館で開催中の「法然と親鸞展」(平成館 特別展示室)へ。
e0153367_14145057.jpg

頂きものの招待券にて10時半くらいに入館。
今年は法然さん800回忌、親鸞さん750回忌が重なる浄土教の節目の年。
鎌倉仏教の二大宗祖、法然と親鸞の全体像を一緒に紹介する史上初の展覧会。
展示作品は約190件(国宝・重要文化財94件を含む)。
第一会場は混雑してるので
第二から入るよう指示がありました。
たしかに結構な込み具合です。
絵巻物(伝記絵)、書物が多いので、なかなか進まないようです。
第二会場を拝見してから、第一会場に入るとさらなる混雑。

法然さん親鸞さんの像の他に、お弟子さんたちの像も数多く。
親鸞さんは、聖徳太子に対して尊崇の念を持っていたそうで
立像や絵伝がいくつか展示されてました。
六字名号(南無阿弥陀仏)と
十字名号(帰命尽十方無碍光如来)も。

印象深かったのはふたつの国宝、ご来迎の図。
国宝「山越阿弥陀図」(京都・禅林寺)
山々の向こうから阿弥陀如来が上半身をあらわしておられます。
その手前には蓮華に立ち雲に乗っておられる観音菩薩と勢至菩薩が。
両菩薩さんの前方には四天王。
禅林寺は通称永観堂、観かえり阿弥陀さんがおられるとこですね。

国宝「阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)」(京都・知恩院
こちらは急降下でやってこられるような、スピード感があります。
多くの化仏と化宮殿が描かれることから、
最上ランクにあたる「上品上生の来迎」を表しているのだそう。

その後、平成館の他の展示を拝見
「古墳時代の神マツリ」
子持勾玉の形は奇妙だなあ。

「形象埴輪の展開」
犬の埴輪など、顔がおもしろい。
本館へ移動します。
e0153367_14183581.jpg

e0153367_1419630.jpg

e0153367_14191914.jpg

まず二階から。
「根付 高円宮コレクション」
1994年~2001年作の現代ものを展示。

「暮らしの調度品」
染付秋海棠に兎図皿(伊万里) 江戸時代
e0153367_14193772.jpg

「火事装束 猩々緋羅紗地波鯉模様(抱き茗荷紋付)」江戸時代
e0153367_14195138.jpg

揃えが展示されてました。女性用なのだそう。
これは頭巾ですね。

「能と歌舞伎 歌舞伎衣装」
e0153367_142044.jpg

鏡蓋 金地松に鷹波模様
e0153367_14345953.jpg

鏡蓋 蝶桜鱗形模様
e0153367_14351382.jpg

押絵の技法で作られてます。
「歌舞伎役者が鏡のほこりよけに使ったもの」とのこと。

「浮世絵と衣装―江戸 浮世絵」
歌川広重の「忠臣蔵」(有田屋版)12枚揃を中心に
「仮名手本忠臣蔵」に題材とした浮世絵を。

「浮世絵と衣装ー江戸 衣装」では
押絵の屏風があり、外国人のお客さんが熱心に撮影なさってました。
e0153367_14422415.jpg


館内まわって、いろいろと拝見しました。
ところで、東京国博での写真撮影についてですが、
東京国博のサイトに「展示室で写真撮影はできますか?」という
質問への答えがありました。
「特別展会場については、写真撮影は禁止です。」
「総合文化展については、個人利用にかぎって写真撮影ができます。
ただし、撮影禁止マークのついている作品は、所蔵者の意向により
撮影をお断りしています。」とのこと。
撮影OKなところでも、一脚、三脚などの使用とフラッシュの使用は禁止。
撮影した画像を営利目的で複製・配布することも禁止。
撮影のため、長時間その場にとどまる等々、
迷惑行為もダメです。
[PR]
by tote-note | 2011-11-30 23:06 | art | Comments(0)

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31