礒江毅展

練馬区立美術館にて
磯江毅=グスタボ・イソエ展を拝見しました。
e0153367_18134688.jpg

大阪に生まれて高校卒業後、単身スペインに渡り、写実絵画を追求。
マドリード・リアリズムの画家「グスタボ・イソエ」として
広く知られるようになったそうです。
大阪時代のデッサン、スペイン時代の初期作品~
1990年代、2000年代の作品約80点を展示。

私は、超写実の作品は見ていて息がつまるようで
なにか圧迫感を感じてしまい、作品の前に居るのが
しんどいと思うほどなのですが
礒江さんの作品はそのようなことがなく。
ただただリアルにというだけではなく、独創的で
対象に深く入り込み、時間や空気をも
描いているように思えました。

この展覧会の会期は10月2日までです。
[PR]
by tote-note | 2011-08-26 23:52 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31