銀座へ

曇り空のお昼過ぎ、出かけました。
民芸のたくみに行ったり(砥部焼のそばちょこに素敵なのがありました)
熊本館に寄ってみたり。
山鹿灯篭祭りの像が入口に。
e0153367_1030108.jpg


雨が降り出したので風月堂で雨宿り。
冷たい緑茶と和菓子を頂きました。
けんちゃんは栗饅頭
e0153367_10221145.jpg

私のは黄身餡の生菓子
e0153367_10222485.jpg

けんちゃんが、お店の方とちょっとお話
(お話した方の母上もこのお店に勤められてとか?)。
初代は大阪から江戸に下ってお店を開いたそうで。
東京(銀座)風月堂の創業は風月堂の風の字は
本当は「几」中が「百」になっており。
e0153367_10224497.jpg

なぜその字になったのかは不明なんだそう。

けんちゃんは伊東屋でペンケースなどチェック、
私はパピエリウムへ。
plazaで品切れだったシールメーカーを見つける。
紫なのは不本意だけどこれしかなかった(笑)。

ショーウインドウに、ピンクのぽってりしたうさぎ
e0153367_1023023.jpg

ピーポ君、光当たり過ぎ。
e0153367_10231262.jpg

けんちゃんお目当てのINAXギャラリー「凝縮の美学展」へ。
「フルスクラッチビルド」と呼ばれる
製作方法(キットを使わず全てを自作する)で作られた模型の展示。
e0153367_10253860.jpg

オリジナルの車やバイクを写真撮影する、
設計図をひく、必要なら製作のための道具自体を作る、
パーツ(ネジなど細かい部品もひとつひとつ作る)を製作する、
そして組み立てる。
e0153367_10255732.jpg

e0153367_10261059.jpg

中には2年以上、完成までかかったものもあるそうです。
気が遠くなりますね。
バルサ材(エンジンまでも)で作られたフェラーリもありました。
尚、本展は入場無料、撮影OKでした。

見終わってからブックギャラリーに寄ると閉店時間のアナウンス
(6pmは早いなあ)。
PIE BOOKS の「日本の素朴絵
ポプラ社の「江戸時代の和菓子デザイン」に心惹かれ。
それと。
キャッチコピーに「家の中に電柱があるので丈夫だ」とかなんとか書かれてた
おばあさんが表紙の本。
気になったものの、書名も何も覚えておらず。
*あとで調べてみると
ミドリさんとカラクリ屋敷」という本だとわかりました。

帰宅してアイスクリーム(笑)。
最近のお気にいりは「あいすまんじゅう
抹茶やイチゴもあるそうで。まだ見たことないなあ。
[PR]
by tote-note | 2011-06-30 23:12 | おでかけ

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30