根津美術館

リニューアル後、初めて根津美術館へ。
4年ぶりの光琳の燕子花図屏風の公開が
昨日から始まっております。
たっぷり描かれた杜若。
鮮やかな群青と緑青。
ふわっとしつつ重みのある、花弁の質感が素敵。
この屏風を根津美術館の創始者さんは
ご自宅の広間に飾って、来訪者に披露してたのだとか。
他の琳派の展示も拝見。

展示室4では「古代中国の青銅器」。
神さまに奉じるお酒を入れたとされる大きな青銅器には
これでもかと全体に細かく模様が入っています。
動物のモチーフが取っ手などに入ってるとこが
ユーモラス。
展示室5では「花模様の器」が並べられていました。
その他に、清朝時計の展示などもあり
いろいろと楽しめました。
e0153367_21353544.jpg

e0153367_21323651.jpg

お庭が広くて、緑がいっぱいです。
e0153367_2133066.jpg

石像や大きな石灯籠、仏像などが
あちこちに据えつけてあって
お散歩に良いです。
e0153367_21331480.jpg

茶室が4つあり(一般客は入れませんが)。
紅葉の黄緑がとてもきれい。

燕子花図屏風は毎年、GWを含む4月下旬~ら5月中旬に
展示されるそうです。
次回の展覧会は「能面の心・装束の華 物語をうつす姿」
2010年6月5日~7月4日です。
こちらも観たいな。

美術館を出て青山を散策。
e0153367_2136175.jpg

岡本太郎記念館。今回は中に入らず。

青山にあると勘違いしていて、寄り道しようと思ってた
オ・タン・ジャディス
しかも、店名を度忘れしてて、そりゃ行けませんわな(笑)。
帰宅後、改めて連れてってもらいました。
けんちゃんお疲れさまでした。
e0153367_21334115.jpg

久々に来ました。
お店のレイアウトが変わっていて
全体的に商品が少なくなってるような?
ボタンなどのちまちましたものがあまりなくて
ちょっと残念でした。
[PR]
by tote-note | 2010-04-25 23:25 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30