上野~谷中 その2

e0153367_15193344.jpg

本館の、新春の特別展示「寅之巻」も見てまわりました。
応挙の虎の絵は猫みたい、
他の作家の、実物を写生している絵も猫(笑)。
中国の陶製の寅枕は頭をのっけられて
むぎゅっとなって、文句言いたげ(笑)。

「政治に不満があれば太鼓を鳴らすようお触れが出たが
何も不満がないので太鼓はならず、
鶏がいつもその上に乗って鳴いていた。」
という中国の故事にちなんだ絵を見ました。
その鶏のことを「諌鼓鳥(かんこどり)」というそうで。
「閑古鳥が鳴く」とはずいぶん意味が違います。
平穏、平和の象徴とされるため
お祭りの山車などで「太鼓に乗ってる鶏」を見ることも。

その後、久々に本館の他の展示を、ぐるっとゆっくりひとまわり。
仏像、浮世絵、うつわ、漆器、特集展示の古代のガラス。
甲冑のコーナーでは
波を表した兜にうさぎの耳がついてるのを見ました。
波にうさぎはつきもので。
根付も20数点展示されてました。
こまかい細工がされてますね。
人の顔はだいたい不気味なんですが、面白いです。

ミュージアムショップは
前に来たときとあまり変化がなく
つまんなかったな(笑)。
e0153367_15224723.jpg


谷中まで歩いてみました。
ときどきある地図(お店だったり公共のだったり)や
バスのルート図を頼りにてくてく。
SCAI THE BATHHOUSE を越えて
見覚えのあるケーキ屋さんとかみつけて
こっちで合ってると確認(笑)。
お寺がいっぱいのエリアに入り
無事に朝倉彫塑館(工事中)のある通りに出ました。
e0153367_15231032.jpg

方向音痴としては上出来(笑)。

ちょっと行くと階段があって
猫のグッズやさんがあって
向うに谷中銀座が見えて。
e0153367_15232890.jpg

あらま、ここが「夕焼けだんだん」でした。
でも猫は一匹もいない。
猫が集まる場所として有名なのに。
ごはんでも食べてるんでしょうか?
残念だな。

谷中銀座をてくてく。
抜けたら「よみせ通り」という
昔ながらの商売をされてるお店が点在するエリア。
やなか珈琲、マミーズ(アップルパイ)もありますね

その通りで飼い猫一匹発見。
茶トラでしたが、ととっとどこかへ行ってしまいました。
再び「夕焼けだんだん」を上ってみると
ここでも茶トラをみつけましたが、こちらはノラ。
いつも世話をしてくれてるらしき人に
べったりの様子でした。まるまるしてたな。

帰りはメトロに乗ることにして
またバス停のルート図を参考に
てくてく歩いて千駄木駅を目指します。
途中、おなじみのいせ辰
e0153367_15234788.jpg

菊見せんべい
e0153367_1523592.jpg

地図を持ってないのに、今日は迷わず。
『明日は雨なんじゃないか?』とけんちゃんが言われました(笑)。
[PR]
by tote-note | 2010-01-19 23:18 | おでかけ

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31