イタリア旅行★五日め/その4(ベネチア) 引き続き街を散策

e0153367_144198.jpg

ベネチアでは、お土産をいくつか買うと
一個づつ別べつに包むかと聞いてくれます。
他の都市だと、ビニール袋にそのままつっこまれますね(笑)。
ベネチアでは包装紙がまた、素敵なのです。

ジェラート、何味だったか不明(笑)。
e0153367_14333897.jpg

イタリア人は引き算が苦手で
おつりを出すときに、商品の代金におつりを足していって
お客さんが出した金額まで到達させる、という計算をします。
かえってややこしい気がします。
また、たとえば45ユーロ50セントのものを
50ユーロ紙幣+50セントコインで払って
おつりを5ユーロ紙幣でもらおうとすると混乱するようです。
けれど、ベネチアのお店の人は
そういう計算に慣れてるようでした。

素敵なノートやメモがいっぱいのお店。
e0153367_14343171.jpg


ショーウィンドウで見たマロングラッセが、店内にないので
うろうろしてたら、お店の人に『何がご入り用ですか?』と。
「マロングラッセ!」というと
『はいはい、わかりました。ウィンドウと店内をそんなふうに
きょろきょろしてないで早く聞けばいいのよ(笑)』と
いうふうなことを言われました(笑)。

お菓子がみっちり。
e0153367_1440313.jpg


ベネチアは道が本当にややこしくて、どこがどこだかわからない。
地図があっても、だめです(笑)。
私だけでは、ちょっとその辺を歩くとホテルに戻ることもできません。
まったく迷路です。

午後5時過ぎには日が暮れます。
e0153367_14413192.jpg


歩きまわって疲れたのか
本日二個めのジェラート(笑)。
今度はレモン。
e0153367_14354831.jpg


夜のリアルト橋
e0153367_14395237.jpg


もともと夕食は軽くすませるつもりだったので
(連日しっかりたくさん頂いてるので。笑)
通りがかりのお店で、サンドイッチを買って
ホテルに持ち帰ることにしました。
e0153367_14363315.jpg

帰りに道に迷ってしまい(けんちゃんですら!)、
子供連れの家族に道を聞いたものの
途中でまたわからなくなり
次に尋ねたおじいさんは「Follow me!」と言って
親切に案内してくれました。
夜道でひと気があまりなく、おじいさんが豹変したらどうしよう?と
内心心配したのですが(笑)。

本日もボンベェッキアーティに泊ります。
睡眠は2時間くらい寝ては起きるのくりかえし。
[PR]
by tote-note | 2009-11-23 23:25 | 旅行

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30