イタリア旅行★二日め/その2(ローマ) サン・ピエトロ大聖堂~コロッセオ

バチカンの象徴、サン・ピエトロ大聖堂に向かいます。
使徒ペテロのお墓の上に建てられています。
バチカン宮殿と大聖堂とは
ベルニーニの設計した大階段でつながっています。
e0153367_913728.jpg

e0153367_92832100.jpg

e0153367_9153094.jpg

大聖堂の総面積は約2万3千㎡(世界一の規模。6万人以上収容できるそうで)。
クーポラ(大円蓋)は高さ132.5m、直径42m。

大聖堂のバルダッキーノ(主祭壇を覆う天蓋)は
ベルニーニの作品です。高さは29m。
e0153367_9302052.jpg

e0153367_9275985.jpg

撮影はしてませんが、
ピエタにはガラスカバーがかかっていました。
破壊されかけたことがあるためだそうです。
e0153367_9334398.jpg

窓から差し込む光。
敬虔な気持ちになりますね。

サン・ピエトロ広場もベルニーニの設計で
ドーリア式の円柱284本で飾られた回廊が広場を囲んでいます。
その回廊の上には140体の聖人像が。
e0153367_915489.jpg


バチカン美術館への入館は
個人だと長時間待つことになるようです。
へたすると1kmの長さの大行列ができることも。
こういうとき、ツアーって楽だなあ。
ミュージアムショップを見る時間がなくて残念なり。
バチカン美術館

バスで移動してコロッセオへ。
右側の上半分が欠けてるのは
バチカン宮殿を建設する際に
資材として大理石を切り取ってしまったからだとか?
e0153367_9163785.jpg

e0153367_917376.jpg

地下にはライオンなどの猛獣を舞台に上げる
エレベーター(のようなもの)があったそうです。
観客席は身分により分けられていました。
e0153367_9171940.jpg


コロッセオのすぐそばにある
コンスタンチヌス帝の凱旋門。
315年に築かれたもので高さは28m。
パリの凱旋門はこれをモデルに作られたそうです。
e0153367_917348.jpg

315年からずっとあるんですね。

◇観光地でのガイドさんのこと◇
ガイドさんは資格を持つイタリア国籍の人でなくてはならず、
そのガイドさんが日本語が話せない場合、通訳さんがつきます。
なので、ガイドさんが実際に話すことなく
ただついて回るだけということもあり。
また添乗員さんは、観光地でのガイドの資格がないので
そういった場で、一切「ガイド」をしてはならないのだと(罰則があるとのこと)。
失業に対する国の政策だそうですが、なんだか妙です。
[PR]
by tote-note | 2009-11-20 23:47 | 旅行

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31