江戸園芸花尽くし

太田記念美術館にて。
浮世絵から江戸園芸文化を探る初めての試み。
e0153367_17211116.jpg

入口でスリッパに履き替えての入館です。
地階、一階、二階と思った以上に点数が多い。

花木の行商人から買うか、あるいは
寺社への参拝の折、市に並ぶ露店で買い、
庭や部屋を飾って楽しんでいたようです。

ジョウロで水をやる図や
鉢を選ぶ様子などあり。
当時人気のあった歌舞伎役者に
花木売りの格好をさせた絵もあり。

こども向けに描かれた
今で言う図鑑のような花の一覧図が数種類。
名前と花が一致するか、クイズにするのも楽しいですね。

国芳の「百種接分菊」は駒込の植木屋さんによる言わば見世物で、
1本の菊の苗につぎ木をし、100種の異なる菊の花を咲かせた様子が
描かれています。
花それぞれに名前の書かかれた短冊がつけられており。
一本に100も咲くものかなと思って
net で調べてみたら、
はままつフラワーパークで再現されてました。
びっくりです。

江戸の園芸といえば変化朝顔。
サボテンの絵も多くみられました。
バラの鉢植えもあったんですね。
お花見の名所、
大店の植木やさんの様子
着物の柄としての花。

描かれた植木鉢と似た現物の展示もありました。
江戸時代末期に作られたものだそうです。
藍以上に鮮やかな瑠璃釉の鉢がありました。
スタイリッシュでモダンなデザイン。
今は作られてないのだろうか?
レプリカでよいので欲しいなあ。

キャプションには、それぞれの作品に描かれた花の名前が
書かれてましたが、どれがどれかわからない人も多いのでは?

浮世絵を見るたびに、
なぜ美人はみな同じ瓜実顔なのか?と思います。
パーツが真中によってるし(笑)。
その美人の定義が、どこを境に変わったのか?
不思議です。
[PR]
by tote-note | 2009-11-10 23:19 | art

あちらへ、こちらへ、とてててと。


by tote-note
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30